酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2007-07-22[日] The Open 編集

▶︎ ネタなし

人間関係は、いろいろと難しい。どう折り合いをつけるか。あんまり気にしちゃうのも良くねーよな。

▶︎ 第136回全英オープン

制したのはパドレイグ・ハリントン(アイルランド)。

それにしても劇的だった。初日から首位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)が、そのままメジャー初勝利かと思われた。2位とは3打差あったしね。しかし、プレッシャーからなのか3日目までと違いもうひとつといった内容。

そこへ伸ばしてきたのが-3でスタートしたハリントン。14番のパー5ではイーグルを取り17番を終えて、ガルシアに1打差付けての-9。

で、ここからドラマが始まる。18番のハリントンはティショットを右に曲げてクリーク*1にいれてしまう。そこからの第3打が、今度はグリーン手前のクリークへ。結局このホールダブルボギーの-7。「いける!」と思ったのがまさに天国から地獄って感じだったろうなぁ。

対するガルシアは逆転されたものの、大崩れすることなくじっと我慢の展開。最終18番を-8で向かえ、パーなら優勝の場面。しかし、セカンドをグリーン横のバンカーにいれてしまう。パーパットは惜しくもカップに蹴られ痛恨のボギー。そしてハリントンとのプレイオフへ突入するも、勝利の女神はハリントンに微笑んだのだった。

筋書きのないドラマとはいうけど、凄いよなぁ。戦ってる人には申し訳ないけど、こんな面白い演出はしびれる。8年前に同じカーヌスティで行われた全英オープンでも最終18番にドラマが待っていた。今回のも負けず劣らずだ。

見ているこっちが緊張するぐらいなんだから、実際に戦ってる二人の心中はいかほどなのか。あの中で、勝つことは無論のこと普通にプレイするだけでも相当難しいんだろうなぁ。なによりもまずプレッシャーに勝たなければ。気持ちの強さか。ハリントンの18番、あそこはガックリ来ちゃうとこだよね。そこをダブルボギーで抑えたところ。ペナルティを考えなければ、実質パープレイなんだから。そして、14番でイーグルだったのがまた大きかったか。ここでの貯金がここで効いたね。

*1 バリーバーンと言うそうな


2008-07-22[火] 編集

▶︎ [Movie]パールハーバー

ムービープラスにて、『パールハーバー』を観る。

色々噂として批評は聴いていたけど、なるほどね。”娯楽映画”だと思えば、ツッコミを入れるのも野暮だとは思うが、それしにても……。ちょっとご都合主義に過ぎるか。

設定・考証面で史実をかなり脚色しているようで、それはいいにせよ、無理やりねじ曲げてる感が強いのがいけないのでは。実はこんなこともあり得たんだよ、ってことならいいのだけれど。それはウソでしょうと思える場面があってだんだん白ける。

日本がが敵役なのは仕方ないとして、今の時代こんなに敵意むき出しなのはどうなの?とも思うし。日本人としたらあまり観ていて気持ちのいいものではない。

一番ビックリしたのが、タイトルから当然真珠湾攻撃を題材ににした映画だと思っていたら、必ずしもそれがメインじゃないってこと*1。まさかドゥーリトル空襲が描かれるなんて。

これはどうでもいいことだが、零線といえば濃緑色ってイメージがやっぱり強いのか。そういう意味ではそれもありだが、この時点での零線の色は明るい灰色。

なんてことはやはり重箱の隅を楊枝でほじくるようなことで、素直に恋愛映画として観れば面白い映画なのか??

でも、やっぱり『トラ・トラ・トラ!』のほうがオレは好き。

パール・ハーバー 特別版 [DVD](ランダル・ウォレス)

トラ トラ トラ! [DVD]

*1 もちろん盛り上がるところではあるが


2009-07-22[水] 編集

▶︎ 皆既日食

残念ながら皆既日食の今日の空は曇り。日本で観測できる皆既日食は46年ぶりということだったが。まぁ関東では見ることができたとしても、部分食ではあったのだが。

14日に関東では梅雨明けが発表されたが、このところ雨模様である。どうやら戻り梅雨となりそうな雰囲気。


2010-07-22[木] 編集

▶︎ 母を超える

ふと気がつけば、もうすぐ母の年齢を超える。母親の年齢を超えてオレは歳を取っていくのだ。その事自体も十分感慨深いのだが、母と一緒に過ごした時間よりも、母のいない時間の方がはるかに多くなってしまっていることに、多少たじろぐ。

オレにとって母親とはなんだろう。母にとってオレはどうだったんだろう。何もしないまま親子という関係が終わってしまったようで、一抹の寂しさが募る。言われるとおり「孝行をしたい時分に親はなし」なのだ。

それにしても。やはり、苦労をかけてばかりだったような気がして仕方がならない。あたなにとって、ちょっとは自慢できる息子だったんでしょうか。

今の自分を思うと、とても顔向けはできない。遺すべきものが無い。これが一番の親不孝なのかもしれない。

▶︎ 床屋に新兵器登場

いつもの床屋へ行く。夏向きにさっぱりと。

新兵器・肩たたきマシーンが装備されていた。背負う感じで肩に装着。ものすごい勢いで肩叩されるという、現代の驚異のマシーンだ。堪能した。


2011-07-22[金] 編集

▶︎ 心配事はいろいろあれども

今日も過ごしやすい1日。仕事もはかどる。コミックのシュリンクをやっていても、それほど暑さを感じないのがいい。

早上がりなので、おやじさんのところへ顔を出す。ひとまず、元気そうで何より。とはいえ、心配事は色々とある。しばらくは、というよりこの先、今まで以上に様子を見に行かなきゃなのだわ。

▶︎ Togetter

Ustのさったろを見る。Togetterの中の人がゲストに。Togetterのことをちゃんと知る。あれは誰でも簡単に編集できるのね。ちょっと興味が湧いた。

もう一つ興味深いのは、自分のツイートがtogetterされているのが簡単にわかること。オレのも2つばかり引用されていてびっくり。


2013-07-22[月] 編集

▶︎ NTTもクレジット払いに

これで公共料金は全てクレジットか、口座引き落としになったはず。それで、毎月クレジットのポイントは、どのぐらい貯まるかだな。日々の買い物も積極的にクレジットを使っていこうかと。月50ポイント程はいけそうか。

▶︎ レンタカー

27日は、父の三回忌。今回は車を借りて、福島に行く。妹の旦那さんは今回は来ないので、あちらでの足がないからだ。レンタル料金と高速代は、電車代とタクシー代を払うより安上がりかもしれない。二人以上だと、確実にレンタカーの方がお得だよね。

が、久しぶりの車の運転に、ちょっと不安がないでもない。2年以上になるのか。まぁ、バイクに乗ってるからまごつくことはないはずだけど。 ただ、今時の車の操作が大丈夫か、ってことはある。

▶︎ 本日の昼飯

いつものところで。ハンバーグカレー、600円。ちと、ルーが甘めだな、