酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2007-06-14[木] ごんごんと風にころがる雲をみた。: 椎名誠 編集

▶︎ [読書][椎名誠]ごんごんと風にころがる雲をみた。/椎名誠

ごんごんと風にころがる雲をみた。 (柏艪舎文芸シリーズ)(椎名 誠)

今までいろいろな媒体で発表されたエッセイをまとめたもの。旅の話から、映画製作の話まで、統一したテーマがあるわけじゃないから少々雑多な印象。文体が微妙に違ってたりするのもそうした感じを強くするのかな。

先日読んだ『ワニのあくびだなめんなよ(椎名 誠)』と重なる話もあって、新鮮味も少々薄かったりね。

もちろんそんなことはどうでもいいことで、また面白い話が聞けたので満足なのであった。

たとえば、マイナス40℃の厳寒の地では焚き火にあたっても暖かくないこと。火というのはそのものずばりが暖かいわけじゃない。暖かいと感じるのは空気が温められるから。マイナス40℃なんて気合いの入った寒さになると、空気も温まらなくなってしまうんだとか。

それから「ナンダカヨクワカラナイモノ」の話。ロシアのホテルで、夜更けに隣の部屋で大変な騒動が起きる。壁をガンガン叩くので、頭に来てこっちも叩き返してやったけどちっとも収まらない。で、朝になって隣を見てみると……。なんと隣には部屋が存在してなかった、ってオチ。やはり「ナンダカヨクワカラナイモノ」はあるのか……。

▶︎ ナンダカヨクワカラナイモノ

我が人生において、オバケとかユーレイとかいった類いの遭遇はない。でも、一度だけ摩訶不思議なものに遭遇したことはある。

あれは二十歳ぐらいの頃。ウスラバカなお仲間たちと発作的に九十九里海岸へ行った。それも真夜中*1

夜中の海岸なんてすることもなく、何とは無しに焚き火大会が始まったのだ*2。火を見ると逆上するのは人間の本能なのか、とにかくでっかい焚き火にするぜとばかり、そこら中から燃やせるものなら何でも持ってきた*3。あれは今までの中で確実に一番大きな焚き火だったなぁ。

で、ここからが本題。夜明け近くまで騒いで、犬吠埼灯台の下の駐車場で仮眠をとることにした。ふと目が覚めると外は明るくなっていて、少し離れた目の前に一台の車が止まっていた。車内からおじさんが出てきて、トランクを開けたのだった。ボーッと見ているとそのおじさん、靴を脱いでトランクの中に入るじゃないの。そしてそのままトランクを閉めちまったのだ。

いや、ビックリ。トランクって中から開けられるの?

もうひとりもそれを目撃しているので、夢とかじゃないことは確か。あれはなんだったんだろう、と今でも疑問。

しばらくは酒の席で必ずその話が出たもんだ。今でもその車はそのまま止まっていて、トランクを開けると白骨死体がぁ!とかね。

*1 大きな声じゃ言えないが、○った勢いで

*2 寒い時期だったし

*3 これも今だから言えるけど、燃やしちゃいけないものも燃やしちまったような……

▶︎ 梅雨入り

関東地方も梅雨入り。今年は全国的に遅いそうで、平年より6日遅れ。少し肌寒い一日。

▶︎ 本日の吃驚

何気なくWikipediaで椎名誠を見てみたら。

本名は渡辺誠、椎名は旧姓で、結婚したときに妻の渡辺一枝の姓に合わせ渡辺姓となった。

それは知らなかった。そうか、「椎名誠」ってペンネームになるのか。

追記

なんてこった。そして、本日が誕生日だったのですね。もう一つビックリ。


2008-06-14[土] 編集

▶︎ 岩手・宮城内陸地震

午前8時43分ごろ。岩手県奥州市と宮城県栗原市で震度6強を観測。


2009-06-14[日] ストレンヂア -無皇刃譚- 編集

▶︎ [Movie]ストレンヂア

やや、これは面白い。こういうハードボイルドな時代劇アニメはもっとあっていいよなぁ。「男と少年の物語」というテーマがまたいい。少年が、実は少女でしたなんてことになったらどうしようと思っていたが。やっぱりカッコいい男が活躍するのが見たいのだ。あ、変な意味じゃなくてね。美少女が活躍するなんて世界はどうも駄目なのだわ。

容赦なく人が死んでいくのも痺れた。全くもって予定調和ではない。いや、ちょっと死に過ぎだと思わなくもないが。まぁ、殺伐とした雰囲気もハードボイルドなのだ。

声が長瀬智也だって。こんな声だったっけ。でもこのぶっきらぼうなところ註1がとても、アウトローな主人公には合ってカッコいい。なかなかやるもんである。

ストレンヂア -無皇刃譚- 通常版 [DVD]

バンダイビジュアル
¥ 980

註1 敢えて下手とは言うまい(追記:もちろん本当に下手くそだなんて思ってない)


2011-06-14[火] iPhoneのRSSアプリiReadG Free 編集

▶︎ [iPhone]いつの間にかiReadGがいい感じに

以前試したときには、いまいちだったiPhoneのRSSアプリ、iReadG Free。iPhoneからは削除していた。その後何度かアップデートがあり、久しぶりに使ってみたんだが、いい感じになっている。

まず、日本語にローカライズされている。まぁ、微妙な訳になっているところもあるんだが、接しやすくなった。めちゃくちゃ遅く感じられた同期も、気にならないレベルに。

iReadGの画面何よりもいいのが、Feedを読んでいくのが爽快なのだ。動作も含めて読みやすい。まず、画面の広さ。無料版は、広告が入るんだが、Feedの一覧リストにしか表示されず、Feedの画面は全画面を使って実に広々。メニューが表示される領域さえない。これは見やすいし読みやすいのだ。

この画面を左にスワイプすると、次のFeedに移る。この動作がなかなか快適なのだ。まるでページを捲る感覚、といったらいいだろうか。見出しだけ見て、パッパと斜め読みしていくというスタイルが小気味いい。その他、上下のスワイプで前後のFeedに移れる。ちなみに右にスワイプするとFeedの一覧、そしてホーム(iReadGの)画面へと。

iReadGのメニューを表示画面を一回タップするとメニューが現れる仕組み。Google Readerで出来ることはひと通りできる。その他、Twitter、Facebook、Evernoteとの連携もできる。ただ、Evernoteだと、タイトルとURLしか送ることができないのがちょっと引っかかるところ。メールで送信すれば、全文を送ることは出来るんだけど、ひと手間かかるのがちょっとだけ残念。RSS Flash gがタップ一つで出来るだけにねぇ。

しかし、読みやすさという点では捨てがたい魅力がある。有料版はメール送信先のアドレスを最初から指定しておけるようなので、Evernoteに送るのも一手間かけなくて済みそうだし。RSS Flash gとどちらを本命にするか。ウーム。

設定註1でまだよくわかってないところがあるのだが、そのなかでも「保留中のアクション」というのが一番の謎。「直ちに送る」ことが出来るんだが、なんのことかちんぷんかんぷん。

註1 「設置」と表示されてるけど、「設定」だよなぁ


2012-06-14[木] 編集

▶︎ [バイク]パンクのあと

今日明日と連休。本来なら本日は大内宿へのツーリングの予定だったが、パンクのあとの様子見で軽く走るのみ。

修理もちゃんと出来てるようで、エア漏れもなし。


2013-06-14[金] 編集

▶︎ 散財

有楽町・銀座方面へ出向く。

丸善の丸の内本店で、本を買う。

巨獣めざめる (上) (ハヤカワ文庫SF)
ジェイムズ・S・A・コーリイ/James S. A. Corey/中原 尚哉
早川書房
¥ 882

巨獣めざめる (下) (ハヤカワ文庫SF)
ジェイムズ・S・A・・コーリイ/James S. A. Corey/中原 尚哉
早川書房
¥ 882

ぼくがいま、死について思うこと
椎名 誠
新潮社
¥ 1,365

密室蒐集家 (ミステリー・リーグ)
大山 誠一郎
原書房
¥ 1,680

前の家の敷金が戻ってきて、今ちょっと小金持なのである。もう少しガッツリ買おうかとも思ったが、そこは小心者なのでこれだけで切り上げた。なんたって未読の本がまだあるしねぇ。

それと、有楽町のLOFTでPORTERのショルダーバッグを購入。実用性だけみれば、もっとお値段の安いものはあるわけなんだが。虚栄心を満たすってことでは、ブランド品は大いに効果がある。そういう意味では買って大満足。ま、お誕生日だしね。無駄遣いしちゃいましょうっでことで。ちなみに、吉田カバンはずいぶん昔にLUGGAGE LABELのものを使っていたよなぁ。