酔眼漂流記


2005-05-18[水] 鳥飼否宇 [長年日記]

[読書][鳥飼否宇]痙攣的

こ、これは……。

読み進むにつれ確実に何かやらかしてくれそうな期待と相反して募る不安感。少しずつ昏迷し歪んでいく世界。そして待ち受けるクライマックス。最後には笑うしかない。

帯には「伝説的バンドのステージ上で起きた密室殺人!前衛舞踏家が遺したダイイング・メッセージ!客の前から消失したイリュージョニストへの罠!」と、とても魅力的な謳い文句が踊っている。しかし、謎解きを期待するとあっさりと裏切らる。ミステリ的な終着を、敢えて蹴っ飛ばして壊している。

予想外の結末。それを意外だと思うか、突拍子もないと見るか、トンデモだとするか。最初の3編は、まぁいいとして。4編目の「電子美学」は『人格転移の殺人』ばりの極上の謎の設定にもかかわらず、その結末には正直ずっこけた。それに続く最後の1編には、ある意味もう参りましたと言うほかない。鳥飼否宇はこんな話を書く人だったのか。

それでも個人的には微妙なところだけれど、全く受け付けないと言うところでもない。人によっては怒りだすのではないかと余計な心配もするけど。そのオチには思わずニヤニヤしてしまうといったところ。そういう意味では愉しめた一冊。が、面白いかと問われれば素直に頷けない一冊でもある。

思うにあくまで美しいのは「謎」であって、「解決」にあるのではないといったところなのか。真実なんてのは如何様なりとも創り出せるもの。「正解」と言う答えはない。名探偵の名推理なんてものは所詮は戯言なのだ、なんてことも思い至った一編。ともかく、いわゆる正当なミステリものを期待してはいけない。

痙攣的
鳥飼 否宇
光文社
¥ 1,890