酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2005-09-27[火] IDEON 編集

▶︎ [Movie]伝説巨神イデオン

放映当初は富野由悠季監督の『ガンダム』の次ということで、こちらもそれなりに期待し力も入って観ていました。しかし、そのギスギスした人間関係に閉口した部分も少なからずあったものです。敵の前にまず味方と争っているようなものでしたから。トーンもひたすら暗かったですし、どんどん救いが無く重くなってゆくストーリー。正直、あの頃は毎週面白いと思って観ていたのか疑問です。毎週欠かさず観ていましたけれど。

今、改めて観るとすごいなと思います。これは傑作かと問われれば、激しく頷くしかない。相変わらず見ていて辛くなる部分もありますが、なんだかひたすら感動してしまいました。

人の背負う業をこれでもかとばかりに容赦なく見せられると、なんだか泣けてくる。誰も憎むことは出来ないし、哀れだとも思えないのです。そればかりか、身勝手である事が愛おしいとさえ思う。形は違えどもあれは自分が持っているエゴでもある、からかな。登場人物たちと自分自身の重なる部分がチクリと心に刺さる。生きていくのは哀しいことなのです。

歳をとり生きていくのは理想だけじゃないってことを、身に沁みて感じるようになったからでしょうか。生きていく事は「仕様がない」ことです。夢を見ることが出来る残り時間はどんどんと少なくなり、否が応でも現実を見つめなければならない。生きるために自ら運命を拓こうと、もがき苦しむ彼等は哀しくも美しく映るのです。

この中で一番心に残るのがギジェ・ザラル。戦えば負け、終いには味方から見捨てられ、最後には同胞と戦う事に。イデに翻弄され続けた人。映画では『発動篇』のオープニングでチラッと出るだけであっという間に死んでしまうのが残念。もう少し華を持たせてあげても……。そしてシェリル。地球人側で一番イデに踊らされたのはこの人でしょう。この二人が引かれ合うのは当然か。

シェリルって女性陣の中では一番「かわいい」人だと再認識。身の丈以上に頑張る姿に手を差し伸べたくなる。次がハルルか。いや、最初観たときには絶対こんなことは思ってなかったはずだ。おお、これも大人の味なのか。

その他の登場人物にしても、その存在の分厚さに驚かされます。全員が主役といってもいい程。名のあるキャラクターは誰もが印象深い。その分明確な主人公がいないため、不安定に感じることもあるけれど、それはそれで見事な群像劇。

それいしても。「イデオン」がある意味雰囲気を壊している、と思うのですけれど。人型合体変形メカってのは、大人の事情によるものなのでしょうけど、もっと相応しいデザインだったらと思う。バッフ・クラン側のメカはどれも魅力的なだけに。

伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 [DVD]
矢立肇/富野由悠季
タキコーポレーション
¥ 10,080


2006-09-27[水] 石持浅海 編集

▶︎ [読書][石持浅海]顔のない敵

対人地雷をモティーフにした6編のミステリ短編集。プラス処女短編作付き。

それにしても対人地雷。「悪魔の兵器」とも呼ばれて、現在人類が抱える悩みのタネのひとつと言ってもいいものかもしれない。兵器である以上地雷もミサイルも爆弾も人を殺傷するという点では何ら変わらない。

ならばなぜ「悪魔の兵器」と呼ばれるのか。

基本的に対人地雷は、人を殺すための兵器ではない。大怪我を負わすことを目的としているのだ。そして、負傷した兵士を手当てするために別の兵士を割かせて兵力をダウンさせる。また、負傷者の姿を見ることによって戦闘可能な兵士の戦意を喪失することも狙っているのだ。戦争そのものは非人道的な所業だけれど、それにしても実に陰湿な兵器ではないか。

おまけに、戦争が終わっても地雷は残されたまま。そして現在は一般の人に多数の犠牲者を出している。地雷を除去しない限り、永久にこの災いからは逃れられない。

日本人にとっての関心度はそれほどじゃないのか。自分自身、自衛隊も地雷を装備していたということを認識してなかった。現在日本は、対人地雷禁止条約を批准してる。けれど、米中ロといった国は批准していないので、有効な条約とは言い難い現実がある。

そんな題材で6編の短編を、しかもどれも趣向が違う、書き上げるってのは恐れ入りましたと言えるかもしれない。この地味さ加減が石持浅海かもしれないとも思うけどね。

少なくとも自分には、願う資格がある。久山はそう考えている。自分は、荒井のトラバサミと真剣に向き合い、たとえ被害がごく微小であっても解決しようと奔走したのだ。それは、地雷問題解決に最も必要な姿勢であるはずだから。

『トラバサミ』p.158

説教臭く「さぁみなさん対人地雷について考えましょう」なんて事はなく、単にミステリとして読んでも短編であるということもあって、切れ味の鋭いものばかり。この人のミステリは実に美しいよなぁ。

それでも、自分の知らなかったことに想いを巡らすチャンスを与えてくれた本でもあるわけだ。何も出来なくとも、知るということは大切、かな?

処女短編作の「暗い箱の中で」

97年の光文社文庫「本格推理⑪」に収録されたもの。6年振りに再読して、これは石持浅海のデビュー作だったのかとびっくり。今でもはっきり覚えていて、それほど最初に読んだ時のインパクトがあったってことだ。

地震で止まったエレベータ内。真っ暗な中で閉じ込められた男女5人。超極小な密室殺人。犯人が限定されるエレベーターの中での犯行の意図は? 最後に行き着く真相の見事さにはホレボレ。いやはや、これは傑作だと思いますぜ。これだけでも読む価値あり。

罪を憎んで人を憎まず、って言う姿勢は石持節なんだろうねぇ。事件の解決が必ずしも後味がいいかって言うと、かなり微妙なところだ。でもねぇ、その辺のところも病み付きになる魅力ではあったりするのだ。

顔のない敵 (カッパ・ノベルス)
石持 浅海
光文社
¥ 900


2007-09-27[木] 編集

▶︎ 予期せぬ出来事

例の計画を実行しようと思ったら。なんとまったく予想だにしなかったことが発生して、頓挫。うーむ。まったくもって自分の手抜かりのせいなのだが。マイッタネ。前途多難なのか。それともやめろと言う思し召しなのか。


2009-09-27[日] 編集

▶︎ [Movie]ロッキー2

ウーム、どうも2匹目のドジョウって感じは否めない。ちょっとあざとさが目に付くとか。1作目と同じテーマ曲に乗ってロードに出るロッキー。すると子どもたちがじゃらじゃら後を着いてくるってのは、ちとやり過ぎなんじゃないの。

とは言え、物語の完結としての後編と見れば、悪くない。1作目、勝たなかったからこそ最高にいいラストになったと思うんだけど、勝っていたらという気持ちもある。そんな気持ちを払拭する。

ここで終わってればね。

ロッキー2 [DVD]
シルベスター・スタローン
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
¥ 1,225

▶︎ 柚子生姜

柚子生姜

勢いで買って見たが。生姜は好きなんだが、飲み物としては駄目だ。生姜に甘さは合わない、ってのが結論。


2010-09-27[月] 休日返上 編集

▶︎ サービス、サービス!

朝から冷たい雨。もう半袖のシャツではちょっと足りない。衣替えをしないと。

休みであるが、いつものごとく品出しに店へ。昨日のこととかあって、「やったろうじゃないの」という気持ちである。出し惜しみはしないことにしよう。そんなに先が長いわけでもないんだし。

休みのサービス出勤やサービス残業は、自分のためにやっているようなものなので、苦にはならない。しかし、あんまり度が過ぎると周りの反応が気になっちゃうしなぁ。帰りづらいとか、もしかしたらあるかもしれないわけで。好きでやってるのが、かえって申し訳なく感じたり。このあたりはホドホドにしておかないと、か。