酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-04-16[金] 編集

▶︎ [読書]極限推理コロシアム/矢野龍王

第30回メフィスト賞受賞作。そして、デビュー作にしてドラマ化決定なのだとか。うん、確かにこれは映像向きだと思うよ。変な茶々を入れなければそれなりに面白いドラマになると思うなぁ。

しかし、読んで面白かったかというとこいつが微妙だ。そもそもこの舞台設定が受け入れることが出来るかどうか。意味もなく、ただゲームのために次々と人が殺されるってのは読み進めるにはちとつらい。

ゲームの主催者側についてはいっさい触れられていないので、この嫌悪感の持って行き場がないのだ。やっぱり大嘘でもいいからもっともらしい理由をつけてくれないとさ、「頑張れ主人公! この理不尽なゲームに勝利して主催者を見返してやれ」ってな気持ちにもなれないのだ。どうも最後まで湿気ったおせんべいを食べてる気分だ。

タイトルに謳っているほど推理が展開されるわけでもないので、その辺期待すると肩すかし。最後に解決篇があるけど、あんまり美味しくない。もう少し相手側との情報合戦・駆け引きなんてのがあればなぁ。

事件はひとつだけにして、交渉でいかに真実の情報を手に入れ推理していくか、って展開はどう?なんてことを思うのだった。まぁ、物語の趣旨が違うんだな。要するにこれはパズラーではなくゲーム、なのだ。だから、映像には向いていると思う。

極限推理コロシアム (講談社ノベルス)
矢野 龍王
講談社
¥ 861

▶︎ 春になると…

春になるとアヤシイ、もしくは危ない人が多くなる。

つい先だっても某大学教授が手鏡を使って女子高生のスカートを覗き見して捕まったというニュースが世間を賑わしていたけれど、書店でも万引きに次いでこの手のバカヤロウが結構いるのだ。

先日も店内に挙動不審な人物を発見したわけですよ。女子高生の後を追って、あきらかに足の動きが怪しい。すかさずピンときましたね。非常警報発令。案の定そっと近づいて足下を見ると靴の爪先のところに穴が! どうにも不自然な穴なのですよ。足にカメラを仕込んでるな。こいつはもはや一目瞭然の隠し撮り、盗撮野郎だ!

すかさず捕まえたのだが、不意をつかれて逃げられる。くそっ! こちらも反撃、猛ダッシュの大追跡。逃がしやしないぜ、足には自信があるんだ。頭の中では「太陽にほえろ!」のテーマが(古い)。追っていくうちに、相手もバテてきたのかスピードが鈍ってくる。しめた、こいつは捕まえるのも時間の問題だ。しかし、一向に距離が狭まらない。むしろ、開いていないか? どうなってるんだ・・・。

おー、なんてこったい! こっちの方がもっとバテバテだよ!! 走っているつもりがもはや競歩以下の速さ。オヂサンつくづく体力のなさを感じたよ。

で、結局取り逃がしました・・・、無念です、山さん。

ま、なにわともあれ。女性の皆さん、立ち読みしている時はお気をつけ下さい。無防備状態ですよ。


2007-04-16[月] 雨降りの休日 編集

▶︎ [Movie][Columbo]マリブビーチ殺人事件

新・刑事コロンボの第10エピソード。新シリーズは旧作と全く別物と思えば、腹も立つことはないんだけれども。

ただ、このエピソードに関していえば、評価が低いのは吹き替えのせいにある。特に被害者の姉役。いつも怒鳴りっぱなしで、しかも声を当ててる人がドスの利いた声でとても不愉快。もちろん声優さんに罪があるわけじゃないけれど、あれは正直うんざり。実際がどんな声なのか知らないけどね。

犯人役もどうかなぁ、と。とっても作り物めいちゃうのだよ。どっかで聴いたことがある声だからか。いかにも声当ててますって感じね。これに限らず新シリーズは声優の起用がどうも肌に合わない。こういっちゃなんだけど、下品じゃないか?

無理は承知で言えば、これもコロンボは小池朝雄で、その他の声優も違ったらそこそこ面白いエピソードだと思うんだが。無罪だと思われた犯人が実は……、ってプロットはいいよね。残念ながらそれを活かしきれているとは思えないけれど。最後のツメもいまいちだし。これもまた、旧作好きから見れば、磨きの甘い一編だと言わざるを得ない。

▶︎ Google Custom Search Engineその後

文字コードがEUCだと文字化けするのを何とか出来ないかと調べてみる。で、ここを見つけた。

<input type="hidden" name="ie" value="EUC-JP" />
<input type="hidden" name="oe" value="EUC-JP" />

この二行を追加してやればいいみたい。

が、うまくいかない。ソースを見るとちょっとした違いが。オレが取得したコードは、

action="http://www.google.com/search"

でも、参考にさせていただいたところは、

action="http://www.google.com/cse"

と、最後のところが違う。試しに書き換えてみたら無事に文字化け解消。結果オーライではあるんだけど。いいのかな?まぁ、インデックスされてないから検索しても何も結果が出ないんで、意味ないんだけどね。


2008-04-16[水] 編集

▶︎ やる気なし夫モード

気分乗らず。

今日の昼間はパートさんが二人だけという事態に。が、何とかなってしまうのがなんともはや。

どうでもいいが、閉店間際に忙しくなるのは避けたい。


2009-04-16[木] 編集

▶︎ [バイク][読書]虹色にランドスケープ/熊谷達也

虹色にランドスケープ(熊谷 達也)

バイク乗りにまつわる7つの物語。バイクは出てくるけれど、レースとかの話ではなく、あくまでも主役は人間。それぞれの人間模様。出会いと別れ愛憎の物語。

短編集だと読み始めたら実はすべてが少しずつ重なっていて、関係ないと思っていた話が実は……、ってその構成が実にうまい。第1話のやるせなさをが山葵のようにあとから効いてくるのだ。思わず目頭が熱くなりましたぜ。

決してハッピーエンドということではないんだが、ホッとさせられるのはバイクの魅力なのか。ライダーなら誰しも共感できる、かもしれない。それは走っている時に感じる清々しさと同じもの。走っている時は、良いことも悪いこともなくただ一生懸命だものね。

「年齢がいってもバイクから降りられない人間は、多かれ少なかれ、どうしても埋められない穴ぼこを心に抱えていてね、それを少しでも埋めようとして、バイクに乗り続けているようなものだ」

そんなカッコいい理由で乗っているわけではないんだが、でも病みつきになる魅力があるのだ、バイクには。

読んだ後にバイクに乗りたくなる1冊。

余談。実はこの本ずっと積読状態。買った時には、まさか自分もバイク乗りになるなんて思っても見なかったなぁ。

虹色にランドスケープ(熊谷達也/文藝春秋)»amazon


2010-04-16[金] 編集

▶︎ 季節外れの寒さ

冷たい雨の一日。4月とは思えない寒さだ。最低気温は平年より10度前後の低さ。どうも雪さえ降ったらしい。場合によっては、観測史上最も遅い降雪となりそう。

凍える春、月末まで? 東北、関東甲信で雪も

今日も人手不足気味で、仕事がはかどらない。曜日の関係で、マガジンとサンデーのコミックが同時に出るし。補充は大量だし。どうにか追いついてきたと思ったら、また引き離された気分である。


2011-04-16[土] 編集

▶︎ ノンタンが来た

ノンタン

▶︎ 地震の映像

うちの店では、防犯カメラの画像をパソコンで録画している。しかし、311のあの瞬間の画像は記録されていないようだ。直前までの映像は確認できるんだけれど。やはり停電の影響なんだろうか。


2012-04-16[月] 編集

▶︎ [バイク]駐輪場が満車状態

バイクに乗る。またもや一か月ぶり。いつの間にか、駐輪場が目一杯の状態で、バイクを出すのが億劫に。どう見ても放置してある自転車・スクーターは何とかならんもんかねぇ。そう言えば、いつだったか一斉に撤去したことがあったよな。そうそう、それですっきりしてオレのバイクも止めるスペースができたんだっけ。

エンジンがなかなか始動しなくて焦る。まぁ、バッテリはまだまだ大丈夫なようだけど。が、ちゃんと動かしてやらないとだめだよなぁ。