酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2006-06-28[水] 編集

▶︎ [Movie]インサイド・マン

なかなか洒落た映画でした。銀行強盗の完全犯罪。犯罪映画と言えどもダークな部分、重い雰囲気はほとんどなし。むしろ、どちらかと言うと喜劇的な印象。もちろんお笑い映画じゃないけれど、噛み締めるとどこか可笑し味がジワッと出てくるといった感じ。

特にデンゼル・ワシントン。今まで、彼には固いという印象があったけれど、今回はとても碎けたキャラクターで、そう思わせるってのもある。人質の一人が射殺されて怒り狂って走り出す(?)シーンがあるんだけど、何故か笑える。何故といえばこのシーンは台車に乗って引っ張られているんだと思う。要するに直立したままズンズン進むワシントン。これって違和感があって妙におかしい。

他にも思わずニヤリとしてしまうシーンや台詞があって、ああ、これは喜劇だなぁと。

犯人たちの完全犯罪の行方は興味津々だったんだけれど、割とあっけなかったかな。なるほどねぇ、とは思ったけど、完全に騙されたというほどではなくて。ちなみに一番騙された映画といえば『スティング』だ。犯人対警察の頭脳戦を期待するとちょっと違うような。

犯行の真の目的が判るようで判らない。かれらの目当ては、アレだった訳でしょうか。で、もうひとつのアレは、まぁ付録みたいなもの? 犯人の動機の部分は語られない。想像してねってスタンスなので、凡庸な頭の私にはもうひとつ判りづらい。どちらが主なのかでかなり印象が変わりそうだ。

この「付録」みたいなものに絡んでくるのがジョディ・フォスター。事件は犯人、警察との三つ巴の様相。ストーリーとしては面白さをプラスする要素なんだろうけど、やはり私にはどうも未消化な部分。かれらは単なるドロボーさんだったのか?

ただ、この映画は結末が判ってから見ても十分楽しめる映画だと思う。むしろその方が面白いかもしれない。あのシーンにはこんな意味が (例えば途中で人質の入れ替えをするシーンあって、あそこで何かやってるんだけど目的が判らない)、とかこんなところに伏線があったなんてと、一粒で二度美味しい映画かも。

そもそも冒頭のシーン。主犯格のクライブ・オーウェンが「私は銀行を襲う完全犯罪を計画し、そして、実行する」と観客に向けて語るシーン。実はここにオチが隠されていたなんてのは、判った瞬間にうれしくなるよね。最初に見た時には判らないのは当然だけれど、実はそこで答えを示しているなんて演出はいいよなぁ。タイトルってこの辺りからきてるの?

インサイド・マン [DVD]
テレンス・ブランチャード/ブライアン・グレイザー
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
¥ 2,859


2007-06-28[木] 夏の文庫フェア 編集

▶︎ ナツイチオリジナルストラップ

集英社文庫ナツイチオリジナルストラップ

集英社文庫のナツイチ対象作品を買うと付いてくるおまけ。蜂の携帯ストラップ。ハチだけに八種類。


2009-06-28[日] 編集

▶︎ 怒り

人のものを(厳密にはオレのものではないので所有権を強く主張はしないが、広義の意味ではオレのものだろう)、断りなく勝手に捨てられるってのは、許しがたいことであろう。しかも2度目なんだぜ。

怒りの臨界点に達しつつある。


2010-06-28[月] 編集

▶︎ [tDiary]模様替え

現在のデザインもそろそろ飽きてきたので、サイトの模様替え。自作する気力はもうないので、いつものようにここからテーマを選ぶ。夏らしいものということで、"summer_wave"をチョイス。

今回はサイドバーは置かないことに。"summer_wave"は、サイドバーの設置を考慮していないタイプのようなので、それなりに弄らなければならない。もうすっかりCSSなんて忘れてしまったので、それはパス。

もうひとつ。こちらの理由のほうが主なのだが、2カラム以上のデザインより1カラムの方がシンプルで好きだ。サイドバーの内容って、目立つところになくてもいいよね、というのがオレの主張。

ただ、1カラムの問題点は、環境によっては一行の文字数が多すぎてしまうこと。ディズプレイの端から端まで文字が並ぶのは、見づらい。幅を固定するという手もあるんだが、そうすると今度は左右に無駄なスペースが生まれる可能性があって、それもイヤーンな感じ。

その点2カラム以上のスタイルだと、サイドバーで幅調整ができるので、いいといえばいいんだよなぁ。

どの道固定された環境があるわけじゃないので、見え方は人それぞれ。結局のところ自分の好みと見やすさで判断するしかないんだよな。

▶︎ 壊れる

休みなれど、コミック新刊がそれなりにあるので、午前中だけ出る。家と職場が近いというのは、いいのか悪いのか。

出かける前にメガネが壊れるアクシデント。買い替えを検討しなくちゃならないのか。うーむ、それは余計な出費だよなぁ。


2011-06-28[火] 編集

▶︎ 人が足りなくてグッタリ

朝方は雲が多くて涼しかったが、その後太陽のフルパワー。いやぁ、暑いの何の。倉庫に使ってる部屋に入るとげんなりする。まだ、夏本番には早いというのに。

本日は女性誌の発売日。「MORE」とか「with」とか。種類は多い、付録も多い、おまけに重い。なのに、朝4人しか人手がない。全体的にも1日人手が足りていない感じ。その割には売上が悪いし。なんだがぐったりした一日であったことよ。

帰ってビール。寿司が半額になっていたのでそいつも。最近お疲れモードなのか、飲んだあとすぐに寝てしまう。そのあたりの記憶が曖昧。で、夜中に起きる。そのまま寝そびれる。そして寝不足で、酒のんだらバタン。なんて連鎖反応だな。


2013-06-28[金] 編集

▶︎ [Comic]在庫一層

取次の担当Iさん来店。棚卸しに向けて必要だと思われるもの以外は返品していたが、言ったん全部クリアしましょう、ってことに。そんなわけで、今日は一日返品作業。確かに、そのストックは本当に必要かと問われれば、返す言葉がない。何かの時のために、と言っても大概そんな時はないのだ。店に出せないものは、ないものに等しい。昔と違って、なかなか物が入ってこないなんて事もないし。

と言っても、ストックなし註1というのも裸にされたようで、少々心許ない。まぁ、今までがちょっと多すぎたという部分もあるのだが。何れにせよ、現在庫がベースラインになるわけだ。これを増やすってわけにはいかないので、この中でやりくりしていく。ただ増やさないってことなら簡単なんだよなぁ。売り上げを維持、あるいは伸ばしつつとなると大変ではある。

ま、在庫管理は楽にはなるかな。基本棚に出ていなければ、ないってことだから。

このところ万引きが二件。気づいたのが二件ということで他にもあるのかもしれないが。いづれも7,8冊ほどやられた。ちょうど防犯カメラの死角になっていて、犯人の特定はできず。それはともかく、そのうちの一件は青年コミックなんだが、何を盗まれたかわからないというのが何とも。手を抜いている棚なので、そこに何があったか覚えてないんだよなぁ。気を抜かないようにしないと。

帰りは、餃子の王将によってビールとラーメンセット。セットはそこそこのお値段なんだが、ビールを付けると結構なお値段になるな。

註1 まるっきり全部返したわけじゃないが