酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-03-31[水] 連城三紀彦 編集

▶︎ [読書][連城三紀彦]戻り川心中

作者曰く「ミステリと恋愛の結合」を狙ったとのことですが、表面上は通俗的な言い方をすれば恋愛小説です。悲劇的な男女の愛のお話。しかし、最後に明かされるその裏に隠されて見えなかった意外な真実! 今まで見ていたものが、少し角度を変えてみてみるとまったく違うものに変わってしまう連城マジック。まさにミステリとしての醍醐味を充分に味合わせてくれます。派手なトリックや緻密なロジックってな事は出て来ません。でも手応え確かなミステリ。

戻り川心中 (ハルキ文庫―連城三紀彦傑作推理コレクション)
連城 三紀彦
角川春樹事務所
¥ 880

▶︎ [司馬遼太郎]大河ドラマと新選組と司馬遼太郎と

NHK大河ドラマ『新選組!』は芳しくない評も聞くけれど割と気には入っている。久しぶりにちゃんと観ようかなと思わせる大河ドラマである事は確かだ。実はかつては毎週日曜の午後八時は正座してチャンネルはNHKへってほど大河ドラマファンだったのだ。

まず何より幕末ものだし。そして、何より新選組だし。特に新選組に思い入れがあるわけではないけど、それでもやはり新選組、なのである。詳しくもないのになんだかその名称だけで妙なオーラを感じちゃうのだ。そこにあるのは滅びの美学か。琴線を揺さぶるものがある。

ただし。やはり香取近藤勇はどうなのかなぁ、とは思うけどね。どうも物足りなさは感じるよ。周りが結構いい線いっていると思うだけに。

新選組で真っ先に思い浮かべるのは望月三起也のコミック『だんだら新撰組』なのだ。望月三起也と言えば『ワイルド7』だけど、そのノリで展開される新選組。新選組のイメージの源かもしれない。

で、『燃えよ剣』(司馬遼太郎/新潮社)を買ってみたり。久しぶりの司馬作品。全作品を読むぞ!と誓ったもののここ最近はご無沙汰しておりまして。思えば、司馬ファンになったのも大河ドラマのおかげだったりするわけです。それはずいぶん昔になるけど『花神』でしたねぇ。メインの原作はタイトル通り『花神』だけれど、ほかにも『世に凄む日々』『十一番目の志士』『峠』が盛り込まれているという贅沢さ。なぜか当時の友達と原作を分担して読もうなんて事になり、私が担当したのは『峠』でした。以来その面白さに引かれて、しばらくは片っ端から読みふけったものです。


2007-03-31[土] 編集

▶︎ [読書] 福家警部補の挨拶/大倉祟裕

福家警部補の挨拶

「刑事コロンボ」の本歌取り。倒叙ミステリ。著者は大のコロンボファン。そして、コロンボ研究の第一人者である町田暁雄の手も加わっている。そんなわけで、頭の先から尻尾までコロンボテイスト満載の一冊。

コロンボ大好きなオレとしては全編ニヤリとしたくなる出来。コロンボにたいする憧憬にあふれてるよな。

その分あまりにもガチガチなので、いくぶん面白みに欠けるという気もする。元が完璧なので、変えようがないってことか。あと忘れちゃならないのが「古畑任三郎」の存在。福家警部補が女性なのはその辺にあるんじゃないかと邪推してみる。

あと、重箱の隅を楊枝でほじくるようなことだけど、「オッカムの剃刀」と「月の雫」の元ネタはアレとアレね。

両方とも本家の方は誰に聞いても上位に入る作品だろうし、おそらく著者もお気に入りなんだろうね。だから、自分でも、と思ったのかどうか。

とてもよく出来ているけど、元ネタを知っているだけに途中でオチに感づいてしまったのはちょっとマイナス点。まぁ、贅沢な悩みだけど。

その点「最後の一冊」はお見事。最後のツメが実にコロンボ的でいいよなぁ。そして、オリジナル度高し。強いて言えば「迷子の兵隊」のバリエーション?ああ「死者のメッセージ」とか。先が見えない展開から、思わぬ証拠が現れるそのラストにしびれた。

もう一つだけ茶々を入れさせていただければ。ちょっと短いかな。もうちょっと分量があっても。どんどんお話が進んでいちゃって、話に色気がない。遊びがないって言いますか。これまた、出来がいいゆえのわがままな感想ではあるんだけど。

福家警部補の挨拶(大倉崇裕/東京創元社)


2008-03-31[月] 編集

▶︎ 春なのに

朝から雨。冬かと思うほどの寒さ。午後になって晴れるも寒さはそのまま。


2014-03-31[月] 最終回 編集

▶︎ 「笑っていいとも!」32年の歴史に幕

今日で、フジテレビの「笑っていいとも!」が終わった。実に32年間、8,054回。高校生の頃からやっていた番組だ。感覚的に言うと、もう物心ついた時にはやっていた番組、と言っていいかも。

もっとも、自分的にはごく初期の頃を見ていたに過ぎない。32年間という時間から見れば、ほとんど見ていない番組だ。それでも、一抹の寂しさを感じるのはあって当たり前と思えるものが消えてしまう寂寥感。変わらない日常の象徴。それが消滅。自分自身のこと考えると、このタイミングでってなんだか複雑な気分。

まぁ、どんなことにも終わりがある。じゃないと次ぎ始まらないからね。最終回でも、最後の挨拶「明日もまた見てくれるかな?」って、深いよな。

昼間レギュラー放送の最終回。久しぶり(?)にオープニングを歌うタモリを見たら、不覚にも涙が出てきてしまった。最後のテレフォンショッキングのゲストは、ビートたけし。明日のお友だち紹介註1で、明石家さんまが電話出演。ある意味ガチな演出かな。

夜はグランドフィナーレ、増刊号。32年の歴史を振り返る、なんて内容じゃなくて、内輪ウケっぽい内容なのがちょっと不満。特に、後半の現レギュラー陣によるタモリさんへの挨拶、なんてのは卑怯だ。それ泣きますって。ああ、泣かせてもらいましたよ。でも、あれを生放送でやっちゃうのは違うような気がするなぁ。まぁ、お疲れさまでした、タモリさんって番組なのね。

前半部分、過去のレギュラー出演。最初は、当然、明石家さんま。話が長くて、途中乱入してくるのがダウンタウンとウッチャンナンチャン。で、そこにまた割って入ってきたのが、とんねるず。いや、この人たちが同じステージに立っているのを見るのは無駄に感動した。これだけでも、見た甲斐はあったと思う内容だ。でも、こんだけのメンツになると仕切る人がいなくてグダグダ感が半端ない。不協和音。せっかくなんだからもっと話を聞きたかったよな。

余談。「笑っていいとも!」は平日のお昼の番組。その時間だと、基本見ることはできない。だから、どちらかというと日曜にやっていた増刊号の方のイメージが強かったりする。初期の頃は嵐山光三郎氏が編集長という役どころで案内役をやっていた。そんなことだから、いいともの司会って嵐山光三郎というイメージもあったりする。番組の最後にまとめみたいな話で、語尾に「R(あ〜る、と発音)」と付けて喋っていたのが印象的。

註1 もう何年も前から、このシステムじゃなくなっているけど


2017-03-31[金] 編集

▶︎ [レシピ]ツナ缶とジャガイモのトマト炒め

ツナ缶とジャガイモのトマト炒め

材料

  • ツナ缶
  • ジャガイモ
  • 玉ねぎ
  • トマト
  • スライスチーズ
  • 塩胡椒
  • クミン、バジル

作り方

  1. フライパンに油を入れスライスした玉ねぎ、細切りにしたジャガイモを炒める
  2. 火が通ったところでツナ缶を加える
  3. ザク切りにしたトマトを加え、塩胡椒で味を整える
  4. 仕上げにスライスチーズを乗せる

▶︎ 人事異動

毎年恒例の人事異動。いつもは、朝の全体ミーティングでやるんだけど、今回はなぜか午後の5時から。当然出られる人のみ。まぁ、こっちのほうがざっくばらんなかんじで、こじんてきにはいい。

今回の移動で、小野さんがいなくなる。