酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-02-26[木] 編集

▶︎ [読書]タラント氏の事件簿/C.デイリー・キング

初めて読む作家、しかも翻訳物。しかし、これがなかなか当たりです。トリックというかタネ自体は、はっきり言うと大したことはないかもしれないです。でも、それを見事に不可能犯罪に作り上げる手腕はさすがですね。ホント、うまく騙してくれます。翻訳物にありがちな、回りくどい言いまわしもなくてとても読みやすいのもマル。

スタイルとしては、ホームズ=ワトソン物なんですけど、探偵役であるタラントがいい味を出してます。嫌みなところが無く洒落ていて、お茶目なとこもあったりして。彼の執事兼従僕は何と日本人だったりします(彼の裏の顔はスパイであるなんて設定だったりします)。

ただ、最後の一編はちょいと納得いきませんなぁ。まあ、ある意味とても凄いオチだとも言えるのかもしれないけれど。

タラント氏の事件簿 (エラリー・クイーンのライヴァルたち)
C・デイリー キング/C.Daly King/中村 有希
新樹社
¥ 2,100


2008-02-26[火] 編集

▶︎ 棚替えその2

昨日に引き続き。ひと通りは終わったものの、まだ細部は煮詰めないとダメだなぁ。結構面倒くさいし、しんどい作業。これがそのまま売り上げアップに繋がるかというと、まだその手応えは感じない。

本を並べておけば売れる、なんてことはあり得ない。お客様にアピールすることが重要。目的をもって本を展示し売る。見やすく分かりやすいこと。しかし、あれこれ考えてるといっぱいいっぱいになってくるんだよなぁ。気持ちだけから回り。

生き残るためには、適当じゃダメなのだ。楽しんで*1頑張らないとね。

*1 これ重要


2010-02-26[金] 編集

▶︎ 春近し

なんだか、暖かいを通り越して、暑いって感じの昨日今日。シャツ一枚で外に出ても平気だ。室内が厚く感じる分、外がヒンヤリと心地いいぐらい。

押井守の新刊『ケルベロス 鋼鉄の猟犬(押井 守)』が気になる。パラレルワールドの第二次大戦モノってことか。甲冑を身に纏った装甲猟兵大隊が主役で、史実のようにスターリングラードで、絶望的な死闘を演じるような話みたい。


2011-02-26[土] OmmWriter 編集

▶︎ [Mac]OmmWriter

Macで集中して文章を書くなら「OmmWriter」を使うべき

こちらで紹介されていたOmmWriter。無料版もあるということなので、ダウンロードしてみた。これは何かといえば、シンプルなテキストエディター。潔いぐらいにシンプルなエディターである。だって、文章を入力する以外何もできなくなってしまうんだもの。

このアプリを起動すると、メニューバーやDockは消えフルスクリーンで表示される。背景には淡い写真画像が表示され、また心地よい音楽が流れる。余分なものが一切無い画面。「集中して文章を入力できる」ためのアプリということだけど、なるほど効果的だ。他にも打鍵音が選べて、これがまたプチプチと気持ちいい。無音であるより、ある程度の音がある方が集中できると思うんだけど、まさにそれ。これを使えば文章もうまくなる、なんてことはないだろうけど、長文を入力していくにはいい環境であることは確か。

ただ、「文章を入力する以外何もできない」と先ほど書いたが、もちろん一時中断するのは随時できるけど、たとえばブラウザを参照してリンクを貼ったりして、なんて使い方には向いていない。そういう事は保存したあとにすればいいことで、これはあくまでも集中して文章を書くためのアプリだろうね。

▶︎ Call of Duty

MacのApp Storeで「Call of Duty4」が販売中なんだけど、購入しようかどうしようか。レヴューのコメントを見ると、MacBookだとちょっと荷が重いのかな?

いっそのことPS3でも買っちゃおうかと思ってきて、アブナイアブナイ。

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

スクウェア・エニックス
¥ 2,068