酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-01-06[火] 横溝正史 編集

▶︎ [読書][横溝正史]本陣殺人事件

記念すべき金田一耕助デビュー作

そして国産の、というより密室トリックの白眉といって過言ではない作品。

突き詰めれば単純なかつコケ脅し的なトリックなのだが、そこから醸し出される雰囲気が素晴らしい。物語の中にしっかりと溶け込んでいるのだ。まさに純和風

事件当夜に鳴り響く琴の音色のシーンの恐ろしさ。実際に真夜中に聞けばそれはもう腰を抜かしますって。でも単に恐ろしいだけではないのだ。恐ろしくも美しくのだ。これは横溝作品のひとつの特徴だと思うのだが。なんと言ってもこのトリックが発動される様を想像するとその美しさに身震いするぞ。

また、犯人はなぜ密室にしたという理由も納得できるもの。その辺の処理の仕方はうまいと思うなぁ。時々、理由もなくトリックのためだけに密室が出てくる作品ってのに出くわすときもあるからね。まぁ、それはそれなんだけど。様々に張り巡らされた伏線が金田一耕助によって収束していく様も圧巻。何はともあれご一読を。古典ではあるけど、今読んでも新鮮だと思うぞ。

本陣殺人事件 (角川文庫)
横溝 正史
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 660


2008-01-06[日] 編集

▶︎ 手帳・日記

今年、じゃないか、今年度の手帳日記は売り上げがかなりよさそうだ。目に見えて減っているのが実感出来る。今月いっぱいの展開予定。一冊でも多く捌けるようにラストスパート。

しかし、売れ行きがいいと次の仕入れで版元が強気になって増量しそうな予感。ウーム。


2009-01-06[火] 編集

▶︎ 落語

小学館からワンテーママガジンで「落語 昭和の名人」が創刊された。創刊号は古今亭志ん朝。まずは購入。刊行予定を見ると、以降もなかなかそそられるメンバーだ。全部を買うつもりはないが、知っている噺家のものは買うとするか。


2010-01-06[水] 編集

▶︎ Nexus One

Googleのスマートフォン「Nexus One」が発表される。iPhoneの対抗馬になるのか。もっとも、日本で使えるのはまだ先。と言うか使えるのか?

どこのキャリヤから出てくるのか、も問題。どっちにしろしばらくは様子見しかできない。


2013-01-06[日] 編集

▶︎ 正月景気も落ちついたか

本日の売り上げは、平凡なものであった。しかし、コミックは何故かいい。全体の割合としてみれば、だが。それでも昨年を下回っている。


2015-01-06[火] 編集

▶︎ 世に棲む日日

Kindle本で「世に棲む日日(一) (文春文庫)」を購入。大河ドラマの「花神」の原作を全部読もうとして未だ達成してない。

で、この際Kindle Paperwhiteでも購入するか悩み中。iPad miniはもちろん、iPhone6でも結構きちんと読書できる。E inkの画面てのは、どのくらい見やすいのかってことには興味ある。


2019-01-06[日] あいみょん 編集

▶︎ [Music][YouTube]マリーゴールド

Apple MusicのFoy Youで知ったこの曲。これもずばりストライク。曲の旋律が心地いい。 去年の紅白に出場したらしく、ブレイクした人なのね。 しかし、あいみょんという名前の印象だけだったら、まず聴かなかっただろうなぁ。