酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-10-20[水] 黒崎視音 編集

▶︎ [読書]六機の特殊

うひゃー、ガッカリ。というのが正直な感想。ハードなものを期待してたら、何だかやたら軽いのだ。帯に《危機の最前線に立つ精鋭たちの活動をリアルに描く》ってあるけど、正直ウームっていったところ。ありきたりのテレビの刑事ドラマみたいな展開と言うのが正直な感想。それは、全体的に嘘っぽさがどうしてもついて回るからかな。

もちろんフィクションである以上ある意味"嘘”であるのは当然だとしても、"嘘っぽい"ってのはどうでしょうね、と言うのが私の言い分。ようは中途半端に思えるってことなのですね。そしてそれは物語に感情移入できなくなるってことにも。

だいたいだね、現場の警察官でもない女性が体験入門みたいな形で狙撃銃の射撃をしてみたら成績良好で、しかも主人公の隊長に好意を持っちゃったから特殊部隊への配置転換を希望。そうしたら一発で受かっちゃったってのは、どう思います?

ひとそれぞれの好みの問題だと思うけど、私的には頂けませんよ。

日本のS.W.A.T.の活躍はいかに!ってことを期待する向きにはお勧めできないよなぁ。そもそも6話中2話しか本業での活躍がない。ガチガチのハードアクションを期待すると肩すかしだと思うよ。

六機の特殊
黒崎 視音
徳間書店
¥ 1,995


2007-10-20[土] 編集

▶︎ 久しぶりに忙しい土曜日

読み聞かせ会もあったし。それなのにバイトはひとり。おまけに夜はワックスだったし。新戦力の加入を切に願う。どうも慢性的に人手不足だよなぁ。

昨日の事故のこと。時刻表が発売されたすぐの土曜日にいつも買いに来る人がいる。結構名物的な人。で、本日は時刻表の発売日で土曜だ。それなのにその人がこない。もしかして、昨日事故に遭われた人は……。なんてことはないだろうけどね。今日のプチネタ。


2008-10-20[月] 編集

▶︎ [tDiary]tDiary2.3.1リリース

tDiary2.3.1がリリースされた。もっともこれは開発版である。安定版と違い思わぬ罠が待ち受けているかもしれない。そんなわけですぐに飛びつかなくてもいいのだが、何といっても新しい物好きな性分なのでほっとけない。

今回の目玉は文字コードがEUC-JPからUTF-8に変更になったことだ。何やらインストールも大変そうだが、そんなことは一切なかった。今まで通り、ダウンロードした新しいファイルを、サーバに上書きするだけ。一応バックアップは取ったけれど。

ただ、最初はエラーが表示された。プラグインに問題があるらしい。何やら詳しいエラー表示なのだが、意味はちんぷんかんぷん。でも、どのプラグインの問題ありってことはわかる。その問題ありのプラグインをダウンロードして、文字コードをEUC-JPからUTF-8に変えてやる、UTF-8で再度保存する。これをアップするだけで問題は解決。同梱以外のプラグインは要注意。

何れにせよ拍子抜けするぐらい簡単なバージョンアップだった。


2010-10-20[水] 編集

▶︎ 携帯電話の買い替えをどうするか

18日にauから新しい製品ラインナップが発表される。やはり注目なのがスマートフォン。先日のIS03に続いて、04〜06まで新たに3機種投入。どれもAndroid搭載機。いきなりヤケクソのように出してきたよなぁ。まぁ、auユーザとしては選択肢があるのは悪いことじゃない。

この中で一番気になるのはIS06か。素に近いAndroid携帯というのが魅力。逆に言うとおサイフケータイやワンセグなんかは使えない。あれば便利なんだろうけど、なくても困らないだろうしなぁ。そういったカスタマイズがない分、今後のOSのバージョンアップなんかわりと早く対応できそうなのがいい。そのOSも現時点での最新のAndroid2.2で、この点も◯。ただ、困ったことは@ezweb.ne.jpのEメールが、現状では、使えないとうこと。来春には対応するようなんだが。携帯電話でありながら、電話としてはほとんど使ってないオレにとって、電話番号が変わることよりメールアドレスが変わることのほうが、うれしくない。とは言え、どうせスマートフォンを使うのなら、すべてのメールは一元化しちゃおうかとも思うし。

実はもうひとつ気になる機種がある。こっちは普通の携帯でG'zOne TYPE-Xだ。今使っている携帯も、3世代前のG'zOneなのだ。GSHOCK携帯と言われるこのシリーズは、そのタフネスさというか武骨さがとても気に入っている。しかし、この後のモデルはその武骨さが少々なりを潜めてしまった。それが今回のモデルは、原点回帰で元のやる気あふれるデザインに戻った。欲しくなるよなぁ。グリーンというカラーも惹かれるし。

さて、どうするか。