酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2005-07-04[月] 栗本薫 編集

▶︎ [読書][栗本薫]ぼくらの時代

栗本薫デビュー作にして第24回の江戸川乱歩賞受賞作。1978年のことだから、もう27年も前のことだ。その時は、彼女も弱冠25歳ということもあって、結構話題になったはず。

初期の栗本作品は欠かさずに読んでいた。この後「気持ち」「世界」と続く「ぼくらシリーズ」と伊集院大介シリーズ。当時のお気に入り作家の一人で、新刊が出たら迷わず買っていた。

栗本薫は最初は、「グイン・サーガ」もあったけれど、キッパリとミステリ作家という認識だった。今は当時の雰囲気とはお変わりになってしまったようで、ずいぶんとご無沙汰です。確か最後に読んだのは「天狼星」かな。あのお話は自分の中の伊集院大介というキャラに相容れないような物語で、面白くはあったけれど、そこから先は止まった。

30年も前の作品なので流石に講談社文庫でも落ちてしまったようで、新風舎から復刊。懐かしくて久しぶりに再読。

人気アイドル「あい光彦」の出演する番組の収録中のスタジオで、彼のファンの女子高生が刺殺されるという事件が起こる。続いて局の大道具部屋から発見される女子高生の撲殺死体。二人は親友だったことが判明。大学生のアマチュアバンド『ポーの一族』の薫・信・ヤスヒコは、局でアルバイトをしていたことから事件に関わることに。難航する捜査の最中、『ポーの一族』のもう一人のメンバーが密室で殺される事件が起きて……。

突き詰めると全体的に詰めの甘いところも見られる。アンフェアといえばアンフェア。細かく突っ込めばきりがない。けれども、バリバリの理詰めで読ませるタイプではないのでそんな欠点はそれほど気にはならない。何よりミステリの「いい匂い」が仄かに立ち上るのだ。著書はミステリが好きなんだろうなぁ、ってことがひしひしと伝わってくる。

「だれが?」でも「どうやって?」でもなく「なぜ?」が事件のキーポイントだ。何故事件は起きたのか?

すぐには理解できない、でもとてもセンチメンタルで健気な真相。少女たちはなぜ死ななければならなかったのか。物語と、そして動機に密接にかかわり合うのは「こども」と「おとな」のジェネレーション・ギャップ。いつの間にか変わってしまう価値観。

ところがいまは、ガキがガキであるってことが、自然のままにしといてもらえない。おとなが、ガキあいてに商売しなきゃならんからですよ。

最初に読んだときは「こども」に属していたけれど、今ではしっかり「おとな」側だ。あの頃は「踊らされているんじゃなくて、踊っているんだ」と思い込んでいた。今は、おとなが振り回されているように見えて、実際は逆なんだろうなとしみじみ思う。

30年も前の話だけれど、本質的なことは今も変わっちゃいない。

ぼくらの時代 (新風舎文庫)
栗本 薫
新風舎
¥ 890


2006-07-04[火] G.K.チェスタトン 編集

▶︎ [読書]ブラウン神父の不信

ブラウン神父を主人公とした短編集の第3冊目。

天の矢

見晴らしのいい塔の上で、大富豪が何者かが放った矢によって殺される。誰が何処から放った矢なのか皆目見当がつかず、まさに天から飛来した矢の如し。

人の思い込みを利用したトリック。普通に考えれば、判ってしまうような事でも実に見事にミスリード。

しかしながらそのトリックよりも、結末に注目。物事ってのは見る立場が違えば表裏一体。悪と善も見方によればたちどころに変わってしまう。ここでも人の思い込みを利用。

犬のお告げ

評価の高い一編なのだが、流石に面白い。殺人事件の当日の犬の興味深い行動。容疑者の一人に激しく吠えかかる犬。それは犯人を示す犬のお告げなのか?

ブラウン神父の卓越した洞察力が、「犬のお告げ」の本当の意味を明らかにする。

前半で犬の行動を神秘的に見せて、いかにも犬には何か特殊な能力があるのでは思わさせる。後半ではその行動に実に合理的な解釈を示す。そこから犯人を鮮やかに浮かび上がらせる。この対比が素晴らしいなぁ。

ムーン・クレサントの奇跡

被害者は密室状態の部屋から消え、離れた場所の木の枝に吊るされた状況で発見される。不可能犯罪トリック。

しかしながら、これはかなり有名なトリック。きっとミステリ好きの人ならば、それと知らずに見たり聞いたりした事があるのでは。

私も、このトリックだけは知っていたので途中で気がついた。だからつまらない、なんて事はなく、タネも仕掛けも判っていながら引き込まれてしまう話の面白さ。

それに、思っても見なかった犯人像。これこそ隠し球。かなりの癖玉だけれど。

ダーナウェイ家の呪い

ミステリというより、ホラーっぽいお話。

あまりにも唐突に、ある意味反則的に、謎が解決するけれど、著者も流石にそれは判ってたんでしょう。ブラウン神父の最後の台詞がなんだかいい訳と思えて微笑ましい。

ブラウン神父の不信 (創元推理文庫)
G.K.チェスタトン/中村 保男
東京創元社
¥ 693


2007-07-04[水] ケロロ軍曹 編集

▶︎ [YouTube]勝手に侵略者

ネタがない時はYouTubeでごまかせシリーズ。で、最近のお気に入りつーか、頭の中でぐるぐる回転している曲が、これだっ!

なかなかカッコいいよなぁ。歌が小川直也ってのがなんとも。意外と、なんていうと失礼か、うまいのね。気合いの入り方がカッコいい(笑)。それと岩佐真悠子もなんといいますか、微妙なうまさってところが素敵。

まぁ、ヘタウマな味ってとこか。耳に残るんだよね。

ケロロ軍曹は、やってるとつい見ちまうのであります。前に入院した時は、コミックのお世話になったしな。


2009-07-04[土] 編集

▶︎ 何が正しいのかは難しい

それでも、自分にとって正しいことが一番正しい。もちろん自分"だけ"が正しいなんてことは思ってはいないけれど。


2010-07-04[日] 編集

▶︎ 体調悪し

腰が痛いのはそのままだが、今度は喉まで痛くなってきた。扇風機つけたままで居眠りしたのがよくなかったか。

明日は休みだから、養生しましょう。


2011-07-04[月] 淋しい鞄 編集

▶︎ [Music][YouTube] 風の強い日

1日強い風が吹いた日。うちは、風の抜けがいいのでこんな日は気持ちがいい。夜になると寒いぐらいである。全く冷房いらず。

風に吹かれているというのは、なぜこんなにも気分がイイんだろう。強い風の吹く日は、心の奥がざわめくのだ。

風に吹かれる、というと思い出す曲がある。南こうせつの「淋しい鞄」だ。

 あなたは風の中でも 煙草を吸うのね
 どんな時でも 思い通りのことをするのね

このフレーズが印象的だ。男の悲しみが滲んでいると思うんだよなぁ。

もっとも、実際問題として風が強いと部屋の中が砂だらけになるのが困ったところだが。


2013-07-04[木] 編集

▶︎ 参院選公示

仕事は休み。雨は降らなかったが、一日曇り。どこへも出かけず、サイト弄りをいろいろと。floatで、borderを回り込ませることはできないのか。文字は、float要素を避けるんだが、borderはそのままfloat要素の下に潜り込んでしまう。これを避けるにはどうしたらいいのか。まぁ、marginで避ければいいんだけれど。

参議院選挙の公示日。投票は21日。選挙なんか行っても行かなくても同じじゃないのか、という思いは一向に拭えない。このシステム自体有効なのか。自分が投じた表のに、どれほどの価値があるのか。それでも、投票しないことには始まらない。せめて、全員が投票した結果ということなら、納得はできるよな。