酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2006-09-29[金] 有栖川有栖 編集

▶︎ [読書][有栖川有栖]絶叫城殺人事件

火村・有栖コンビの館をモティーフにした六編。と言っても、必ずしも『館』が舞台ってわけじゃないけど。

黒鳥亭殺人事件

「推理小説」としてはかなり穴がある。火村の推理は「想像」でしかない。それでもいいのだ、これは。読み終えた後に白と黒のイメージが鮮烈に浮かぶ。無邪気さの罪。

壷中庵殺人事件

ストレートな密室殺人。なので、面白みに欠けるかも、です。

月宮殿殺人事件

闇に浮かぶ月宮殿がこの物語の主役、いろんな意味で。ミステリとしちゃイマイチなんだけど、著者の描く月宮殿のイメージが、こちらにも幻想的に伝わってくる。月明かりのした、不意にそんな建物に出くわしたら鳥肌が立つだろうなぁ。怖さ半分、美しさ半分。

雪華楼殺人事件

これも一種の密室殺人事件、というよりも足跡のない殺人か。一番印象に残る一編。事件の背景にあるものを想うと、切なくなるのだ、オジサンとしては。若いってことは、強さもあるけど、脆いよなぁ。だからこそ、眩しく光って見えるのかもしれない。

紅雨荘殺人事件

全編「紅」のイメージが溢れる一編。犯人の意図。動機の底に実に現実的な感情がある。派手な動機ってものミステリの面白さだけど、さり気なくハッとするのもいい。出来としては、これが一番かな。アリバイを否定する容疑者ってのが面白い。

絶叫城殺人事件

かなり救いのない結末。他のもそうなんだけど、特にこれは。蛇足ながら『絶叫城』というゲームは『クロックタワー』みたいなもんかいな。

著者曰く、それまでは「殺人事件」とつく題名は避けていたそうで。確かにありきたりになりがちではある。しかし、館という同じパターンでも、亭・庵・殿・楼・荘・城と趣向を凝らしていて、目次に並んだ様はなかなか美しい。

絶叫城殺人事件 (新潮文庫)
有栖川 有栖
新潮社
¥ 620


2007-09-29[土] 二輪教習 編集

▶︎ [バイク]二輪の免許を取るぜ

多少の躊躇はある。でも、諦めてるばかりじゃ人生つまらないしね。出来るんであれば、頑張ってみるのは面白いはず。そんなわけで、本日教習所に申し込んできましたぜ。まぁ、とりあえず、しばらくはネタが出来たということで。

それにしても、申し込みはやけにあっさりとしてもので。こっちとして気負い込んでいただけに何だか拍子抜け。教習所も閑散としてたしなぁ。オレがいったときにはバイクはもとより、車も動いてなかったぞ。

車の免許を取りに行ったはもう20年ほど前のことだ。もう断片的にしか覚えていない。でも、結構苦労した覚えはある。さて、今度はどうなることやら。10月中にはなんとしても取りたいもんである。

▶︎ 15年待ったよ、本日の購入

女王国の城 (創元クライム・クラブ)(有栖川 有栖)

手に取ると、改めて感動するね。15年の歳月の重さ。自分の中では、やはり有栖川作品は英都大学ものなのだ。新作をどれほど待ちわびたことか。逆に言えば、読むのが怖いってこともある。いい意味で裏切って欲しいものだ。

それにしても。このタイトルはどうなんだろう。あまり美しさを感じられないんだよなぁ。


2010-09-29[水] 編集

▶︎ 貧乏暇なし

いろいろと忙しい。そんな時に限ってタイミングも悪くて。休憩に出ようとした瞬間に、お客様に声をかけられ。その用事が終わったと思ったら、今度は版元の営業の人に声をかけられて…。

で、今日はプチ会議のようなものがあって、本店から人が来る。どうも売上の芳しくないうちの店の改善計画を話し合うぜ、って簡単にいえばそんなもん。その時間にかかってしまって、休憩と言っても、すかさず飯をかっこんで、そのまま話し合いへ。まぁ、話し合いと言っても、結構雑談になってしまいましたが。

まぁ、しかしいろいろとあって思うようにはいかないものなのよ。船頭多くして船山のぼる、のも問題だけど、そもそも船頭がいないってのはもっと問題だよなぁ。

そんなカンジで、バタバタした一日であったが、売上はさっぱり。ウーム、まさに貧乏ヒマなしである。

そう言えば、本日は『ベルセルク 35 (ジェッツコミックス)(三浦 建太郎)』の発売日。一年ぶりの新刊。当然ながら、全巻の内容は忘れている。明日は『ガラスの仮面』の新刊が出る。こっちも、いろんな意味で凄い。これ完結するんだろうか。