酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-03-30[火] [長年日記]

▶︎ [Movie]U-571

観る前から期待していた映画。なんと言っても潜水艦が主役とくりゃー否が応でも期待大。好きなんだよね、海の戦い、とくに潜水艦対駆逐艦みたいのは。駆け引きの勝負、頭脳戦って感じでね。映画としては『眼下の敵』や『Uボート』なんかは外せないね。

小説でもこの手ののテーマのおもしろ本は数多くある。その中でも『駆逐艦キーリング(C.S.フォレスター/ハヤカワ文庫)』は絶対のオススメだったりするんだけど。舞台は北大西洋。イギリスに向かう輸送船団。たった4隻の衛艦隊の旗艦キーリングの艦長の視点で、Uボートとの不眠不休の死闘を描いた海洋冒険小説の白眉。その迫力ある描写を読むにつれ、いつしか自分もキーリングの艦橋に立ち共に戦っているのだ。そう、読むというよりも体験するといった方がふさわしいね。ちなみに、読むときはコーヒーとサンドイッチを用意する事をお忘れなく。いや、絶対欲しくなるから。

さて、映画のほうだけれど、まあまあってところかな。ちらほら気になるとこもあったりするからね。だいたい、この作戦何故この手の任務は”素人”であろうと思われる潜水艦乗組員がやらなきゃいけないのかが疑問。ま、一応海兵隊の将校が指揮をとってはいるんだけどね。 全員海兵隊だったら、潜水艦を操艦出来なくてその後のストーリー展開が出来なくなるってのはあるけど。

そうは言っても、この手の映画が好きな人にはみて損はないかな。

U-571 デラックス版 [DVD]

パイオニアLDC
¥ 1,980