酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2007-12-03[月] カワサキZZR400 編集

▶︎ [バイク]ZZR400納車

今日はZZR400の納車予定日。しかし、天気は雨降り。作業が終わるのが夕方になるとのことなので、それまでに止んでくれればいいんだが。どちらにしても夕方じゃ交通量は多いだろうし、暗くなるし、それで路面が濡れているなんて出だしとしてはあんまりだ。やはり日ごろの行いの悪さなのか?

と思ったら、4時ごろから雨も止み、空も明るい色へ。みるみるうちに天気は回復して青空が広がる。おおっ、やはり日ごろの行いがいいってことなのか!?

ちなみに今日は先負なのだ。道Zさんに教えてもらったのだが、午後が吉の日と言うこと。なぁるほどね。

しかし、待てど暮せどバイク屋から連絡が来ない。夕方を通り越して夜の帳が下りてくる。結局バイク屋に出向いたのは7時半近く。いきなりナイトランというのは不安がいっぱい。ただでさえ初めての公道で、しかも一ヶ月ぶりに乗るのに。

バイク屋で改めて書類関係の説明やら、ZZRの説明やら。そうそう車体カバーをおまけしてもらったよ。そして、出発。表の道は交通量が多くて、最初の出足が不安。そしたら、店の裏から出ますかと。素直にお願いした。

いきなりエンストしたらという不安をよそに、スムーズに発進することが出来た。とても軽やかに。音が静かだからかな? 教習車のCB400SFとの違いにビックリ。なんだかCBは、エイヤッ!って感じだったんだよなぁ。もっとも、新車と教習で使ってるバイクを比べるのはちょっと違うか。

走り出してみれば、結構出来るものなのだ。思った以上にアタフタすることもなかった。教習所で悪戦苦闘した結果が出てるってことかね。余裕があるわけじゃないけど、そつなく運転出来たんじゃなかろうか。でも、なかなか速度が出せないねぇ。前の車においていかれてばかり。結果オレが蓋してしまう結果になる。申し訳ない後続車の人たちよ。おかげで、軽自動車にも抜かれる始末。いいんだよ、こっちはバイク初心者なんだから安全運転第一。でもね、こういう時バイクには初心者マークがないのが恨めしい。

ただ言い分けさせてもらえば、慣らし運転で6,000回転以上回せないのだ。その辺の感覚がまだつかめてないので、ついついスピードも控え気味ってこともあるんだよ。

一番焦ったのが、途中道を間違えたこと。地図と実際の道は違うってことなのだ。二車線の左を走っていたら、そのまま左折レーンになってしまうと言う罠。こういう時は焦るのは禁物だ。そのまま左折しましょう。まぁ、実は走ってみたらしっている道だったから、それ程焦るってことはなかったけれども。そんなこんな出無事帰宅。その後給油してもう一時間ほど幕張方面へ走る。交通量が程々で、自分のペースで走れてなかなかよろしい。

それにしてもフルカウルの威力。下はジーパンだけで、どんなもんかと思ってたら全く寒さが気にならないレベル。40キロぐらいだからというのもあるかもしれないが、グローブをしていても指先は結構冷えたことを考えれば、防風効果はあるよね。体にもほとんど風を感じなかったし。

あと問題なのが、ヘルメット。都合3時間ほどかぶっていたら頭が痛くなってきた。ウーム。小さいのか? 慣れの問題?


2009-12-03[木] 編集

▶︎ 休みの雨

一日冷たい雨の降る休日。どうも休みの日に雨が降ると言うい雨男状態だ。そんなわけで、一日どこへも出掛けず引きこもる。

▶︎ [Movie]ザ・コア

地球の「コア」が回転を停止してしまい、このままだと地球滅亡の恐れが。6人のエキスパートたちが地球内部に潜り込み、コアの回転を復活させるミッションに挑む、というのがおおまかなお話。

可もなく不可もなく。このての物語の正当なコードをなぞっているだけ。主人公以外のキャラクターが途中でお決まりのお約束事で死んでいくわけですよ。船体を切り離すためには、危険な司令室の外へ出ていかなくちゃいけなくて、それは死を意味するんだけど、「オレがやる」と志願して死ぬ人。切り離しの際に足を挟まれちゃって、「オレのことは構うな、おまえは行け」といってお亡くなりになる人。なんだかそれ見てると痛々しくて。先が読めちゃってイタイということもある。最後に主人公が生き残っちゃうのは、白けるよなぁ。もっと予想外な結末が待っているとか、それじゃなきゃ、みんな無事にハッピーエンドなんてほうがいいんじゃないか。どうせB級(なんて言ったら失礼かも知れんが)ならば。

ザ・コア [DVD]

ジェネオン エンタテインメント
¥ 4,500

▶︎ GoogleのIME

思いどおりの日本語入力 - Google 日本語入力

GoogleがIMEを(ベータ版であるが)リリースした。こんなところまで手を出すのか。残念ながらMacでは10.5以上じゃないとダメなので試すことが出来ない。オレも結構Google大好き人間なので、使えるのならホイホイと使っている口であろう。

それにしても、パソコンを使ううえでのGoogleの支配力と言うものを考えざるを得ない。あらゆる情報を握られているんじゃないかと言う不安感。GoogleはこのIMEを使っても入力した文章がGoogle側に送られることはないと言っているが、一抹の不安はある。他のサービスにしたって同じことが言えるんだけど、やめられないと言うのが本音か。今のところ「面白さ」のほうが勝っていると言うことでもある。

でも、ごく一般の人にとっては全く関係のない話だったりするんだろうなぁ。オレは特にネットに関して物知りでも「住んで」いるわけでもない。それでも周りから受けるギャップを感じる。実はほんの一握りの界隈で大騒ぎしているだけなんじゃないかと。

ネットと言うのは、もう一つの世界だと感じるけど、それが不変なものになるのか否か。どうなんだろう。

▶︎ 『科学』と『学習』の終焉

『学習』『科学』休刊のお知らせ

小学生の頃、定期購読していた。特に『科学』は思い入れがある。付録の数々にはお世話になったものである。一番思い出深いのはカメラ。カメラ本体から現像キットまで付いたヤツ。自分で撮影したものを自分で現像するという、あの時の興奮はいまだに記憶に新しい。

少なからず今の自分を形成している元になっているものだと思うだけに、亡くなってしまうのは寂しい。これも時代の流れだとは言え。

『科学』と『学習』といえば思い出すのが、「ゲンカイとイドムンコスキー」だ。どっちに連載されていたのか忘れたけど。細かい内容は忘れたが、タイトル通り限界に挑む内容のコミックだった。

ちなみに『科学のタマゴ』や『大人の科学』はこの流れの先にあるものなんだろうな。


2010-12-03[金] 編集

▶︎ またもや雨漏り

朝かなりの雨が降る。雷もあって豪雨である。もしかして、また店は雨漏りしてないだろうなぁ、と思って出勤したらビンゴである。今回で4回目? 今までで一番ひどい。開店できるか危ぶまれるほど。それにしても、いい加減にしてもらいたいものだ。抜本的に修理をしないとこの先も又あるのは間違いない。

▶︎ 髭よさらば

伸ばしていたヒゲを剃る。一ヵ月半ぐらいか。2センチほどに伸びた。ちょっとさみしい気もしたが、そろそろ鬱陶しくもなってきたし。


2012-12-03[月] 編集

▶︎ 買い物

津田沼のイオンで靴を購入。