酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-10-12[火] 編集

▶︎ [Movie][横溝正史]映画「悪魔の手毬唄」(ネタバレあり)

もう何も文句の言いようが無い。誰がなんと言おうとも大傑作なのだ。このシリーズでは『犬神家の一族』と甲乙付け難いけが、やはり『悪魔の手毬唄』が最高傑作である。剛の『犬神』柔の『手毬唄』といったところか。

晩秋の(原作は夏だけれど)押さえた色調の映像は、どこか哀愁を帯びていて、凄惨な殺人事件が起きるんだけど美しい。その殺人にしてもおぞましくも、どこか様式美といえるものがある。これ以降の作品だと首が飛んだり手首が飛んだりと結構スプラッターだけど、そんなことの無い淡々とした描写が余計怖い。

この映画のポイントはなんと言っても磯川役の若山富三郎に尽きる。しっとりと落ち着いた雰囲気が画面から滲みだしてくるよう。唯一原作と同じキャラクターの警察関係者として、なんだかホッとするんだよなぁ。加藤武演じるいろいろ別人な(笑)刑事もいいんだけどさ。

金田一と磯川警部が再会するシーンにまずジーンと来る。二人の実に懐かしげな笑顔を見るとなんだか泣けてきちゃう。そして、ラストシーンもいい!原作と同じシーンなんだけど、演出としてはこっちが勝ると思うなぁ。このラストシーンにはこれしか無いでしょ。

そうしてもうひとり、岸恵子。この映画の評でよくみるのが「動機が弱い」という点。確かに冷静になって考えれば、何も人を殺してまでもすることなのか、とは思うよ。ただ、私としては岸恵子を見てるだけで納得してしまったよ。彼女の存在が動機たり得るのだ。彼女の存在感全開。その分何も知らなくても彼女が犯人だと否が応でも気づいちゃいそうだけどね。同じ母親の犯罪でも高峰秀子はなんだかおっかないけど、岸恵子は許しちゃいそうな気がするなぁ。

そして何よりも、原作の味を壊さずにしっかりと映像化している点は見事だと思うよね。原作も大好きな作品なんだけれど、よくぞ2時間半に収めた見事な脚本。でも、先に原作を読んだ上で見た方がいいのかもしれない。とにかく、横溝ワールドが好きな方なら是に見て抱きたい。

まったくの余談だけれども。これ以外のシリーズにも出ていらっしゃる辻萬長さん。今でも当時と少しも変わってないですねぇ。他の方は皆さんお歳をとられているのに。

悪魔の手毬唄 [DVD]

東宝
¥ 4,491


2007-10-12[金] 編集

▶︎ [バイク]わかっちゃいるけど、一本橋

朝一番で教習所へ。今日の課題は一本橋。昨日予想した通り惨敗。悪いところはわかっている、つもり。まずは意識し過ぎ。だから上半身に力が入りすぎ。ガチガチになってれば柔軟にバランスなんてとれっこないのだ。

まず橋に乗ること。乗っちまえば意外と簡単なのだよ*1。幅30センチというのは、案外広いものなのだ。だからまず進入。渡ってる最中はゆっくりだが、橋に乗るまではある程度の速度が必要。そこからクラッチの操作でスピードの加減。細かく動力を伝えるのがコツだろうか。昨日のノックする感じのアクセルワーク。二輪という乗り物はスピードが遅いほど不安定になる。バランスと取るってのも大切だけど、常に動力を与えてやる、ってことも大切か。これが安定する秘訣なのかな。

ともかくだ。一本橋は渡りきることが最優先。脱輪しちゃえばそこでアウトなんだから、7秒以上なんてことはひとまず置くべし。

なんて、わかっちゃいるんだけど出来ない自分にがっかり。まぁ、いいや。じっくり練習するぜ!モードで行きましょう。

とは言え、すぐに乗りたいやね。感覚を忘れないうちに。もっと時間があればいいんだがなぁ。働く身としちゃそうも言ってられないし。普通に働く人よりは、時間的に融通が利いて恵まれてるか。

ちなみに、キャンセル待ちも空きが出ず、本日は1時間だけ。

*1 規定時間で渡りきる、ということを置いておけば


2008-10-12[日] 編集

▶︎ Operaを使ってみる

今更感タップリだがOperaを使ってみた。SafariやFirefoxなんかと一味違う、異質なものを感じる、ウェブブラウザである。微妙に使い勝手に戸惑うのだ。

しばらく使ってみないと何とも言えないが、第一印象として、強いて使うだけの理由が見つからない。設定が細かいってのも、人によってはいいんだろうけど。たとえばフォントの設定も至れり尽くせり。ウェブページの表示はもちろん、ツールバーの文字とかもそれぞれ設定できる。

ただし、日本語の扱いに関しては今一つのところがある。ほんの少し表示がおかしかったり。あと、設定パネルで日本語のフォント名が文字化けしちゃうのもなんともはや。

▶︎ 寝て過ごす休日

昨晩は無駄に夜更かし。4時ぐらいまで起きたいた。そんなことで、今日の大半は寝て過ごしてしまう。せっかくの、久しぶりの日曜休み*1なのに。

そんな今日はF1日本グランプリの決勝であった。昨年に続き富士スピードウェイにて。優勝者はアロンソ。

久しぶりに「怪しい伝説」も見た。新シリーズのようだ。パックンのナレーターは、やはり評判悪かったのか字幕のみ。

*1 とは言え、想定外の休みなのだが


2015-10-12[月] 編集

▶︎ [Apple][Mac][iPad]やはりiPadじゃ役不足?

今年の3月にiPad Airを買った。今使っているMacBookがもう6年落ちで、そろそろ買い換えなきゃと思っていた。買うとしたら、iMacは今となってはデカ過ぎるのでやはりMacBook系統。そう考えるとMacBook Airが一番の候補となる。

しかし、最近の使い方を考えるに、もはやiPadでも十分なんじゃないかと思えてきた。唯一の弱点が長文を入力する作業。そこで、iPad Airとワイヤレスキーボードの組み合わせでなんとかなるんじゃないかと。iPad Air買うより安いってこともあったけれど。

実際その組み合わせで使ってみると、文字入力に関しては楽になった。けれど、なんというか、ちょっとしたところの使い勝手が悪い。基本的に、iPadは単体で使うもので、外付けのキーボードはオプション扱いだからか。どうもこなれてない印象が。それでも、iOS9になりiPad Proの登場で、外付けキーボードを使うってことにも少しフォーカスされてきたような気もする。キーボードショートカットが随分増えて、ある程度のことはキーボードだけでできるようになった。

ただ、iOSの日本語入力環境がまだまだって点が大きい。問題なく使えるレベルではあるけれど、その変換精度は必ずしも満足するものじゃない。そこに来てOSX10.10 El Capitanのライブ変換の快適さを知る。やはりテキスト作成はまだiPadだけでは役不足を感じる。iOSにもライブ変換を、と思うけど、それはパワー不足なんだろうな。

▶︎ [Mac]Karabinerが便利になった

いや、もしかしたら前からかもしれないけど。

KarabinerはMacのキーボードをカスタマイズしてくれるソフト。代表的な使い方だと、USキーボードの左右のコマンドキーを、それぞれ「英数/カナ」キーとして使えるようにしてくれる。これがあると、英数入力と日本語入力が簡単に切り替えれらる。

結構前から、「KeyRemap4MacBook」という名称だった頃から使わせてもらっていた。それで、今までは本来のコマンドキーとして使う場合は、長押しして使わなきゃならなかった。例えばコピーする時には「コマンド」と「C」を同時に押すわけなんだけど、「コマンド」をちょい意識して長めに押しといてやらないと「コマンド」として認識してくれない。

改めて設定を見ると、「コマンドキーの動作を優先モード」というのがある。これだと、長押しする必要がないようだ。これって前からあったモードだったかなぁ。ともかくこれでますます使い勝手が良くなるはずだ。