酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-01-08[木] 北川歩美 [長年日記]

▶︎ [読書]影の肖像

何となく装丁に引かれて手にしたのだが、これが当たり。北川歩美はお初だけどグイグイとお話に引き込まれましたよ。ラストの展開も意外性があって○

何より物語が抱えている重いテーマが印象的。”愛する人のためには、何をどこまでが許されるのか?”って事なんだけれども。命を救うための禁断の行ない。

フィクションとはいえ、あり得ない話でもなさそうなのがちょっと恐い。知らないだけで実際にこんな事が行われているんじゃないかと。倫理観からは全く外れた行動だけれども、自分が親の立場だったろどうするだろうね。

が、当事者になっちゃうとなりふり構わずになっちゃうのかなぁ。

影の肖像
北川 歩実
祥伝社
¥ 1,890