酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-09-05[日] Belle-Vue Kriek 編集

▶︎ [Columbo]パイルD-3の壁/刑事コロンボ

SUPER CHANNELで見る。第一シーズンのフィナーレを飾る本作。この時点では第二シーズンなんて白紙の状態であり、一応最終回を意識した物になっているとか。ラストシーンで警部が葉巻を捨てるのがその表れと言えるのかな。

また、唯一ピーター・フォークの監督作としても特別な位置にあるのだ。フォークが監督を希望して、お偉いさんたちと揉めたってのは、知る人ぞ知るエピソード。撮影の途中でストライキを起こして家に帰っちゃったんだとか。そんな苦労の甲斐もあって(?)出来上がった一編。

※以下ネタばれ気味です※

しかし、個人的にはイマイチの感想。パイルを掘り返してまでもっていう、犯人にお付き合いする必然性が薄く感じるのが難点。あんな大掛かりなことをせずとも地道に死体を探した方がよろしいのでは、なんて余計なことを思っちまうのであった。だって、割とあからさまなところに隠していたわけなんだし。まぁ、そんなことを言ったら始らないよってなことなんだけど。

コロンボが言うように、いかにも掘り返してくれと言わんばかりの態度は、こっちにしても要するにそこには隠していないわけだと深読みできちゃうし。犯人余裕があり過ぎだよ。あそこでもう少しこっちも騙されたら、もっと最後のオチが効いてくるように思えるんだけどねぇ。

もっともそう感じるのは、結末を知っているが故なのかも。

でも、犯人の動機としては殺人事件として成立させたくないという点があり、永久に見つからない場所へ隠しちまえ!という犯行計画、プロットは実に壮大でお見事だと思うのであります。

▶︎ [ビールの話]ベルビュー・クリーク

ベルビュー・クリーク

本日の一杯。

今宵はランビックスタイルのビールを。ランビックはベルギーのビール。その特徴としては、野生酵母による自然発酵のビールだってこと。ビールの原形だね。人の手によって酵母を入れるのではなく、外気に触れさせて浮遊する酵母を取り込んで発酵させるんだ。普通のビールが、雑菌が入らないように外気に触れさせないのとは逆。

だから、ランビックの醸造所は理想的な酵母菌だけが入るように気を使ってるんだ。掃除なんて御法度。醸造所は蜘蛛の巣だらけなんだそうだけど、それは雑菌を運んでくるショウジョウバエ退治のためなんだそうだよ。蜘蛛は用心棒ってわけだね。

それから普通のビールと違う点として、時間をかけて熟成させる点。2〜3年、ものによってはもっと時間をかけた物もあるらしいよ。ビールは出来立てが一番、なんてのからすれば、これまた逆だね。

そして、酸化防止のために大量にホップを使うのも特徴かな。ただ、それだけ大量にポップを使っちゃうと苦みも増してしまうから、3年以上寝かせて苦みの成分が薄れた古いポップを使うんだ。

そして、本日のビール”ベルビュー・クリーク”は、2〜3年熟成させたランビックにサクランボをつけ込み、さらに半年自然発酵させたビール。コルクで栓がしてあるんだけど、あけるときシャンパンと同じで慎重に。

ベルビュー・クリーク

写真では真っ黒に見えちゃうけど、色は濃いチェーリーレッドといったところかな。そして薄いピンク色の泡。見た目はビールに思えないかも。飲んでみてもビックリ。ランビックは酸っぱいビールなのだ。このクリークは付け加えてサクランボの風味。ほのかに甘酸っぱいビールなんて。普段飲んでるビールと比べれば「これもビールなのかっ!」って驚くよ、きっと。

もっとも、その奥にあるのはやっぱりビールの味。その絶妙なバランス具合は、私的には病み付きになりそうな一杯。けど、何杯も飲むってのにはむいてないかもなぁ。軽く一杯って時にはこいつがいいかも。午後のデザート代わりにこの一杯。

ちなみに、ランビックは麦芽にしない小麦を30%以上使うように定められているそうなんだ。このビールも麦芽含有率が48.9%。ってことで、日本では酒税法の関係から扱いは“発泡酒”ってことになるんだよねぇ。


2007-09-05[水] 編集

▶︎ 台風接近中

台風6号が近づいている。6日の夜には関東か東海地方に上陸する恐れあり。

そのためか、今日一日は未明から断続的に強い雨が降った。時折陽もさすという忙しいお天気。今日は毎年恒例のアレの日だったんだが、参加した人は大変だっただろう。


2008-09-05[金] 編集

▶︎ 久し振りの宴

宴

軽く。なので、少々飲み足りず。


2010-09-05[日] 編集

▶︎ [tDiary]全文検索

サイト内の検索はGoogleを使っていたんだけど、最近ちっともインデックスされてないようで、検索結果がかなりいい加減なのだ。そこで、ちゃんとした検索機能を導入しようと思い立つ。まぁ、前から思っていたんだけど。

調べるとnamazuとかmsearchとかある。しかし、いろいろと敷居が高い。 そもそも前段階としてsqueeze.rbで、過去の日記をHTML化しようとしたら、レンタルサーバ註1の制約なのか途中で処理が止まってしまう。これを元にインデックスを作成するようなんだが、これも結構パワーを使いそうで、うまくいかない可能性が。うーむ、サーバ移転しようかなとしばし考えこむ。

他に手段はないかと探すと、tdiarysearchというものがある。こちらは設置するだけでオッケーというもの。ただ、上記の二つと違って先にインデックスを作成することはなく、検索のたびに全文検索するというもの。検索の処理に時間がかかるというわけだ。うまく動くかちょっと心配ではあったが、とりあえずやってみる。

参考にしたのは、

特に難しいことはない。パーミッションだけ気をつけること。ちなみに"700"にしてみたけど、特に問題はなさそう。

検索の結果は、やはり時間かがるのがちょっと難点か。その点を抜かせば、満足な結果ではある。まぁ、めったにサイト内検索なんてされないから、これで十分か。この先日記のデータが増えていったらどうなるか。その時はその時で考えよう。

註1 ロリポップじゃ、処理時間が30秒を超えるものは禁止なのだ

▶︎ 歩行者天国

今日は駅前通りが歩行者天国。今回はうちの店も出店することに。オレにお鉢は回ってこないだろうと思いつつ、ちょっとは期待してたんだけど、やっぱり留守番。一応帽子とか用意していたことは内緒だ。

売り上げ自体はたいしたことがなかった模様。まぁ、皆さん暑い中ご苦労さまでした。


2013-09-05[木] 編集

▶︎ [Movie]パシフィック・リム

本来ならば、5・6・7と夏休みで白川郷までキャンプツーリングの予定だった。しかし、毎度のことながら連休取ると天気悪いというジンクス。キャンツーは諦めて、「パシフィック・リム」を観てきた。シネプレックス幕張にて。


2015-09-05[土] 北海道ツーリング2015 七日目 編集

▶︎ さらば北海道

北海道滞在最終日


2016-09-05[月] 編集

▶︎ 天気予報はどこまであてにすべきか

結局、この3連休は事前の予報ほど悪くなかったようで、思い切って行けばよかったと後悔しきり。でもなぁ、降水確率80%とか見れば躊躇するって。

天気予報は信じる信じないの問題じゃなく、あくまで目安。最終的な判断は自分で、とはわかっちゃいるけど、腹ただしい。 この周辺だって、晴れのマークなんかなかったはずなのに、蓋を開けてみれば、土曜の夜に降ったものの、毎日いいお天気。

多少の雨は、覚悟しなきゃキャンプツーリングなんかできないってことか。問題なのは、降水確率じゃなく、降水量か。パラパラ短時間降るぐらいなら気にしない。でもなぁ。車だともう少し敷居が低くなるよな。キャンプするだけなら、車のほうがいいか。

と言っても、もはや買えそうにないし。