酔眼漂流記


2015-12-01[火] [長年日記]

村上隆の五百羅漢図展を見てきた

連休二日目。まずは床屋へ。

その後、村上隆の五百羅漢図を見に六本木ヒルズの森美術館へ行く。

きっかけは、

森美術館『村上隆の五百羅漢図展』と、辻惟雄・村上隆トークセッション - 日毎に敵と懶惰に戦う

を読んで。

美術のことには全く疎いので、恥ずかしながら村上隆を知らなかった。しかし、その作品は圧倒的に心を揺さぶるものがある。極彩色で描かれた絵の艶やかさといったら。そして力強さ。これは実物を見るべきものだなと思う。

実際に見ると、圧倒される。美術・絵画の知識がないので本当の凄さみたいなものはわかっていないのかもしれない。それどもこれだけ感動させられるのは、作品の持つ力か。

ちなみに、この展覧会は会場内での写真撮影が可なのだ。

この展覧会を見に来ようと思わせたのがこれ。