酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-02-15[日] 東野圭吾 編集

▶︎ [読書][東野圭吾]レイクサイド

読みはじめるとグイグイ引っ張られてあっという間に読了。殺人を犯した妻のためにどうして赤の他人が隠ぺい工作を手伝うのか、っていうのが謎なわけです。

裏に隠された真相。たとえ間違っていても守るべきものは守るのです。哀しい愛情。読み終えて、納得納得。ラストシーンでは泣かされる思ってもみない展開。胸を締め付けられるどんでん返し。

思わぬ涙に文字が読めない…。 決して心温まる話じゃないけど、このラストは何だか救われたような気がする。見事な着地に10点満点。もう何も書くことなし。

レイクサイド
東野 圭吾
実業之日本社
¥ 1,575

▶︎ 文藝春秋売り切れました

『文藝春秋』の3月号が早くも売り切れなのです。

10日に発売ですから、5日間での売り切れ。これはかなり速いペースです。なぜか? 今月号は芥川賞の全文掲載があるのです。いわずと知れた金原ひとみ『蛇にピアス』と綿矢りさ『蹴りたい背中』の掲載。わずか780円で読めちゃうんですから売れますって。二冊買うより半額以下だもの。

しかし、これだけ話題になった芥川賞もここのところなかったですね。そのせいか直木賞の影の薄いこと。売り上げも逆転しちゃってます。普段は直木賞受賞作の方が売れるんですよね。今回の二作は両方とも受賞時には既に刊行されていたというのも案外ポイントなのでしょうか? だいたい芥川賞は雑誌掲載のものが選ばれるような気がしていたのでちょっと驚きましたけどね。

こんなにも注目されるというのは、やはり金原・綿矢両名のキャラクター故でしょうか? いや、それしか考えられない、かな。うら若き乙女というのはもうそれだけで付加価値があったりするのでしょうねぇ。これがたとえ19・20でも男だったらまた違ったであろうというのは確実なところでしょう。男は哀しいねぇ。

そんな中『蹴りたい背中』の方が売れているってのはまたそれはそれで興味深いことではあるんですけどね。

『文藝春秋』はどうやら重版するようです。雑誌の重版もまた珍しい。今年の出版界の話題をかっさらっていきましたね、あの二人は。この調子でこれからも売り上げに貢献していただけるとうれしいなぁ、と本屋さんは思うのでした。


2008-02-15[金] 編集

▶︎ Googleマップは面白い

Googleマップはたまに見るぐらいのも。積極的に使っていなかったが、マイマップをいじってみたらこれが面白い。マイマップというのは、Googleマップ上で目印を付けたりコメントを書いたり、線を引いたり出来る機能。

オレ的使い方は、まずツーリングの記録として。訪れた場所に目印を置いてコメントをつける。今はまだ少ないけど、これが増えていく楽しみだな。後はツーリングの計画用として。面白そうな場所を見つけたらどんどん記録していく。ネタ帳みたいなものだ。

こうして自分だけのツーリングマップができ上がっていくのだ。自分だけとはいっても公開すれば、誰かのお役に立てるかも知れないし。

そんな楽しみがあるGoogleマップなのだ。


2009-02-15[日] 編集

▶︎ e-honとブックライナーで本の注文

書店には必ずしも欲しい本が置いてあるわけではないですよね。新刊はともかく、これとて物によりけりですけど、ちょっと古くなると店頭にない可能性大。そんなわけで行けば必ず欲しい本が手に入るとは限らない。そんな時はどうするか。お店に注文するわけですね。

しかし、この注文がくせ者。なんと言っても時間が掛かるのが困ったところです。平均すると10日前後掛かってしまういます。今の時代、あまりにもナンセンス。これでも昔に比べれば確実に早くなったんですけどね。もちろんそんなことは言い訳になりませんし。ネットで注文すれば3日もあれば入手することが出来れば、えらい違い。

書店も何もしていないわけではないです。そこで登場するのが、「e-hon」と「ブックライナー」というサービス。ウーム、どのぐらい知名度があるんだろう。ご存知ですか?

e-hon 全国書店ネットワーク

e-honは、出版物取次(卸売会社)の、株式会社トーハンが運営する、インターネット書店です。 (お取り扱い点数190万点、在庫点数50万点)このサイト上でご注文いただいた商品は、お近くのe-hon加盟書店(My書店)にて、送料無料でお受取りになれます。

要はオンラインショップなんだけれど、受け取りをお近くの書店に出来るのです。自宅配送も可。時間は、在庫のある物は3、4日で入荷。ただ、在庫がない物は普通に書店で注文するのとたいして変わりなかったりしちゃうんですけど。ちなみに、完全に包装されて手渡されます。中身が判らないので怪しげな本を注文するにはいいかも、です。それから、e-honで注文したけれど、実は受け取りの書店に在庫があったなんてこともあるので、事前に確認しておいた方がいいかもしれないですね。

本の特急便 ブックライナー

このサービスを利用すると、標準3日で本が書店店頭に到着します。 なお、ご利用に当たっては、1冊50円の手数料がかかるケースがございます。書店でご確認ください。

こちらは、書店での注文受付、受け取りのみ。個人情報を登録したりすることがないので註1、その辺りに不安を感じる場合にはよろしいのではないかと。1冊あたりプラス50円をどう見るかによって違いますけど註2。それから、ブックライナーでは定期雑誌の配送サービスもやっています。

なお、両方とも取り扱いは全ての書店でやっているわけじゃないのでお気お付けください。取次ぎがトーハンの書店だけです。と言っても、外から見たらトーハンだ日販だなんて言っても判らないよなぁ。

註1 もちろんお店には氏名電話番号など知らせなきゃなりませんが

註2 お店によっては不要なところもあります


2010-02-15[月] 編集

▶︎ クレーム

自分に非があることはわかっていても、それをおまえに言われたくない、って相手から言われると、反省するよりもまず腹立つよなぁ。

とにかく隙を見せ見せては駄目。たとえ言いがかりだとしても、クレームつけられたらこっちの負け。完璧なディフェンスを要求されるって事だ。

それはそれとして。Web-TONETSで、たとえば過去一年間のデータを参照しようと思うと、えらい時間が掛かるし、時々エラーになる。これは何とか改善してもらえないだろうか。

今日は休みだが、取次の担当者との新店の打ち合わせのため店まで行ってきた。だいたい形が出来てきたかな。

角川コミックスの発注作業も終わり。一応これでノルマ分は終わった。史上最大の発注であった。トータル何冊になるんだろう?あとはパックして棚につめていくだけ。最後のほうは「エイヤッ」と結構投げやりになってしまった。足りなかったらどうしよう、と言う一抹の不安があることは内緒だ。

そして、現在の店舗の終了まで後一ヶ月。

それにしても最近バイク乗ってないなぁ。完璧に寒さに負けてます。そんなことじゃいかんのだよ!

明後日から品川のキャノンギャラリーSで椎名誠の写真店が開かれる。ちょうど休みなので観に行こう。

▶︎ [Mac]そろそろ新しいパソコンが欲しい

新しいパソコンを買うのに、今はもう何が何でもMac!と言うほどこだわりはないけど、じゃぁ、Windowsにするとして、どこの何を買うかと言うことを決めるのが面倒なので、やはりMac、と言う部分は多少ある。


2011-02-15[火] 編集

▶︎ 雪の朝

画像の説明

昨夜から降った雪は、それなりに積もった。

思えば去年の今頃は、次のMacはMacBookにするかMacBook Proにするかで悩んでたんだよなぁ。その時点では、iPhoneのことはまだ先のことだと思ってた。それが今はiPhoneを使っている。こうなると、iPadの入手も近い?

毎年春に『小学一年生』4月号の飾り付けコンクールがある。今回は結構気合の入った出来になりそう。少なくとも今までで一番の出来に間違いない大作である。狙うは一等賞!

最近ちっとも本を読んでない。面白そうなミステリが出ていない、んじゃなくて、単に見逃してるだけ? そういえば、原りょうの新作は出ないのでしょうか?「愚か者死すべし」のあとがきに、次はそんなにお待たせしない、みたいなことがあっと思ったけど。法月綸太郎の「犯罪ホロスコープ」の続きもどうなったんだろう? ついでに言えば有栖川有栖の学生アリスのシリーズも。でもこれはあと二作で終わりなんだっけ? そう思うと早く出てほしい気持ちと裏腹に。

Web-Tonetsが先日バージョンアップしたけれど、俺的には改悪になったと思わざるを得ない。まず、IE以外をサポートしないってのがどうよ。うちではFirefox使ってる。仕方ないからIEタブ使って表示してる。検索キーワードがクリアされないというのも毎回イライラさせられるし。あと、セッションタイムアウトって必要なの?


2013-02-15[金] 編集

▶︎ アルマゲドン

日本時間の正午頃、ロシアで隕石と見られる物体が落下して、500人の怪我人が出た。