酔眼漂流記


2007-05-18[金] [長年日記]

愛知の立てこもり事件

愛知県長久手町の住宅街で17日午後に拳銃を持った男が元妻を人質にろう城する事件発生。男の長男と二女、警察官の4人が拳銃で撃たれる。うち警察官ひとりが死亡。

何がひどいって、最初に現場に到着して撃たれた警察官は5時間も救助できなかった。その様子がカメラで映し出される。

無責任に言っちゃえば、何とか出来なかったのか。幸いなことに命に別状はなかったようだけど。しかし、その救出の際に犯人が発砲してひとりの警察官の命を奪うことに。

で、29時間後に犯人は説得に応じて無事に投降、逮捕。

うーむ、命の価値、守るべきもの。オレだったらどっちを取るかといえば……。どうしろなんて言えるわけもないんだけど、すっきりしないのは確か。

つい先日も、東京の町田で拳銃で武装した立てこもり事件があったばかり。いろいろ大変だろうけど、警察には頑張ってもらわないと。