酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2007-05-07[月] 道尾秀介 編集

▶︎ [読書][道尾秀介]シャドウ

シャドウ (ミステリ・フロンティア)(道尾 秀介)

なるほど、巷の評判は伊達じゃなかった。物語の造りがとてもうまい。さしてドラマチックなことが起こるわけじゃないんだけど、思わせぶりな筆致についつい引き込まれる。

伏線の張りかた、と言うか見せかたがいいんだよなぁ。擬似餌、みたいなもんだ。釣られちまった。いろいろと騙されてね。結構べたな伏線だと思わせて、勘ぐらせておいて。何か裏があるはず、とひねくれて読んでると作者の思うつぼか。

最初はずいぶんとわかりやすいと言うか「単純」だと思っていたんだけどね。ほら、使い古されたと言うかよくあるパターンだな、って。実はそれら全部ミスディレクションでしたって感じ。ラストの展開は予想出来なかったもの。騙しのテクニックはなかなかのもの。

こうなると他のも読みたくなるってもんだ。

シャドウ(道尾秀介/東京創元社)»amazon.co.jp

▶︎ 訃報ソガ隊員

ウルトラセブンでソガ隊員を演じた阿知波信介氏。自殺らしいとのこと。

http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFPkfuln20070507006002/


2009-05-07[木] 銀座へ 編集

▶︎ ミヒャエル・ゾーヴァ展

銀座の松屋へミヒャエル・ゾーヴァ展を見に行く。ドイツの画家。絵本や物語の挿絵を中心とした活動。

例えば、

ちいさなちいさな王様
アクセル ハッケ/Axel Hacke/Michael Sova/那須田 淳/木本 栄/ミヒャエル ゾーヴァ
講談社
¥ 1,365

不思議な絵を描く画家である。夢の中のようなとらえどころのない世界というか。心の中をゾワゾワと引っかき回されるような感覚がある。コミカルでいて、どこか狂気も感じる。うまく表現出来ないのがもどかしい。好きとか嫌いとか言った次元の話じゃないんだよな。もう印象的というしかないのだ。

平日だというのに、結構な人出であった。人気が高いんだろうね。

▶︎ 銀座木村屋

銀座木村屋あんバター

銀座木村屋に初めて立ち寄る。あんパンだけでなく、いろいろな種類のパンがある。が、やはりあんパンが魅力的。特にこのあんバターはなかなかの絶品。あんとホイップバターのコンビネーションが何ともいえない。くど過ぎずさっぱりし過ぎず。ご馳走さまでした。

▶︎ [tDiary]絵日記の拡張は中止

以前に入れたlightbox.rbとimage_ex.rbだが、外すことにした。ほとんどこの機能は使ってないから。特にlightbox.rbは。シンプルに行こうってことで。


2012-05-07[月] 編集

▶︎ 寝て過ごす休日

爽やかに晴れたいいお天気だったが、1日寝て過ごしてしまう。ちょっとお疲れ気味ですかね。バイクに乗るには気持ちよさそうな日和だったんだが。まぁ、今週の木金は連休なので、その時に。と、思って天気予報を見たら、あまり良さそうな天候じゃないなぁ。

竜巻の被害

昨日の竜巻の被害は、想像以上に大きかった。電柱がなぎ倒され、家屋が土台から吹き飛ばされてる。栃木でも昨日突風の被害があったが、それも竜巻によるものと認定されたようだ。