酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-01-28[水] 森博嗣 編集

▶︎ [読書][森博嗣]すべてがFになる

このトリックはなかなかすごいと思うのです。密室状態の中にどうやって犯人が侵入したかってことには拍手喝采。少なくとも、過去同じようなトリックは見たことはないです。そんな方法もあるわけですね。ま、反則すれすれでもあると思うんですけどね。そんなわけで実は密室トリックという印象が薄いのも確かです。

密室からの脱出トリックの方はちょっと煙りに巻かれました。判らない人には解らないのでは、なんて余計な心配を。思わず納得させられましたが。ま、ここら辺りが"理系ミステリィ"と言われる由縁なんでしょうか。でも死体の発見シーンがとてもショッキングで禍々しくておもわず悪い夢を見そう。しかもさり気なくそれが伏線になっている辺りはうまいですね。

タイトルにもなっている謎のメッセージ「すべてがFになる」の意味。実は、かなりあからさまなメッセージなのです。単純なことなのですが、でも判らないですよねぇ。もっとも解ったところで真相が見抜けるわけでもないけど、作者のこの仕掛けは好きです。私的にはかなりのインパクト。メインのトリックよりこの部分で評価大。

すべてがFになる (講談社ノベルス)
森 博嗣
講談社
¥ 1,029


2008-01-28[月] 編集

▶︎ [バイク]本日の走行

国道14号から県道20号へ抜けて白里まで。そこから県道30号にでて九十九里を北上。この道は快適。信号は少ないし、交通用も少ないし。天気が良ければもっと快適なんだけれど。

匝瑳市まで出て、そこから国道296号で帰還。

▶︎ [Mac]egword、egbridge販売・サポート終了

企業としては採算が合わなければ仕方ないことだとは思うものの、なんとももったいないことだなぁ。

日常的にに使う分には現在のことえりで十分事足りるという状況があるわけなんだよね。オレもegbridgeユーザなんだけれど、性能うんぬんよりも愛着があって使っているんだよな。選択出来る喜びつーか。

日本に於けるMac文化の一つの終焉といったら大げさか。


2010-01-28[木] トニーたけざきのガンダム漫画 編集

▶︎ [Apple]AppleのタブレットはiPad

予てからの噂通り、Appleからタブレットマシンがお披露目。その名はiPad。いや、実は最初見た時からしばらくは「iPod」だと勘違いしていたけど、オレだけじゃないはずだ。実際iPodtouchの親分みたいな感じだけれど、これはスマートフォンとノートブックの間を埋める新しいカテゴリの製品だと。決してiPodシリーズの一員じゃない。

ネーミングもさることながら、そのスタイルが以外に平凡なのにちょっと驚いた。もっともそれは確信犯で、あえてiPhone/iPodtouchの延長線上にしたのはわかりやすさのためだろう。iPhone/iPodtouchを知っていれば、なんの違和感もなく使えるという。

さて、欲しいと思うか。これは結構微妙。そろそろ新しいMacが欲しいと思っているオレ的には、たとえばMacBookとiPadどちらを選ぶかというと、微妙になってくるということ。それぞれ立ち位置が違うとはわかっているが、それならばMac+iPhoneと言う組み合わせが最強のような気がする。「パソコン」が欲しいヒトにはiPadは中途半端に感じたりしないか。(つづく、かもしれない)

▶︎ [Comic]トニーたけざきのガンダム漫画3

実にツボを押さえているガンダムのパロディ漫画の第3段。相変わらず笑わせてくれるが、ちょっとだけパワーダウンしているかなぁ。まぁ、2巻が素晴らしすぎたってのもあるけど。模型を使ったやつなんて、えらい力が入ってるじゃないですか。それに比べるとね。とは言え、ファーストガンダムファンなら笑えること請け合い。いや笑えるのみならず、TV版検証シリーズなんて実にためになる(?)、買って損のない一冊といえよう。

トニーたけざきのガンダム漫画 III (角川コミックス・エース 113-3)
トニー たけざき
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 651

▶︎ 軽く飲んで

Tから電話。いつものところで飲む。昼は雨が降っていたが、いつの間にか止んでいた。妙に生ぬるい空気。本日のお会計は8,320円なり。


2013-01-28[月] 編集

▶︎ いつもの飲み会

朝起きてみると、うっすらと雪が。

本日は、恒例の版元さんたちとの飲み会。今回は河岸を買えて。


2014-01-28[火] 編集

▶︎ ちょっと得した話

4月から消費税が上がって8%になる。それに合わせて、ロリポップも料金が改定されるようだ。早い話、これからの契約だと4月以降は8%の料金になる。

しかし、オレはそれを免れて1年契約でも全て5%でオッケーという、ちょっと得したお話である。