酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2007-07-23[月] 編集

▶︎ U307を雷撃せよ/ジェフ・エドワーズ

U307を雷撃せよ〈上〉 (文春文庫)(ジェフ エドワーズ/Jeff Edwards/棚橋 志行) U307を雷撃せよ〈下〉 (文春文庫)(ジェフ エドワーズ/Jeff Edwards/棚橋 志行)

エネルギー危機に陥ったドイツが、石油欲しさに中東のテロ支援国家と密約を結ぶ。交換条件は最新鋭の潜水艦。4隻のディーゼル潜水艦が中東へ向かい、英米はそれを阻止する行動に出る。しかし、その戦術を知り尽くしている独潜水艦は、易々とその包囲網を破っていく。ペルシャ湾を舞台に、現代のUボートと米駆逐艦の死闘が繰り広げられる……。

目新しいのが、相手がバリバリ最新鋭の潜水艦。同じレベルのテクノロジーが相対する。しかも昨日までは「敵」じゃなかった相手。そして、現代に蘇るウルフパック、なんてものを勝手に想像したわけですよ。

が、盛り上がらない。著者は元アメリカ海軍の対潜戦特技官だけあって、兵器とか戦闘シーン回りのディティールは迫力がある。んだけど、どうも全体的に中途半端に感ずるのよ。ご都合主義と言いますか。いくらせっぱ詰まったと言え、ドイツがテロ支援国家に最新鋭の潜水艦を4隻も与えるなんて離れ業をとるのかどうか。ドイツ側の描写が全然ないので、納得いかない。当然あるだろう、政治的な解決に向けての折衝なんてこともいっさい描かれない。そう言うディティールがないからどうも嘘っぽく感じちゃうんだよなぁ。

そんなことが必ずしも必要だと思っているわけじゃない。舞台が最前線の現場のみならば、それはそれなんだろうけど、主人公のひとりは合衆国大統領なんだぜ。ドイツ政府と対話するシーンがないなんてさ。おまけに彼は敵が4隻ならばこちらも4隻でなければ米海軍の威信に傷がつく、とまぁトンチンカンな理由で戦力の増強を拒否する始末*1

そのくせ、本編とは全く関係ないと言っていい駐米英国大使館に対する細菌テロの顛末が結構な分量割かれてるし*2、物語の途中に挿入される魚雷に関する考察もほんとに必要なのか*3。潜水艦を指揮する大佐が出てくるけれど、いてもいなくてもいいような存在感でこれまた中途半端な存在。途中スエズ運河をあっさり通っちゃうんだが、ここで何とか出来そうだと思うのは素人浅知恵?

上下2巻だけど、下巻だけでも十分なような。主役艦であるUSSタワーズの視点のみで描かれていればなぁ、と不平たらたらな一冊なのだ。

U307を雷撃せよ〈上〉
U307を雷撃せよ〈下〉

*1 それって、米軍が総力をあげちゃうとドイツ側の分が悪くなるっていう物語上の都合?

*2 一応伏線と言えないこともないんだけど……

*3 ちなみに原題は「魚雷」なので、この辺は著者の思い入れなんだろうね


2008-07-23[水] 編集

▶︎ ハリー・ポッター最終巻発売

遂に完結。ほぼ十年にわたって、ある意味書店を支えてきた作品といってもいいかも知れない。ホントに化け物的な存在である。そんなに面白いのか。こんなに騒がれると、意固地なオレとしてはかえって読みたくなくなるという罠。

まぁ、そんなことはどうでも良くて、売れてくれればいいのである。本日もおかげさまで予想よりも売れたような。やはり最終巻というのが盛り上がる要因になっているか。

それとも声を嗄らしてやった呼び込みが効いたか……って、なわきゃないよな。

何れにせよまだしばらくハリー・ポッター効果が続きますように。


2009-07-23[木] 編集

▶︎ [藤原伊織][読書]名残り火/藤原伊織

久しく積読状態だったがようやく読む。『てのひらの闇』の続編である。相変わらず心を熱くさせる小説だ。カッコいいとはどういうことか。藤原作品に登場する主人公、そして脇役も、がその答えだ。

決して彼らは品行方正の清く正しいヒーローではない。どちらかというと欠点のほうが目立つ存在だろう。能ある鷹は爪を隠す、というのとも違うな。そうか、正直者なんだ。それも「バカ」がつく。彼らの行動原理は正義でも損得勘定ではない。自分に嘘をつかないこと。あの真っ直ぐな生き方が眩しいのだろう。オレは「程々」にしかできない。

ある程度ワンパターンとも言えなくないし、出来過ぎだとも思う。それが少しも嫌みにはならない。物語に引き込まれ、登場人物たちに魅かれる。やはり男の美学といっていい。それは自分に欠けたものだからだろうか。

そんな藤原作品の新作はもう読めない。この喪失感は大きい。まだまだカッコいい男たちに会いたかったよ。

名残り火 (てのひらの闇 (2))
藤原 伊織
文藝春秋
¥ 1,700


2010-07-23[金] 編集

▶︎ あつい・アツイ・暑い!

いつの間にか梅雨も明け、毎日暑い日がつづいている。夏だから暑いのは仕方ないとして*1、店の中が暑いのはどうにもしんどい。いや、オレの担当する場所が暑いのだ。

まず熱源が多い。レジとパソコン2台にコミックのシュリンカー。いずれもガシガシ熱を発している。そして空調の効きが悪い。もう常に脱水症状との戦いを呈している。もうこんだけ熱いと何もする気が起こらないし、集中力も激減。

この暑さに、お隣へ扇風機を物色に行った。ちょっと前に980円で売ってたんだけど、今は5,000円以上のものしかない。ごく簡単なものでいいんだけど、あまり品もがない。エアコンはいっぱいあるのになぁ。扇風機も夏本番で売れて品切れってことなのか。

まだ暑い時期は続く。何か対策を取らないとなぁ。

*1 それでも昔に比べると殺人的な暑さのような気がする

▶︎ [Comic]ヤマシタトモコはいいかもしんない

先日のコミックの新刊で『ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)(ヤマシタ トモコ)』というのがあって、なんとなく惹かれるものがあって読んでみたら、これがあたり。

女子高生がとある事情で親戚の家に居候することになったのだが、その家に住むのは31歳の独身男性。しかも裸族。家にいる間は素っ裸なのである。そんな二人の関係をコメディタッチで描くコミック。

基本は少女コミックなんだろうけど、これ男が読んでも面白い。サバサバしたノリが結構男っぽく感じる。笑える変態ギャグマンガプラス恋愛系といいますか。もともとボーイズラブ系を描いているということで、そのあたりもあまり女の子チックじゃない理由なのかもしれない。

ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)
ヤマシタ トモコ
リブレ出版
¥ 630

なんてことを思っていたら本日の新刊が『BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)(ヤマシタ トモコ)』。これはアフタヌーンに連載中。ああ、やっぱり女子向けだけというわけじゃなかったんだね。絵柄もわりと男っぽいしね。

BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)
ヤマシタ トモコ
講談社
¥ 580

そうそう小林じんこの雰囲気に近いものを感じるんだよね。男が読んでも面白い少女漫画の雰囲気ってことでさ。『風呂上がりの夜空に』は、未だに大傑作なコミックだと思う。

それはさておき。ヤマシタトモコは、今月は祥伝社からも『HER(Feelコミックス)(ヤマシタ トモコ)』という新刊が出ている。で、どれもきちんと売れているのだ。

HER(Feelコミックス)
ヤマシタ トモコ
祥伝社
¥ 680

ヤマシタトモコ、ちょっと注目かもしれない。


2011-07-23[土] 編集

▶︎ 秋を思わせる

今日も涼しい。しかし、この涼しさも今日までで、日曜からまた暑さが復活する予報。

今年はツール・ド・フランスを一度も観ずに終わってしまいそうだ。今回は混戦模様で、盛り上がっているようだが。


2013-07-23[火] 編集

▶︎ 右足の状態

ほとんど回復したと言っていいか。まだ若干踝に腫れが残っている感じではあるが。後、肌の色も悪い。歩くのには支障なし。立ち上がるときなど、膝に力が掛かったときに痛むが、それは前からのことだしなぁ。

▶︎ エアコンいらず

エアコンは必要ない、という結論でいいか。不快なほどの暑さ、がない。扇風機を回しておけば、快適である。夜なんて、窓を閉め切ったままだが、寝苦しい夜は今のところない。周りの環境のせいなのか。とにかく、酷暑という状態ではない。ふつうに暑いだけ。夏なんだから、それは当たり前だよね。エアコンに頼りすぎなんだよ。