酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2005-09-20[火] 日明恩 編集

▶︎ [読書]埋み火

老人世帯で失火により住人が焼死する火災が続く。どのケースもあまりにも「不幸な偶然」が重なっていることから、実は放火自殺なのではという疑問を大山雄大はもつ。気になるうちに、鍵を握ると思われる人物と出会う。全ては放火自殺なのか、それとも……。

消防士の活躍するお話は昔から好きなのでした。勝手にカッコいい憧れの対象に思っていたのです。しかし、本作の主人公大山雄大には戸惑いました。彼は消防士にはなりたくてなったわけではないのです。だから、熱き消防士魂みたいなものは皆無。消防士を地方公務員という安定した職業としか捉えておらず、さっさと危険な現場から離れて、事務職に移りたいと願っています。

この時点で怯みましたが、だからと言っていい加減なヤツと言うわけでもありません。やるべきことはちゃんとやる。もっともそれは火災現場では手抜きなんてしようものなら、それは自分の命の問題だからということではありますが。それでも、彼はいいヤツです。なんだかんだと言って結局事件に頭を突っ込んでいくのですから。物語の主人公としての資格充分にあり。ただ、台詞はいいとして地の文までかなりくだけた(くだけ過ぎ)ノーテンキな口語体ってのは、読んでいて鬱陶しかったですが。

「人は何のために生きているのか?」

明確に答えられる人なんて、そう多くはないのでは。大多数の人にとってその問いは、ありがたいことに、自然とスルーできることなんでしょう、きっと。とりあえずパスしておいて大丈夫。答えはちゃんとあるし、知っているハズだから。ところが、突然その質問にいやでも答えなければならない瞬間が訪れたら。自分にとっての答えは、実は何処にもないと知った時の絶望。そこから始る炎の連鎖。人の心の痛みを、雄大の体当たりの行動が救っていきます。

減点対象は話のピークが判り辛いのが難点。中盤で事件は一応の決着と見せるのですが、そこで終わっても良かったんでは、と思うその後の展開。間延びしているというか、また別のお話が始ってしまったようで、物語の統一感に欠けるのです。ラストシーンは前作の『鎮火報Fire’s Out』を読んでいないと戸惑いますって。

『め組の大吾』が、面白いって人には(ちょっとキャラクターが違いますが)いいかもしれません。「馬鹿」な雄大の成長を温かく見守ってやってください。ちなみに彼の生きる目的は「世界で初めて馬鹿を直した男」になることです。

埋み火
日明 恩
講談社
¥ 1,890


2007-09-20[木] 編集

▶︎ それにしても残暑が厳しく

今日も何気に暑い日であった。湿度があるからきついね。


2009-09-20[日] 編集

▶︎ 二日酔い気味

夕べはそれほど飲んだつもりはなかったのだが、どうも二日酔いの気分。確実に酒に弱くなってきているのか。ウーム。

今日は朝から"肉体労働*1"があるので憂鬱である。「ウコンの力」が効くという情報を入手。試しに飲んでみたら、これが効いたのか体調回復、気分もだいぶスッキリ。いい情報をありがとうございます、T宮さん。

新人の子にレジを教える。相変わらず下手くそな説明。しかし、以前に経験があるとのことで、ざっくりした説明で事足りたのはありがたい。

*1 ワックス清掃の後片づけ


2010-09-20[月] 編集

▶︎ [読書]ワイオミング生まれの宇宙飛行士/中村融編

宇宙開発というテーマで編まれた日本独自のアンソロジー。

主任設計者/アンディ・ダンカン

ソビエト連邦の実在のロケット開発指導者のセルゲイ・コロリョフを主人公とした改変歴史物。在り得たかもしれないソ連の宇宙開発史。とはいえ、当時のソ連のことなんか全く知らないわけで、どこまでが史実かわからない以上「ノンフィクション」と変わらない。そんなわけで、SFというよりもひとりの男の生きざまを静かに、それでいて熱く描いた作品と読めた。宇宙開発というある意味大それて馬鹿げた夢に、情熱を傾け邁進する男と、彼を信じて共に進む男たち。簡単にいう大馬鹿たちの物語でもある。それだけに気持ちがイイ。人間前を向いて胸張って歩かなくちゃいけないな。

サターン時代/ウィリアム・バートン

アメリカの改変歴史物。スペースシャトルはなく、そのままサターンロケットが使われ続けたら、というお話。こちらは微妙に違う歴史にニヤリと出来る。それにしても、実際にスペースシャトルの退役が決まり、アポロと同じ一世代前のソユーズがまだ現役をつづける現在を思うと感慨深い。あと、ラストは『2001年宇宙の旅』のオマージュにもなってるのかな?

電送連続体/アーサー・C・クラーク&スティーヴィン・バクスター

今度はイギリスが舞台。前二つと違ってこちらは有り得そうもない改変歴史のお話。というのも、時代背景のベースがクラークの短編から採られている。そこでは『スタートレック』などでおなじみの転送技術が確立されているのだ。これは宇宙開発よりは、技術の革新が人類に与えるものは何かという物語でもあるか。今の時代に乗ることができるか。昔はよかった、とつい思っちゃうけどねぇ、ってお話でもある。

上記3つは、露米英のお国柄・雰囲気が、それとなく出ているようで面白い。

月をぼくのポケットに/ジェイムズ・ラヴグローブ

ジュブナイル。子どもの頃、誰しも似たようなことはあったよね。夢は持ち続けなきゃいけないよってことである。

月その六

平行世界を描いた作品。舞台となる世界のひとつが全く宇宙開発が進んでないというのがキモ。そんな世界に紛れ込んでしまった宇宙飛行士の悲哀。また、登場する世界のパワーバランスがそれぞれ違うのが面白い。これまた英米露がそれぞれ宇宙開発の主導を握っているようでね。

献身/エリック・チョイ

火星に降り立った宇宙飛行士たちに襲いかかる危機。彼らを救うのは…。「はやぶさ」の健気さにウルウルきちまった身には、こういう話は弱い。機械を過剰に擬人化して、そこだけ取り上げるのもどうかと思うが、そこはそれ。火星というと「彼」もそうだけど、「スピリット」と「オポチュニティ」を思い出す。いつの日か、迎えに行ってあげられる日が来るといいなぁ。

ワイオミング生まれの宇宙飛行士/アダム=トロイ・カストロ&ジェリイ・オルション

途中で薄々気づいたが、こういうラストは苦手なのよねぇ、嫌いという意味じゃなく。ベタといえばベタだが、グッときちまった。宇宙開発もそうだろうけど、人は失敗、何かを失うことがないと一つ先へ進めないんだろうか。

余談。SFって、どうも真っ先に思いつくのが「スペースファンタジー」だったりするけど、「サイエンスフィクション」だと改めて認識。


2015-09-20[日] 編集

▶︎ シルバーウィーク

今年は、今日から4連休。また、どこかへキャンプツーリングへ行こうかと思ったが、この時期はどこへ行っても混みそう。渋滞なんて勘弁だし、混雑したキャンプ場なんていうのも避けたい。そもそも、今月は北海道ツーリングで散財してしまったので、その辺りでも控えたい。

そんなわけで、今日は一歩も外に出ず引きこもり状態。北海道のツーリングレポートをまとめた。