酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-06-09[水] [長年日記]

▶︎ [読書]あふれた愛/天童荒太

家庭内の問題や現実に起こりうる出来事によって、心の傷に悩み、戸惑う人々。彼らの交錯する心情と通して、人が生きていくことの真実や意味、救いや幸せとは何かを掘り下げる4つの物語。

読んでいると胸を締めつけられるようです。『永遠の仔』もそうでしたけど、せつない、重い、つらい。そんな想いにとらわれます。読み終えて、正直ぐったりしちゃいましたけどね。

ただ、反発も感じるんですよね。登場人物の考え、行動に イライラしたりもする。「なぜ、君はそんなふうに生きるの、そんなことをするの?」って。もっとも、そういう自分も人から見ればどうなんだろうと不安はありますが。普通であるってのは一体どういうことなんでしょう。

それはともかく、何かこう引き込まれるんですよね。一気に読み終えました。「永遠の仔」にしても読んでいて楽しい話ではないけど、どうも、読まずに入られない魅力があります。ただし、四篇の中の「うつろな恋人」だけはどうもすっきりしない。私にとしては主人公のやってることは許せないし、結末は自業自得ですよね。あとの三篇は、読んでる途中ははフラストレーションがつのるけど、 ラストは救われます。とくに、『とりあえず、愛』は思わず目頭に熱いものが。この話、我とわが身を反省させるお話でもあります。

あふれた愛
天童 荒太
集英社
¥ 1,470

▶︎ feel blue

最近売れている本。といってもウチの店での話ですが。

これからの季節にもぴったりの一冊。ページをめくるたびに現れる空と海の青・蒼・碧。もう気分は南国、これでビールがあればもう最高。まぁそれはともかく、青色は見ているだけで気分爽快です。まさにリラクゼーション。ああ、癒されるなぁ。

実際に青色には精神を落ち着かせ、安定させる効果があるんだそうです。だから、寝具に青色を使うと効果的なんだとか。また、食欲を減退させる効果もあるので、食器類を青にすればダイエットにも効果的、なのかな。

出版社が経済界と言うちょっと意外な組み合わせなんですけどね。買っていかれるのは女性が多いので、小粋なプレゼントなんかでもよろしいのではないかと。

個人的なトリビアをひとつ。売れている本の表紙は青系が多い、ような気がする。どうでしょうねぇ。

feel blue―こころが元気になる贈り物
秋月 菜央/吉野 雄輔
経済界
¥ 1,155