酔眼漂流記


2004-05-31[月] [長年日記]

blosxomの設置

夏空に気合いの入った強風の休日。blosxomをせっせと設置していたのでした。

blosxom(プロッサム)は、いわゆるウェブログアプリケーションのひとつ。本体は驚くほどシンプル。cgiファイルひとつだけですから、インストールなんてあっという間。条件もcgiさえ使えれば大丈夫。機能もシンンプル。しかし、プラグインを導入することによりMT同等の機能を持たせることが出来る柔軟な拡張性を兼ね備えています。

実はMTの前にblosxomを検討していたのでした。しかし、いかんせんまだまだ日本語の情報量が少ない。基本的なとこは大体判ったつもりなのですが、カスタマイズに不安を感じて導入は断念したのです。

今回blosxomを入れたのは、お手軽日記帳が欲しくなったから。MTって、ひとつのエントリがひとつのファイルとして生成されるので、気分的にどうも短い文章を書くのが抵抗あったりするのです。例えば一行だけなんてのはもったいないなぁ、と。そんなにファイルサイズに違いがでるわけでもないんでしょうけど、貧乏性なんでしょうねぇ。

そんなわけで、思いついたことを気軽に書き込めるようにと導入してみたわけです。基本的な機能だけあれば十分ですし。もっともblosxomも一エントリはひとつのファイルで保存されてるわけですから、同じといえば同じなんですけどね。ま、気分の問題です。

あ、それからしばらくは非公開ってことで。大した内容じゃないですしね。

blosxomに興味がおありでしたら、

blosxomサイトの日本語訳

blosxom.org

こちらが参考になるのではないでしょうか。

それから、

チャンネル北国tv
blosxomを使った無料ホスティングサービスを運営されています(少しの間だけ使ってました)