酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-06-19[土] 編集

▶︎ [読書]名探偵 木更津悠也/麻耶雄嵩

デビュー作『翼ある闇』以来の麻耶雄嵩。そんなわけで10年振りに読むわけだ。月日の流れるのは早いね。そもそも『翼ある闇』は私にはどうも付いてゆけないところがあったわけでして。もうほとんど内容は覚えていないけれど、読み終えて「なんじゃこりゃ!」との思いだけは未だにはっきり覚えていたりするのだ。インパクトだけは充分だったんだけど。負の作用だったけれどね。それ以来麻耶雄嵩には近づかないようにしていたのだな。

しかし、それ以後も麻耶雄嵩の評判は高さはあちこちで目にするんだよね。でも、初体験が初体験だったもんでねぇ。三つ子の魂百までも。いや、関係ないですけど。

が、ミステリ読みとしちゃ好き嫌いがあっちゃイカンイカン、とうわけで今回勇気を出して本作を手に取りましたよ。薄いしね。そうしたら、意外なことにそれほどの毒気もなく普通のミステリ。普通というのは語弊があるけどね。おそらく麻耶雄嵩としてはってこと。本作はどれをとってもハイブロウな4編。ああ、めくるめく謎解きの快感。

そうは言ってもある趣向が凝らされているんだけどね。それは、名探偵の名探偵たる所以。要は望むものがいなければ、名探偵は存在できないってことなんでしょうかね。裏を返せば、名探偵の助手の、助手たる所以でもあるわけかな。そして、最大の助手は我々読み手なのでは、なんてことを勘ぐったりしてね。

この中でひとつ選ぶとすれば『禁区』はピカイチ。犯人と被害者の心理の綾を巧みに解きほぐし解決に至るそのロジックには唸るばかり。確かにあの場面で自分が被害者の立場にいたら不自然なものを感じるだろうなぁ。何気ない場面から殺意の痕跡を掬い取る名探偵の慧眼。でも、何を目撃したのかってのは視線を追えば気づきそうなものだけど、じゃない?

ところで、『交換殺人』の最後で香月は何を期待してなんだろう。うーむ。

本作は単独でも充分すぎるほど楽しめるけれど、やはり麻耶ワールドを知っている方がより楽しめるであろうことは確かかな。これを機会に読まず嫌いは解消しようかな。

名探偵 木更津悠也 (カッパ・ノベルス)
麻耶 雄嵩
光文社
¥ 860


2007-06-19[火] 編集

▶︎ 渋谷で温泉施設の爆発事故

http://www.shikoku-np.co.jp/national/main/article.aspx?id=20070619000406

なんともまぁ。犠牲になられた方はお気の毒としか言いようがない。事故はどこで起きるかわからないよねぁ。自分が気をつけるだけでは、どうしようもないことも。

それでも、自分で気をつけることが出来ることはしっかりしておかないと、その所為で誰かを傷つけるってこともある。

それにしても、渋谷で温泉ってのは意外だった。

地下1,500メートルから汲み上げてたらしいけど、そんだけ掘ればどこでも温泉は出るの?

温泉 - Wikipedia

温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。

なるほど、温泉というのは必ずしも火山と関係しているものではないんだ。

▶︎ [YouTube]YouTube日本語版

http://jp.youtube.com/

今までも不便は感じてなかったけど、やっぱり見やすいなぁ。トップページの”おすすめ動画”も日本向けになってるってことなのかな。

でも、急にやぼったく見えちゃうのは日本語の宿命なのか(笑)。


2008-06-19[木] 編集

▶︎ [バイク]梅雨の間の晴れ間

千葉ポートタワー

天気予報を見るとしばらく雨マーク。たいして晴れているわけでもないが、乗れる時には走りましょうと、プチツーリング。いや、ツーリングとも言えないか。何たって目的地はすぐそこ、ポートタワーだしね。

コンビナートその1

コンビナートその2

それにしても。早いとこ夏用のジャケットを手に入れないともはや限界だ。


2009-06-19[金] 編集

▶︎ 第109回全米オープンゴルフ

今日は二日目。しかし、昨日は悪天候のためサスペンデッド。今日がファーストラウンド。タイガー・ウッズはちょっと出遅れぎみ。

雨のため、グリーンが軟らかくボールが止まる止まる。実況で全米オープンらしからぬと言っている。バーディの取り合いと言った様相。それはそれで、派手で面白いがギリギリの戦いと言う緊迫感が薄い気もする。

最後までは見ていることは出来ないので、今日はここまで。マイク・ウィアーが4アンダーでトップだ。


2010-06-19[土] 編集

▶︎ サッカーワールドカップ 日本対オランダ

さほどワールドカップに興味はないんだが、今日実家に帰ったらやっていて、ついつい見てしまった。興味がないとはいえ、見れば応援にも力が入る。結果は0-1で負けてしまったけど、どうなんだろう、悪い試合じゃなかったように思えるけれど。

まぁ、勝たなきゃいい試合なんて意味はないだろうけど。チャンスは日本の方が多かったように見えた。しかし、少ないチャンスを確実に物にする力が何よりなんだろうなぁ。

▶︎ 蒸し暑さにめげる

店が新しくなってから、どうも空調の効きが良くない。蒸し暑さに体力を削られる。コミックをシュリンクする機械が近くにあるからなおさら。

お隣さんで、扇風機が格安で売っているので、買おうかどうか迷い中。


2011-06-19[日] 編集

▶︎ [Comic]『桜蘭高校ホスト部』ドラマ化で展開

『戦国姫』コーナーを撤収して、7月からドラマが始まる『桜蘭高校ホスト部』を展開。しかし、13巻が品切れであった。28日に重版の予定。それはともかく、最近はドラマ化してもさほど売上に影響がないんだよなぁ。これはどうでしょう?

桜蘭高校ホスト部(クラブ) (1) (花とゆめCOMICS)
葉鳥 ビスコ
白泉社
¥ 420

▶︎ ついでに『宇宙兄弟』も平積みに

来年映画化される『宇宙兄弟』。まだ早いとは思うものの、ポツポツ売れてきているので思い切って平積み展開。『岳』と『SP』を撤収。ついでに『プラネテス』も宇宙関連ってことで並べてみた。

宇宙兄弟(1) (モーニングKC)
小山 宙哉
講談社
¥ 580

プラネテス(1) (モーニングKC (735))
幸村 誠
講談社
¥ 690