酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2005-08-08[月] 編集

▶︎ ミッドウェイの刺客/池上司

1942年6月、太平洋戦争のターニングポイントとも言えるミッドウェイ海戦。ミッドウェイ島の攻略と米空母の壊滅を目指した日本海軍であったが、参加した4隻の空母を全て失う大敗を喫する。米海軍に対してはヨークタウンを大破するのみ。その傷ついた米空母ヨークタウンにとどめを刺すべく忍び寄る潜水艦伊168。史実に基づいたフィクション。

池上司はデビュー作の『雷撃震度十九・五』以来。こちらも実際にあった米巡洋艦インディアナポリスを撃沈した伊58潜を題材にした物語。潜水艦にまつわるお話は無条件に弱いので、見つけたときは飛びついて読んだ。が、なんだかもうひとつだったんだよなぁ。どこか不完全燃焼。そんなことがあるんで多少の不安を抱きつつも、手に取ってみた。

期待していた程盛り上がらず。

緊迫感があまり感じられないのだ。物語の展開があまりドラマティックじゃないせいか。そもそも最初に受けた任務はミッドウェイ島付近の哨戒という、敵艦を撃沈するのが華だと思う乗組員にはえらく不評な任務。ただひたすら目立たず見つからず、息を潜めて偵察するという地味なお仕事。冒険といった要素とはかけ離れている。

そして急遽舞い込んできた、本日のメインイベントであるヨークタウンの攻 撃なんだけれども、割りとあっさりヨークタウンを撃沈しちゃうんだな、これが。そんなことから、困難を乗り越えて任務達成!という気分があまり湧かないのだ。

潜水艦を巡る物語特有の、見えない相手に対する駆け引き、というかゲーム性みたいなところがない。手に汗握る攻防って感じじゃないなぁ。伊168側の視点しかないって事と、やはり史実を元にしている以上あまり突飛な展開に出来ないってこともあるのかな。

ミッドウェイ島への砲撃から、その後の哨戒艇との戦闘(これはオリジナル設定?)が、もっとワクワクしたものだったらと思うんだけれど。どうせなら、もっとアクロバティックな展開でも良いのではないかと、思うわけでありますね。

ミッドウェイの刺客(池上司/文藝春秋) icon


2007-08-08[水] 編集

▶︎ [Apple][Mac]新しいiMacが出たけれど

アップル - iMac

正直に言えばがっかり。先代のiMacをアルミニウムの筐体にしただけのデザインじゃん。このデザインはあまり好きでは無い。アップルはMacに対して力入れてないのかね。

いや、別に形なんてどうでもいいと言えばいいわけよ。でも、そこに欲しくなる形が以前のMacにはあった。言葉は悪いけど、自分の使い道で言えばWindowsでも全然構わないわけで。形だけでなら尚いっそうそう思うよ。何だかつまらないよなぁ。

それだったら、Cubeを復活させてくれないかね。散々ケチが付いて、アップルの黒歴史とも言うべき機体だけど、あれは良かった。コンパクトで少しも大袈裟じゃない筐体だけど、実に存在感がある。そしてなんと言ってもファンレスの静かさ。ほんとに言いマシンだったんだけどなぁ。

もしくは現在使っている2代目のiMac。こいつもなかなかキュートなヤツであります。ある意味ヘンテコリンなヤツでもあるし。創ってるほうも遊んでるなと思わせるようなのがいいよね。

アップル - キーボード

新しいキーボードはちょっと心動かされる。何だか使いづらそうで、実用的にはどうなのとは思うけど、カッコだけはいい(笑)。本体もこのノリがあったらなぁ。

▶︎ 本日の新刊&お買い物

敗北への凱旋 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)(連城 三紀彦)

講談社ノベルス25周年記念企画で綾辻・有栖川 復刊セレクション」というものの第1弾。ほかには『急行エトロフ殺人事件/辻真先』、『狂い壁狂い窓/竹本建治』。

こちらでラインナップを見てみると、意外な感じが。復刊なんていうと古い作品と言う印象だけど、結構知っているつーか、読んだよこれ、という作品がチラホラ。まぁ、実際古い作品ってことなわけだが。でも、そんな前じゃなかったような気がするよなぁ(笑)。


2010-08-08[日] 編集

▶︎ 久しぶりに海外作品を

本日の入手品。

エコー・パーク(上) (講談社文庫)
マイクル・コナリー/古沢 嘉通
講談社
¥ 800

エコー・パーク(下) (講談社文庫)
マイクル・コナリー/古沢 嘉通
講談社
¥ 800

先日の飲み会でも、とある版元さんが、海外文学が売れないと嘆いていた。それだけ国内作品が充実している、ってことなのかどうか。

直接関係ないかもしれないが、テレビも一昔前はゴールデンタイムに海外ドラマをやっていたりしたけど、今はそんなこともない。舶来品というだけで、ありがたかったということはあったのかも。

だから海外文学ももういらないというのもねぇ。面白いものは古今東西を問わず読みたいわけであるし。日本語という閉じた世界の問題でもあるんだろうか。


2011-08-08[月] 編集

▶︎ [tDiary]socialbutton.jsをちょっと改造

socialbutton.rbを使わせてもらっている。しかし、左揃えで表示されてしまうのが、どうも居心地悪い。右揃えにできないものかと、ソースを見てみる。

実際にボタンを表示するのはsocialbutton.jsのようである。どうやら、各ボタンをfloatを使って一列に整列させている。

そこで、98行目の

.css("float", "left")

.css("float", "right")

にした。これで一応右揃へに。