酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-09-14[火] 石持浅海 編集

▶︎ [読書][石持浅海]アイルランドの薔薇

舞台はアイルランド。南北アイルランドを統一しようという武装組織NFCの副議長が、スライゴーの宿屋で何者かに殺害される。政治的な理由から警察に通報できない状況で8人の宿泊客は宿屋に閉じ込められることに。しかも、その中には副議長を暗殺するための殺し屋が紛れ込んでいた。果たして殺害者は何者なのか。宿泊客の一人、日本人科学者のフジの推理が真実を解き明かす。

アイルランドは名前は知っているけれど、なじみの薄いところだ。イギリスと何か関係のある国、と言うのが大雑把な認識。それでも何故かアイルランドと口にするとどこか憧憬に似たものを感じるのはどうしてだろう。ギネスとアイリッシュウィスキーのせいかな。

そもそも「イギリス」は正式名称ではないのである。正確にはThe United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」と言うのだそうで。イングランド王国、スコットランド王国、ウェールズ公国、そして北アイルランドの4つの国がまとまったのがイギリスな訳です。ぶっちゃけて言えばイングランドが、他の国を征服した結果出来た国が現在のイギリス。

現在のアイルランドは南北に分かれているわけなんだけど、ごく簡単に言えば、南側はイギリスから独立し、北側はイギリスの支配下に残ったというわけ。そして、北部は英国にとどまり続けるべきだと主張するグループと南北合わせた独立を願うグループの対立によって、過去にテロだとか血なまぐさい事件が多発したのでした。

肝心の感想。ノベルスで出たときにも話題になった通りとても端整なミステリだ。真ん中直球一本勝負って感じ。こちらとしても気持ちよく空振り三振するしかない。一見謎に見えた真相も、実は単純な事実でしかなかった、というのは好み。こうした清く正しく美しいミステリは読んで清々しいよ。

いわゆる“嵐の山荘”ものなんだけれど、その装置としてアイルランド問題を持ってきたというのが斬新。和平交渉をしている最中なので、NFCの副議長が何者かに殺されたなんて公表できない。下手すれば和平交渉に影響しちゃうからね。そのため誰が何の目的で彼を殺したのかを自分たちで探さなければならないということから生まれたクローズドサークル。単に目新しいさを求めているだけではなく、背景をしっかりと生かしている作者の手腕は素晴らしい。

ただ、伏線の殺し屋である”ブッシュミルズ”の扱いがいまひとつだったのが残念。本筋にうまくからんでいたとはいい難いと思うよ。それに、いかんせん登場人物が少ないから、正体がある程度見極めがついちゃうんだよなぁ。

アイルランドの薔薇 (光文社文庫)
石持 浅海
光文社
¥ 580


2007-09-14[金] 編集

▶︎ 低調な日々

最近やる気がないなぁ。かなり自堕落になっている。こんな時は頑張らない。

のがいけないのか。

逃げてちゃいけないのは知ってはいるさ。だとしたら行動あるのみ、でしょ。


2009-09-14[月] 渋滞ツーリング 編集

▶︎ [バイク]秩父ツーリング

晴れ。朝はだいぶ涼しくなってきた。ジャケットを迷ったが、メッシュジャケットを選択。念のためインナーを持っていくことにする。

4時に起きて出発する予定が、7時になってしまった。今回の秩父までのルートは、国道14号ー環七ー青梅街道にするつもりだった。結論から言うと、この時間に出ると全線ほぼ渋滞に巻き込まれて最悪。ノロノロ、小刻みに止まるため、クラッチの操作で早くも左手が悲鳴を上げる羽目に。日中に都内を抜けるルートを取るのは全くの選択ミスであると思い知らされた。

田無のセブンイレブンで休憩。この時点で9時半。渋滞にうんざり。ただ、幸いなのが気候がいいこと。空は青いし、寒くもなく暑くもなく。

青梅からは県道53で名栗渓谷へ。ここはずいぶん前に一度走ったことがある。全然覚えがないけれど。山伏峠の辺りは、細いくねくね道で神経を使う。おまけに後ろにバイクにつかれちゃって。ゆっくり走っていたから追い抜いてくれてよかったんだけど、やはりちゃんと道を譲るしぐさをしないと駄目か。それ以外はほとんど行き交う車バイクはなく、時分のペースで楽に走れた。

国道299に出て、道の駅あしがくぼで休憩。今回で2度目の訪問。それなりに混雑。バイクも5・6台ほど。時間はもう12時である。最初の予定よりだいぶ押している。本来ならそろそろ撤収する時間帯だ。

秩父にでて国道140に入る。その後県道37で道の駅両神温泉薬師の湯を目指す。温泉施設があるそうなので寄っていこうかと。1時に到着。この道の駅がある小鹿野町はバイクで町おこしを行っているところである。駐車場も屋根付きの立派なものが備えてあった。聞くところによるとバイクの駐車場のみという施設もあるとか。

で、一風呂浴びて昼飯にここでの名物わらじカツ丼でも、と思ったのだが何だか気分が盛り上がらないので帰路につく。ウーム、これも渋滞で調子が狂ったせいか。

帰りは国道299を戻り、大泉で外環に乗るルート。のはずが、所沢を過ぎた辺りで道に迷う。いやはや、これは参った。この辺の土地勘は全くない。どっちへ行っていいやら。何とか都道4を見つけて、渋滞していてもいいから来た道を逆に環七で帰ろう、ヤレヤレ。

しかし、そうはあっさりいかないのが本日であった。環七との交差点を見過ごしてそのまま都心へ進入。道はわからないが、自分の方向感覚を頼りに進む。標識に出てくる地名はどれも知っているところだが、改めてその位置間隔を知っているかというと、何とも頼りない。止まって地図を確認しろよ、って話ではあるが。

まぁ、それでも何とかなるものである。都内と抜けて国道14号に。ここまで来ればもう家に帰ったも同然。なんてことを思っていたら最後の最後にやられた。うっかりしていた。そのまま京葉道路に行ってしまった。途中で曲がらなきゃいけないんだよな、本当は。そのまま京葉道路でもよかったんだが、どうしようという気の迷いが命取り。頭の中でチラッと料金のことがあったのも事実。乗り損ねちまった。おかげで余計な遠回り。

ドタバタしながら無事帰還。今日は渋滞して彷徨ったという記憶しかないツーリングであった。


2010-09-14[火] 編集

▶︎ 豪雨と雨漏り

昨日の夜の雷と雨は凄かった。特に雨の降りっぷりときたら。外に出たら溺れるんじゃないかってほど。久しぶりの集中豪雨であった。

今朝、店に行ったら、なんと雨漏り。かなりの数の本がダメになっていた。雨漏りというよりも、屋上の駐車場に通じる出口から浸水してきたようだ。確か、シャッターとかなくてガラス戸の自動ドアだけだもんな。そのせいで、そこに通じているエスカレーターもダメになちゃったようで、使えない始末。

それにしても、どんだけ降ったんだよ、って話だ。