酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-08-20[金] 編集

▶︎ スタイルシートサンプルブック

サイトを作っていく上で、今では避けて通れないのがスタイルシート。とくにWeblogが流行りだしてからはね。デザインを変更するのにCSSを弄るしかないものね。まぁ、テーブルで組んでいるのもありますけど。

しかし、困るのがブラウザによって解釈が違っていたり、バグがあったりすること。なので、CSSの仕様書通りに書いても微妙にずれてくるなんてこともしばしば。おかげで、日夜CSSと格闘するはめになったりするわけなのだ。何かいい本はないかと思ってたところへ新刊として入荷してきたのが本書。

この『スタイルシートサンプルブック』はタイトル通り、サンプルが豊富なのがいいね。特に応用サンプルとして2段組、3段組みレイアウトのサンプルがたくさんあるのは有り難いかも。一口に段組みのレイアウトと言ってもいろいろな方法があるもんだと納得。どれも一長一短があるけど、発想のヒントにはなりそう。

あと便利なのが、ブラウザ毎のバグを回避する裏技例。これを見るとやはりWindowsのIEは(も?)ちょっと問題ありなのね。対処例が一番多いんだからさ。

そんなわけで、CSSでお悩みの方には一冊あるといいかもしれない本書。ただし、入門書って感じではないから初めての一冊ってことではお薦めできないけれど。

スタイルシートサンプルブック
大藤 幹
ソシム
¥ 1,995


2007-08-20[月] 永遠の0 編集

▶︎ 永遠の0/百田尚樹

自分たちの本当の祖父・宮部久蔵は太平洋戦争で亡くなっていた。それも特攻隊員として。慶子・健太郎の姉弟は元戦友を訪れ、祖父のことを調べ始める。

icon iconそこで知る祖父の姿は天才的な腕を持つ零式艦上戦闘機・ゼロ戦のパイロットであり、妻と子の写真を常に携帯し、必ず生きて帰ることを願っていた。戦友たちはそんな彼の命を惜しむかのような姿から「憶病者」と軽蔑もしていたのだった。生への執着を見せた祖父は最後になぜ特攻に志願したのか。姉弟はやがて驚くべく事実に遭遇する。

物語は宮部久蔵を知る人を訪ねて話を聞く繰り返しで進んでゆく。戦争体験談集を読んでいる感じ。が、ミステリとしても読める一冊。伏線がちゃんとあり最後にホロリとさせられるオチが*1待ってる。優し過ぎた男の悲劇と奇跡。そして、ゼロ戦の栄光と衰退の物語。

戦友たちの話は戦史にまで話は及ぶ。でもとても読み易いので、太平洋戦争入門ということで読むにも最適かも。あの当時どんなことが起こっていたのか。最初に読む一冊としてはお勧めだ。戦後も60年以上経って、日本が戦争をしていた記憶は薄れつつある。頭で知ってるだけじゃなく、多少なりとも知ること感じるってことは必要じゃないか。そういう意味でもこの本のように「おもしろく」読めてしまえるんだからぜひ手に取ってもらいたいと思う。

永遠の0 (ゼロ)
百田 尚樹
太田出版
¥ 1,680

永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社
¥ 920

*1 ドンデン返しとまではいかないけれど


2008-08-20[水] 編集

▶︎ 集中豪雨

これほどまでの大雨に遭遇したことはない。家の回りで踝ぐらいまで水没するほど。まさにスコールだ。あのまま降り続けたらどうなっていたことか。コンクリートで覆われた場所は水はけが悪い。



2010-08-20[金] 編集

▶︎ 猛暑は多少改善されるか

うちの店は冷房が全然効かないということを以前書いた。SCにクレームをつけたら、ようやく改善されそうな雰囲気である。対応によっては、この夏はもう無理かもしれないが。

それにしても、前の店舗の時はどうだったのかっていう疑問が残る。前が問題ないのなら、改装工事の時に何か手違いがあったってことなのか。いずれにせよ「ああ、確かに暑いね」って台詞はちょっと無責任だよなぁ。

本日夏の高校野球の準決勝。千葉代表の成田高校は惜しくも東海大相模高に敗れる。もうオレは全然興味がないけど、周りは結構騒いでいた。まぁ、千葉代表としては、久しぶりに勝ち進んでいったってことか。最後に優勝したのはどこだっけ。ちょっと前は、千葉県は結構強かったよあなぁ。


2012-08-20[月] 編集

▶︎ [バイク]バイクの故障

走っている途中で、バイクのエンジンが止まるというアクシデントが発生。どうしようもなく、ロードサービスを呼んだ。

今度の東北ツーリングのために、レインウェアを買いにライコランドの千葉湾岸店に向かった。しかし、そこは少し前に閉店したとのこと。これがケチのつき始め。ほかの店でもいいんだが、2,000円分の割引券がある。となると選択はふたつで、東雲店か柏店か。その時点でもう4時を過ぎていたので、今日は止めようかと思ったが、柏店に行ってみることに。東雲店は行ったことがあるからね。

買い物を済ませ、店を出てすぐのこと。エンジンがパワーダウン。最初ガス欠だと思った。まさにそんな感じでエンジンが止まったのだ。走り出す前にGSに寄って給油はしたんだが、何を思ったか1,000円分しか入れてなかった。で、先日のツーリングの帰りに、ガソリンの残りが厳しそうなのでリザーブにした。 どうもそのまま乗ってたようで。だからいきなりガス欠になったんじゃなかろうか、とその時は思ったのだ。

ラッキーなことに、止まったところのすぐそばにGSがあった。容器をお借りしてガソリンを入れる。するとエンジン復活。近くにコンビニもあったので、そこで一服。いやぁ、よかったよかった、すぐそばにGSがあるなんて、なんてツイているのオレ、とその時は思ったのだ。

一件落着、さあ帰ろうと走り始めてしばらくするとまた同じ症状で停止。国道16号の折立の交差点付近。県道280号。これは明らかにガス欠じゃない、何か別の問題だ。そうなればもうお手上げ。結局ロードサービスを呼ぶことに。これ、バイクを買ったときに勧められたやつでクレジットカードについてくるサービス。ただ、運んでくれるだけのサービスだけど、作っておいて良かったよ。

待つことしばし、救助隊がやってくる。感じがいいお兄さんで安心する。そうそう、電話のオペレーターのお姉さんも感じが良かったなぁ。こういう状態の時は、それが何より。で、バイクをどこの運ぶか。買ったショップが一番なんだが、もう営業時間は過ぎている。仕方ないので、いったんバイクは預かってもらって、明日ショップに運んでもらうことに。

バイクをロードサービスに預けてからまた一苦労。そこからは自力で帰らなきゃならない。iPhoneで確認すると、幸いなことにここから3キロほどのところに北総線の西白井駅がある。30分ほど歩く。

もうすぐ駅という交差点で信号待ちをしているときに、目の前で事故が。車3台の玉突き事故。おそらく先頭の車はGSに入ろうとしていったん停車してたんだろう。その後ろに車がいて、3台目がその車に追突。ものの見事に玉突きとなった。目の前数メートルの出来事なので、驚いたよ。何か大変な一日である。

北総線の西白井から、何も考えずに、切符を買ったけど、ちょっと失敗。京成線経由だと高砂まで行かなきゃならない。大回り。西白井の次は新鎌ヶ谷で、そこからは新京成経由で帰ってくれば良かったんだな。と気づくも後の祭り。

そして、ここでまた悪いことを思いつく。バイクショップは明日あさっては連休だと言うこと。バイクを持っていけるのは早くても23日か。ツーリングの一週間前だよ。ウーム、計画に暗雲が立ちこめて来た。

結局帰宅したのが23時。ちょっと買い物のつもりがこんな一日になるなんて。


2013-08-20[火] 編集

▶︎ 親指の痛み再び

右手の親指の付け根がまた痛む。まだ、腫れるようなことはないけれど。


2016-08-20[土] 編集

▶︎ 再びの膝痛

昨日から、左膝に痛みが。またいつものやつって感じですかね。

▶︎ 間が悪い時は徹底的に間が悪い

本日、Hさんが急に休みで3人。物多し。おまけに、膝の痛みが増してきて、最悪。

おまけに、もしかするとしばらく休むかもしれない。肺炎らしい。となると、来週は2人という恐ろしいことに。

やれやれだぜ。とりあえず、膝の痛みだけでも退いてくれれば。

▶︎ 激闘 4時間

今日はGSの日なので4時間ほどもかかった。3人じゃしんど過ぎる。前回の時も3人だったよなぁ、確か。