酔眼漂流記


2007-05-21[月] 編集

飲み会

店関係の飲み会。6時から12時までと結構飲んでたなぁ。男と女の意識の違いについての熱い討論(笑)。考え方の部分で人それぞれだけど、本能の部分で男と女はやはり違うのか、ってのが結論?


2009-05-21[木] 編集

[tDiary]Trackbackの復活とPingbackの見送り

しばらく停止していたTrackbackを復活させた。やめた理由はなんだっけ。ほとんど使わないからか。Spamのせいだったか。tDiaryには「本日のリンク元」がある。これがあるからTrackbackは必要ないな、と思ったのは確か。まぁ、復活も確固たる理由註1があってのことではないので、またやめる可能性は大。

ついでにPingbackも試して見た。

pingback とは、blog に他のサイトからリンクが張られたことを自動的に通知するためのシステムです。リンクを張る本人は何も意識する必要がありません。リンクを自動的に検知するための手順にしたがって操作すればよく、特別な作業は不要です

[Pingback 1.0より引用]

Trackbackと同じなのだが、記事の中に相手側のリンクを張るだけで良いという点。後は自動でやってくれる。若干手間が省けるか。

テストしてみたが一向に作動しない。どこに原因があるのかさっぱりわからない。不採用にした。これも「本日のリンク元」とTrackbackで事足りるしね。そもそもあまり普及していない註2ようだし。

註1 一応こちらから送ることもあるかもしれない、ってのはある

註2 Wordpressぐらい?


2011-05-21[土] 花神総集編最終回 編集

[司馬遼太郎] 維新回天

河井継之助登場。司馬遼太郎との出会いともなった思い入れの深い人物である。で、演じる高橋英樹がかっこいいんだ。ガトリング砲を嬉しそうに撃ちまくる姿がいい。

おそらく幕末の人物に出会った最初が大河ドラマの「花神」だったんだと思う。なので演じている役者さんイコールその人物のイメージに定着している。なにより適材適所だ。

「花神」のキャスティングで、ひとつだけよく分からないのが、西郷隆盛を演じた人。知る人ぞ知る人なのかもしれないけど、地味だよね。まあ、西郷さん自体にオーラがありすぎて、そのバランスなのかなぁ。

大河ドラマの「花神」はやっぱり面白い。改めて見ると、結構原作を脚色してるんだろうけど、元の味を損なっていない。原作そのままというわけじゃないんだけど、原作に忠実ではあるんだよなぁ何よりも大人の世界だよな。


2012-05-21[月] 太陽の指輪 編集

[バイク] 金環日食を見に行く

ちょうど仕事も休みなので、金環日食を見に九十九里浜までバイクでひとっ走りして来た。この辺で見ることができるのは173年ぶりで、次の機会は300年後註1というんだから、このチャンスを逃すわけにはいくまい。自宅付近で観測するのもいいけど、このところちゃんとしたバイクの出撃がなかったので、プチツーリングをかねて九十九里浜まで。場所は、以前に初日の出を見に行った野手浜へ。犬吠埼も考えたが、もっと早起きしなきゃならないのでやめにした。

出発は4時半。ひたすら296号線を走る。何を着るか迷ったが、メッシュジャケット+インナーという装備で。しかし、これでも早朝の時間は少々冷える。丈が短いから、おなかの辺りが冷えるのが参った。まぁ、帰りになると、これだとちょっと暑いって感じで、この時期はなかなかウェアのチョイスが難しい。

走っている間は、時折雲の切れ間が見ることができるものの、一面の曇り空。天気予報では、日食の時間帯は晴れマークだったので、それを信じて走る。浜に着いたのは6時半。しかし、空はどんよりとした曇り空のまま。どうも晴れる気配がない。

初日の出の時は、大勢の人がいたが、今回人はまばら。釣り人とサーファーのほか日食見学とおぼしき人は数人。まぁ、平日だからねぇ。

待っているうちに、少しずつ空が明るくなり始める。

ようやく太陽が少し顔をのぞかせる。持って来た日食メガネをかざしてみたんだが、光が弱すぎるようで何も見えない。このメガネ、結構強力な光じゃないと認識しないんだな。太陽を見る以上当たり前なのかもしれないけど。しかし、小学生の頃、下敷きかざして部分日食を見た記憶があるが、アレは結構デンジャラスだったのかね。

そのとき不意に、雲を透かして欠けた太陽を見ることができた。雲がちょうどいいフィルターになって、肉眼確認註2することができたのだ。その後、時折太陽は光り輝き日食メガネを通して食を観察することができた。ただ、もっとも重要な金環食の状態が、それほどはっきり見ることができなかったのが残念。

それでも、プチツーリングとしては充実した内容。波音を聞いているだけでも、癒されたし。早朝、海辺に散歩出来るような環境はいいだろうなぁ。

そのあとは、ブラブラ走って昼前に帰宅。走行距離170Km。天気もよくなって来たから、もうちょっと走っていたかったが、クラッチに左手がもう限界。すっかり軟弱になって、リハビリしなくちゃ、だわ。

註1 もっとも、2030年に北海道で観測出来るようだけど

註2 これでもやっちゃいけないことなのかもしれないけどね

[Music]太陽の指輪

ドリカムの曲に「時間旅行」ってのがある。この中に金環食のことが出てくる。

指輪をくれる? ひとつだけ

2012年の金環食まで待ってるから

忘れないでね

そうよ 太陽の指輪(リング)

好きな曲なのに、このことを全く失念していた。この曲を聴きながら金環食を見ていたかったよなぁ。と思っても後の祭り。

それにしても。今まで何気なく聞き流していたけど、実際のことを歌っていたとは思いもしなかった。そしてこの曲が出たのが1990年。遠い未来が、今現実となる。22年の歳月。あの時と今と、そしてこれから。そんなこと思うと感慨深い。

で、この曲は未来を願う歌なんだな。22年後だって一緒にいようね、って。改めて聞くと、その重みがずっしりと来て鳥肌が立った。


2016-05-21[土] 編集

今週も乗り切った

最後の最後で超ハード。悪い時には悪いことが重なる。人がいないのに加え、ブツが多い。もうため息しか出ない。

と言っても、なんとかなるのも事実。応援を得て、なんとかなった。

けど、綱渡りというか、泥縄というか。こんなことばかりでフラストレーションは溜まる。