酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-01-13[火] 宮部みゆき 編集

▶︎ [読書][宮部みゆき]模倣犯

ずっとほったらかしだったのをやっと読んだ。これだけの長編はやはり読むのにも勇気(?)がいるのだ。さて、その長さなのだがこれを饒舌と見るか緻密と見るか。正直に言えば私には、何もそこまで書き込まなくてもと思わなくもないではない。端役にもそれなりの物語が与えられているのは少々うっとうしく思えちゃうのですねぇ。もちろんそのディテールの積み重ねが物語の厚みを生んでいるともいえるんだろうけど。しかし、あちこちダイエットしたら一冊に収まっちまうんじゃないかなんて勘ぐったりして。思うにこれ、新聞連載ってことも影響しているのかもしれない

そんなこんなで読み終わったものの、もうひとつ面白さが伝わってこない。いやいやこれはあくまで読み手に問題があるんだと思いますが、えーっと誰が主人公? 誰を主人公とするか、言い換えればどの視点から見るかで感想は分かれてきそう。私的にはもうひとつ感情移入できる立場がなかったのだ。

ひとつ認識したのは、犯罪の重さはその家族にとっては加害者も被害者もないのだろうなぁ、ということ。どちらも世間から“攻撃”されてしまうのだね。常々思うことなのだが、被害者はもちろん加害者も実名で報道する意味ってあるのだろうか? 事件の詳細はもちろん報道することに意味はあると思うが、それにまつわる個人的なデータはどうなのか? 知りたい人だけが知ればいいと思うのだ。無条件に垂れ流してもいいようなことではない気がするのだなぁ。話は脱線するけれど。

それから、女性が女性であるが故に犯罪に巻き込まれてしまうと言うこと。そう、女性であるってだけで被害者になってしまうという事は今まで意識していなかった。やはり不条理だよなぁ。考えがまとまってないんでうまくコメントできないけど。

模倣犯〈上〉
宮部 みゆき
小学館
¥ 1,995

模倣犯〈下〉
宮部 みゆき
小学館
¥ 1,995


2006-01-13[金] 石持浅海 編集

▶︎ [読書][石持浅海]セリヌンティウスの舟

ダイビング中の遭難。大時化の海を漂う六人の男女。死を意識する状況のなか、彼等は互いに支え合い生還することで何より勝る信頼を得た。深く結ばれた絆。 二年後。ダイビングの後の打ち上げの夜、メンバーのひとり米村美月は青酸カリを呷って自殺した。五人に宛てた遺書を残して。残された彼等は彼女の死の意味を理解するために集まる。事件現場の些細な点から、美月の自殺に疑問をもつ彼等。果たして彼女の死の真相は……!?

「セリヌンティウス」というのは太宰治の『走れメロス』の登場人物。メロスの身代わりとなった友人ですね。メロスは有名ですけど、セリヌンティウスの知名度はいかほどでしょうか。私もすっかり忘れていました。その名にちなんで『走れメロス』がキーワードとも言えます。

セリヌンティウスは自分の命を賭けてメロスを信じました。生きるか死ぬかという中で得た彼等の友情はその二人に共通するものがあると言うわけです。お互いの絆の深さ。友情。信頼の絶対性。それがモチーフです。

登場人物たちの心情にどれだけ共感できるかで、読み終えた後の感想も違ってきそうです。もちろん私にも信頼する友達はいます。しかし、彼等のそれは妄信的とも思える程。ちょっとついていけない感じです。一歩下がったところでみてしまうので、「解った」と言う気分を持ちにくいのです。私だったらきっとあんなこはとしない、って思えるから。大切だと思う人なら、なおのこと生きていて欲しいと思うのが普通だと思えて。

そもそも自殺するなんてことは、他のメンバーに対する裏切りじゃないの?

それはともかく。「事件」でもないことを最後まで飽きさせず読ませる手腕は流石。青酸カリによる服毒自殺にもかかわらず容器のキャップが閉められていた。そんな些細なことをきっかけに、死の真相に想い巡らせてゆく展開は充分面白い。「謎解き」の美しさも申し分ない。気持ちの部分での判りづらさはありますけれど、ミステリとしては捨てがたい味わいのある一作であるのは間違いないでしょう。

セリヌンティウスの舟 (カッパノベルス)
石持 浅海
光文社
¥ 800


2008-01-13[日] 編集

▶︎ 未だ初めて知ること

金券類は、宅配便では送ることが出来ないんだってさ。そうなのか!


2010-01-13[水] 編集

▶︎ 気になる曲

曲が気になるというより、歌ってる人が妙に気にかかる。ティンバランドと言うのか。関係ないけど、途中出てくるオネーサンは、どことなくアンジェリーナ・ジョリーに似てるな。

Morning After Dark


2013-01-13[日] 編集

▶︎ 宴の後

今朝は軽く二日酔い。起きてから気分が悪くなっていく。二度も吐いてしまった。おまけに、帰ってきて家の戸締まりをしないまま寝てしまったことに気づく。そんなに飲んだつもりはないんだけど。あまり物を食べなかったのが良くないのか。仲間と飲む時は、結構飲むだけじゃなく、食ってるもんなぁ。

ウコンの力」で、回復。多分効いているんだろう。

午前中は、今夜は飲むのはやめておこうと思ってたけど、結局帰ってきてから飲んでしまった。軽くだけど。

NHKで、ダイオウイカの特集番組を見る。深海で始めて動く姿のビデオ撮影に成功。深海はまだまだ謎に満ちているね。しかし、そのダイオウイカの大きさがあまり実感出来なかったのが残念。体の大きさ3メートルぐらい、か。触腕が、今再生中で短いが、ちゃんとしていれば7メートルぐらいと言っていたけど。そんなものが、真っ暗な深海の中でぬっと現れたら怖いだろうなぁ。

調査に使った潜水艇が、操縦席が球形のガラス(?)製でほぼ360度の視界をもつ。こいつが、まぁカッコいいこと。これで海中散歩をしたら、さぞかし楽しいだろうな。


2015-01-13[火] 編集

▶︎ 転んだ

自転車で思い切りすっ転んだ。車道から歩道に移ろうとして、その段差につまづいた形。物の見事に左側に倒れて、脇腹を強打。こんなこと今までなかったから、ちょっとした不注意なんだよなぁ。やれやれ。

転んだのは、飲みに行く途中のこと。昨夜メールでお誘いがあった件。


2016-01-13[水] 編集

▶︎ 解散

本日は部数も少なく定時で上がる。

SMAPが解散するというニュース。なんか色々事情はあるみたいで。