酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2005-08-19[金] 編集

▶︎ [読書]天使のナイフ/薬丸岳

桧山貴志の妻祥子は殺された。僅か13歳の少年たちに。少年法の保護のもとで罰せられる事のない彼等に対する桧山の行き場のない憤り。「国家が罰を与えないなら、自分の手で犯人を殺してやりたい」ーー 4年後。犯人の少年の一人が何者かに殺害される。再び事件と向き合う事になる桧山の前に明かされてゆく真実とは……。

第51回の江戸川乱歩賞受賞作。少年犯罪というテーマに始り、そして収束していくプロットはとても重厚で、既に10年選手の風格といったものを感じさせる。素直に凄いなぁ、と。乱歩賞って個人的には当たり外れが大きいけれど、これは納得の受賞作。

最初から最後まで破綻することもなく、自己満足にも感じられるところもなく、知らず物語の中に否が応でも引きずり込まれる。読み始めたら止まらない。物語の展開も、うねりがあって飽きさせない。

しかし、テーマがテーマだけに読み手の受け取り方も千差万別ではないかと。少年による犯罪はどう対処していけばいいのか。「厳罰」を求めていくのがいいことなのか、「更生」を第一に考えていくのがいいのか。被害者の立場と加害者の立場。この辺りは難しいところだ。

傍観者としては、大人だろうが子供だろうが罪は罪だろう、とは思う。もっとも、そんな事を考えなければならない「現在」を憂うべきなのかもしれない。

ミステリとして最後にちゃんとサプライズをーちょっと後味は悪いけれどーもってきているし、伏線も地味ながらちゃんと押さえられいてとても好印象。それだけに、これでもかというぐらい畳み掛けてくるそのテーマの重さが、純粋にエンターテーメントとして読むときにやや邪魔になるような気もする。ともすれば臭気とも感じられるのだ。そこまでしなくてもとね。だからこそ面白いんだというのも事実でもある。

天使のナイフ
薬丸 岳
講談社
¥ 1,680


2007-08-19[日] 編集

▶︎ 信憑性

  • 夜中に写真を撮ったら窓の外に人影が。それもあり得ない場所。
  • 寝ているときに何者かに首を絞められたことがある。
  • 子供が誰もいないところを指さして「そこにおじちゃんがいるよ」。
  • その家では、昔首を吊った人がいる……。

なんて話を聞くと、考えさせられるよなぁ。

おおこわっ!!


2008-08-19[火] 懐メロ: 桃郷シンデレラ: 愛はポケットの中に 編集

▶︎ [YouTube]検索すれば大概のものは見つかる

遠い昔に聴いた曲。タイトルはもちろんアーティストさえ判らない。覚えているのは歌詞の一部。それでもネット上で検索してみれば、答えが見つかる。小さなことだけど、やっぱり凄いことだわ。

で、その曲と言うのが、

桃郷シンデレラ/タンゴ・ヨーロッパ

よく有線で流れていた曲*1。せつなくなる歌で、オレの好みにドンピシャリだった。歌い方というか声質が好み*2なのだ。YouTubeにもあったので乗っけとこう。

改めて聴くとやっぱりいい曲である。個人的名曲だな、これは。

愛はポケットの中に/華盛開

この曲はずいぶん昔に*3、おそらく一二度しか聴いたことがないはず。なのに覚えていると言う、インパクトの強い曲。こっちは検索しても見つかるかどうか危ぶんでいたけれど、ありましたねぇ。しかもYouTubeにもある。結構ヒットした曲だったのか。

30年近く振りで聴く。記憶の中と比べると、いくぶんかソフトだなぁ(笑)。もっと強烈なイメージがあった。それでもやっぱりなんだか印象的、つーか変。怪しげな雰囲気が、一度聴けば忘れられないでしょ?

*1 84年の曲。でも、オレが聞いたのはもう少しあとのような気が……

*2 何となく太田裕美チック

*3 こちらは81年の曲だった


2010-08-19[木] 柳広司 編集

▶︎ [読書]キング&クイーン

猫洗い

休み。しかし、今日は集英社と白泉社のコミックの新刊が出るので、いつものとおり朝だけ品出し。最近になって、ようやく適正な入荷量になりつつあり、大して苦労せず出せるようになる。希望した入荷数がほぼ叶えられるのはいいんだけど、その分返品の縛りがあって、このへんうまく調整しなきゃならない。

午後は、思い立って猫を洗う。一年ぶりぐらいか。猫にとってはえらい迷惑だろうけど。時折、洗われている猫の写真を見るけど、水に濡れたその姿はやけに細い。半分ぐらいになっちゃてる?って感じ。なんだが、うちの猫はあまり変わらなくて、要するに太りすぎなんでしょうか。

キング&クイーン

さて、『キング&クイーン (100周年書き下ろし)(柳 広司)』読了。ある事件をきっかけにSP(セキュリティポリス)を辞め、今は六本木のバーで働いている冬木安奈註1。そんな彼女にチェスの元世界チャンピオンのアンドリュー・ウォーカーを護って欲しいという依頼が来る。彼はアメリカ合衆国大統領に命を狙われているという。

元SPの安奈がその特殊技術を活かして、敵からアンディーの身を護る、というようなことを期待すると少し違う。そいういった攻防が本編に占める割合はわずか。

アンディーの生い立ちが結構占めていて、チェスが人生において与えた影響の顛末が綴られる。この部分こそがこの物語の核心、いろんな意味で。それは結末まで読めばわかる。意外なオチで物語を締めくくってくれる。正直予想していなかったことなので、うれしい驚き。これって、実は…って書くとネタバレになる。いずれにせよ、タイトルがいい。

ただ、ところどころご都合主義過ぎるのと、あまりにも丸く収まっちゃうラストはどうでしょうね。

キング&クイーン (100周年書き下ろし)
柳 広司
講談社
¥ 1,680

註1 好みとしては、主人公はヒーローであってほしいから男のほうがいいんだよなぁ。憧れの対象としてね


2013-08-19[月] 編集

▶︎ 危なく捕まるとこだった

未払いの家賃を払ってきた1,500円位の延滞金とともに。やれやれ。

稲毛の辺りでネズミ取りに遭遇。下手したら捕まってたかもしれない。直前に、警察官2人が何かの作業をしているのを見つけた。何か嫌な予感がしてふと前を見ると大勢の警察官が。40キロ制限のところ60キロぐらい出していた。あわててスピードを落とす。呼び止められずに済んだが、もしかしてまだ実行してなかったのかもしれない。

いい気になって、スピードを出すのはやめないと。特に前に誰もいないなんて時には。

今夜は暑い天気予報だと、気温が28度もある。蒸し暑い。 この辺では、しばらく雨が降っていない。水不足も深刻になりつつあるようだ。 一雨きてほしいもんだ。

画像の説明画像の説明本日のお買い物。ららぽーとにて。


2016-08-19[金] 編集

▶︎ [iPhone]iPhone復活

表参道のApple Storeで、画面の割れたiPhoneの修理。というか、本体自体に歪みがあるために丸ごと交換ということになった。そんなわけで、かかった時間は10分ほど。2年使って新しいiPhoneが手に入る。まぁ、新しいと言っても型落ちなわけだが。あと、これはまるっきりの新品なのかね?

AppleCareに入ってたお陰で、7,800円で済む。AppleCare自体も値上がりする前の9,400円で契約したから、そこもちょっとお得。

型落ちとは言え、性能的には全く問題ない。もう、頭打ち感があるよね。iPhone7(仮)は、よっぽどのことがない限り、見送り。来年噂されているアニバーサリーモデルに期待。

iPhoneが新しくなって、でもiCloud設定がうまくいかずに、元通りというわけにはいかず。家に帰ってきてから、バックアップから復元することに。LINEは使えないし、電車の時間も調べられないし、で大いに困る。いやぁ、何気に普段の生活はiPhoneに依存してるんだなぁ。

有楽町の東急ハンズで、iPhoneの新しいカバーと画面の保護シートを購入。少なくともあと1年は使うわけだから、保険の意味で。もうAppleCareは、切れちゃうし。

復元できても、パスワード関係はもう一度入れなおさなきゃいけない。これが面倒。忘れてるのとかあったり。