酔眼漂流記


2004-05-18[火] 有栖川有栖 編集

[読書][有栖川有栖]英国庭園の謎

雨天決行

細かいことを気にするようだけど、「雨天決行」を聞き間違えるのは無理があるような気がするんですけど。アレですかね、関東人と関西人の違いだとか。

竜胆紅一の疑惑

読み終えてスティーブン・キングの『ミザリー』が思い浮かんだ。いや、ただ何となく。妙な怖さを感じるのは、実際にあり得そうなことだからか。かわいさ余って憎さ百倍。

三つの日付

いかにして日付を錯覚させるか。なんだけど、伏線があるとはいえそんなのありか、と文句も言いなくもあり。結局火村のミスってことだよね。

完璧な遺書

倒叙スタイルの一編。遺書を書くときに果たしてワープロを使うかどうか。それはともかく、火村先生の指摘する証拠は今ひとつキレがない。可能性の問題だものなぁ。状況証拠すぎますよ。やはり、ただひとりを特定するようなものでないと、拍手喝采とはいかないね。

ジャバウォッキー

一番面白かったのは、この短編集に収録する際に付け足したという冒頭の部分だったりして。いずれにせよ、言葉遊びとかクイズの類いのようで、あまり楽しめる一編ではないな。

英国庭園の謎

暗号もの。今回の火村先生は誰が犯人か最後の瞬間まで判らなかったということなのか。どうも、暗号を解いただけで、犯人を捕まえることが出来たのは運が良かっただけ? 著者は件の暗号は簡単に出来たと仰るが、ある程度意味のある文にするのはやはり大変なのでは?

英国庭園の謎 (講談社ノベルス)
有栖川 有栖
講談社
¥ 798


2005-05-18[水] 鳥飼否宇 編集

[読書][鳥飼否宇]痙攣的

こ、これは……。

読み進むにつれ確実に何かやらかしてくれそうな期待と相反して募る不安感。少しずつ昏迷し歪んでいく世界。そして待ち受けるクライマックス。最後には笑うしかない。

帯には「伝説的バンドのステージ上で起きた密室殺人!前衛舞踏家が遺したダイイング・メッセージ!客の前から消失したイリュージョニストへの罠!」と、とても魅力的な謳い文句が踊っている。しかし、謎解きを期待するとあっさりと裏切らる。ミステリ的な終着を、敢えて蹴っ飛ばして壊している。

予想外の結末。それを意外だと思うか、突拍子もないと見るか、トンデモだとするか。最初の3編は、まぁいいとして。4編目の「電子美学」は『人格転移の殺人』ばりの極上の謎の設定にもかかわらず、その結末には正直ずっこけた。それに続く最後の1編には、ある意味もう参りましたと言うほかない。鳥飼否宇はこんな話を書く人だったのか。

それでも個人的には微妙なところだけれど、全く受け付けないと言うところでもない。人によっては怒りだすのではないかと余計な心配もするけど。そのオチには思わずニヤニヤしてしまうといったところ。そういう意味では愉しめた一冊。が、面白いかと問われれば素直に頷けない一冊でもある。

思うにあくまで美しいのは「謎」であって、「解決」にあるのではないといったところなのか。真実なんてのは如何様なりとも創り出せるもの。「正解」と言う答えはない。名探偵の名推理なんてものは所詮は戯言なのだ、なんてことも思い至った一編。ともかく、いわゆる正当なミステリものを期待してはいけない。

痙攣的
鳥飼 否宇
光文社
¥ 1,890


2007-05-18[金] 編集

愛知の立てこもり事件

愛知県長久手町の住宅街で17日午後に拳銃を持った男が元妻を人質にろう城する事件発生。男の長男と二女、警察官の4人が拳銃で撃たれる。うち警察官ひとりが死亡。

何がひどいって、最初に現場に到着して撃たれた警察官は5時間も救助できなかった。その様子がカメラで映し出される。

無責任に言っちゃえば、何とか出来なかったのか。幸いなことに命に別状はなかったようだけど。しかし、その救出の際に犯人が発砲してひとりの警察官の命を奪うことに。

で、29時間後に犯人は説得に応じて無事に投降、逮捕。

うーむ、命の価値、守るべきもの。オレだったらどっちを取るかといえば……。どうしろなんて言えるわけもないんだけど、すっきりしないのは確か。

つい先日も、東京の町田で拳銃で武装した立てこもり事件があったばかり。いろいろ大変だろうけど、警察には頑張ってもらわないと。


2009-05-18[月] 編集

新型インフルエンザが関西で感染拡大

関西の高校生を中心に新型インフルエンザの感染が拡大。162人の感染者。大阪、兵庫などでは全面的に学校が休校になっているらしい。そちらに向かう修学旅行も延期もしくは中止となる始末。企業なども関西への出張は控えるそうだ。

ニュースだけ見ると大事である。楽観視するものどうかと思うが、大騒ぎだけするものねぇ。新型インフルエンザは、新しいため人はそれに対する免疫が出来ていない。だから、次々と感染していってしまうわけだ。そこのところが怖いだけで、インフルエンザ自体は、状況にもよるんだろうけど、そんなに恐れることはないんでは。もちろん軽く見ていいと言うわけでない。たかが風邪でも、その苦しみは十分恐れるに足りるってことはわかっている。

こういう大流行の兆しがある時には、予防を講じるってのは大切だけれど、拡散させないってことも重要だろう。「風邪ぐらいで休んでられない」なんて言う意識は捨てるべきだ。ついつい無理しちゃうけどね。マスクも、自分はどうも鬱陶しいし付けているのが気恥ずかしくて着けなかったりするんだけど、これも駄目だ。自分のためでなく、他人のために必要なこと。

疑わしい症状が出ても、すぐに病院に行かないと言うこともポイント。まずは新型インフルエンザ相談窓口に相談する。これはちょっと見逃しやすい点かも。

いざと言う時のために、食料を備蓄しておくのも必要なことである。外出出来なくなっちゃうかもしれないからね。

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

余談であるが。上記の厚生労働省のサイトには動画での案内もある。その動画にYoutubeを使っているなんて。ほぉ。

[tDiary]旧サイトの引っ越し

先日からWordpressでやってた頃のデータをここtDiaryへ移していたが、完了した。手作業で一つ一つ移していたから時間が掛った。探さなかったけど、移行ツールなんてものはあるんだろうか。

これだけで今日まで5年半ほどの量である。2003年の12月と言うのは、Movable Typeを使い始めた時だ。実際のサイト歴はその前もある{{fn ('ネタバレと言うわけじゃないが、最初の頃はずいぶんと本の感想文が多いが、アレはそれ以前のデータがだいぶ混ざっているのである。水増し、インチキですな。凄い勢いで本を読んでいたわけではない。','註')}}。なんだかんだと言って10年近くにはなるのか。よくまぁ、続いたものである。

頂いたコメントやトラックバックまではもってこられなかったのが悩みのタネ。改めて見てみるとこれが結構ある。昔は結構にぎやかだったんだなぁ。どうしたもんか。

すべてそのまま残しておこうかとも思ったが、Wordpressはサーバから綺麗さっぱり消去。


2012-05-18[金] 編集

金環日蝕狂乱

21日は金環日蝕の日。直前と言うこともあって、テレビのワイドショーなんかにもそれなりに取り上げられてるようで。で、大挙して皆さん日蝕を見るための眼鏡を求めていらっしゃる。こういっちゃ何だが、本当に興味があるとは思えないんだよなぁ。これって踊らされてるというか、集団心理というか。そもそも、この時期はもうそんなに在庫がないわけで。「え、ないの!」なんて逆ギレされてもなぁ。なんか疲れる一日であった。

それとは全く別件で。世の中には、意思の疎通が正常にできないような人がいる。頭から、自分だけが絶対に正しいと思い込んでいる人とどう接すればいいのか。まぁ、そう思うことはいいとしても、人と人との関係では相手を尊重する部分手も必要なわけでさ。一歩引く態度も必要なのである。人のふり見て我がふり直せ、と言うことで。オレも気をつけるべし。


2016-05-18[水] 編集

面倒くさい調査の日

思ったよりは楽だけど、出来ればやりたくない。残念ながら明日もやるって。