酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-02-01[日] 術/長坂秀佳 [長年日記]

▶︎

長坂氏の初の書き下ろしエッセイ。長坂秀佳といえば真っ先に思い浮かぶのは『特捜最前線』でしょう。当時の刑事ドラマで一番人気は『太陽にほえろ!』だったんでしょうけど、私は「特捜」派でした。

「太陽」に比べると地味でしたけどね。暗かったともいえるかな。でも、どこかミステリファンの心を捉えた番組でした。長坂脚本の回は特にそんな感じでした。いつの頃からかタイトルに「長坂秀佳シリーズ」と冠をつけて4本を1シリーズをして放送するようになりましたが、それが楽しみでした。

今回この本を読んでそれには裏話があったことを知りました。そんな『特命最前線』の裏話も読むことができる一冊。

長坂秀佳 術
長坂 秀佳
辰巳出版
¥ 2,625