酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-01-07[水] 伊坂幸太郎 編集

▶︎ [読書][伊坂幸太郎]重力ピエロ

全編に流れるのは優しさ。そこが甘ったるいと感じられることもあるかもしれないが、なんとも心地いい。そして素直にカッコイイと思えるのだ。

なんと言っても読み終えて気分がいい。なんだか幸せな気分。なにも物語は全てハッピーエンドで終わるべし、なんて事は言わない。でも、どうせなら読み終えた後に幸せな気持ちになりたい、と思うじゃないですか。まぁ実際これはハッピーエンドとは言い難いかもしれないけれど。話が出来過ぎ?いえいえ、現実にはありないような事でも、だからこそ小説の中ではスカッとしたいのだ。そこら辺の気持ちにググッと応えてくれる読後感。

もっとも正直いえば、読み始めはハズレかと思った。極めて映像的コミック的なのだ。それを軽快と見るか軽薄と見るか。これが同時代性、今ドキなのかね。最初はついていけなそうに思ったのはワタシが古い世代だからか。しかし、読み進むにつれこれが伊坂節と納得、すんなりと物語の中に入ってゆける。

ミステリの体裁をとってはいるものの、微妙にミステリではない、かな。この人もミステリは目的じゃなく手段として用いているようだ。しかし、ワタシにはまさにミステリ。それは伏線の妙味。トリックといった仕掛け的なものは無いし驚愕の結末といった事も一切無いが、これは伏線の妙を味わうミステリなのだ。隠し味がピリリと効いた一品。

重力ピエロ
伊坂 幸太郎
新潮社
¥ 1,575


2008-01-07[月] 編集

▶︎ [読書]首無の如き祟るもの/三津田信三

首無の如き祟るもの (ミステリー・リーグ)(三津田 信三)

これは素晴らしい。傑作との感想を見かけるけれど、頷くばかり。ミステリにおける首無死体の問題、何故犯人は首を切り落としたのか。これに対する著者の回答がいい。実にシンプルなのがまたツボにはまる。斬新なトリックではない。使い古された手ではある。有り体に言えばごく普通の首無し死体トリックなのだ。でも使い方が憎い。手の内を全て晒しておきながらも、騙してくれる快感。

ミステリとしては大傑作だということは間違いないが、「読み物」として面白いかというと、どうだろう。無機質、というか平坦ではないか。物語世界にグイグイ引き込まれる、というわけじゃないんだよなぁ。

首無の如き祟るもの(三津田信三/原書房)»セブンアンドワイ icon


2009-01-07[水] 編集

▶︎ 雑煮

何年ぶりでしょうか、雑煮を頂くのは。大変美味しゅうございました。ご馳走さまです!


2010-01-07[木] 編集

▶︎ 書店見学

今日はニッケコルトンプラザの福家書店へ。ここは児童書のコーナーに特徴がある。それを見学に。


2013-01-07[月] 編集

▶︎ [バイク]初乗り

今日はバイクでの初詣。香取神宮まで行こうと思ってたが、ちょっと寝過ごしてしまったので、次の機会に。

ただ、半月ほど動かしてないので、軽く走りには出る。16号から6号、14号というルート。距離70キロほどで、軽くのつもりが結構走ってしまった。これなら、成田にでもお参りに行けば良かったかな。

しばらく乗らないと、バッテリが心配。何事もなく、一発でエンジン始動。バイクはすこぶる好調。

今年も無事にバイクライフを送りたい。大きな目標としては、夏休みは能登へキャンプツーリングを予定。


2015-01-07[水] 編集

▶︎ [Music]Hello Again

iTunes Storeで「Hello,Again~昔からある場所~」を購入。

帰ってきてから、iTunesに落としてなかったCDwo取り込む。


2019-01-07[月] 編集

▶︎ 予定は未定

とてつもなく快晴。

事前の予定だと、今日は香取神宮までツーリングに行くはずだった。なんかめんどくさくなって、結局何もしない三連休。いつものことだけれど。

▶︎ [iPhone]iPhoneの傷

iPhoneの表面に傷がある。何が原因かわからないけど、結構付いている。普段は気がつかないけど、透かして見るとわかる。実用的には全く問題ないんだが、気分的にはよろしくない。やはり、保護フィルムは必要か。