酔眼漂流記


2011-05-21[土] 花神総集編最終回 [長年日記]

[司馬遼太郎] 維新回天

河井継之助登場。司馬遼太郎との出会いともなった思い入れの深い人物である。で、演じる高橋英樹がかっこいいんだ。ガトリング砲を嬉しそうに撃ちまくる姿がいい。

おそらく幕末の人物に出会った最初が大河ドラマの「花神」だったんだと思う。なので演じている役者さんイコールその人物のイメージに定着している。なにより適材適所だ。

「花神」のキャスティングで、ひとつだけよく分からないのが、西郷隆盛を演じた人。知る人ぞ知る人なのかもしれないけど、地味だよね。まあ、西郷さん自体にオーラがありすぎて、そのバランスなのかなぁ。

大河ドラマの「花神」はやっぱり面白い。改めて見ると、結構原作を脚色してるんだろうけど、元の味を損なっていない。原作そのままというわけじゃないんだけど、原作に忠実ではあるんだよなぁ何よりも大人の世界だよな。