酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-07-25[日] ツール・ド・フランス2004 [長年日記]

▶︎ ツール・ド・フランス2004を見てます

今まで自転車自体は好きだけれども、ロードレースにはそれほど興味がなかった。ツーリング志向だからね。ツールも名前だけ知ってると言った感じ。J SPORTSのライブ中継で今回初めて見たけど、こいつは面白い。今まで知らんぷりしてたのがもったいない、もったいない。

20日間に渡る闘い。毎日毎日各ステージごとに見所が尽きない。個人の闘いでもあり、チームの闘いでもある。戦術、戦略、駆け引き満載。個人総合優勝(マイヨジョーヌ)を巡る争いがメインだけれども、ポイント賞(マイヨヴェール)、山岳賞(マイヨブラン・アボワールジュ)、新人賞(マイヨブラン)、チーム総合、そして各ステージ優勝とひとつのレースのなかででいろいろな楽しみ方が出来る。奥の深いレースだなぁ。

そしてなんと言っても見ていると血が騒ぐのだ。やはり自転車で走るってことは気持ちがいいよなぁ。ああ、やはり自分は自転車が好きなのだと、改めて実感。久しぶりに峠を攻めてみたくなったよ。

そんなツールも今日で最終ステージ。昨日まででほぼ各賞は決定していて、今日はレースというより最終ゴール、パリ凱旋門を目指すパレードといった雰囲気なんだとか。今夜で、見納めかと思えば少々感傷的な気持ちにも。強者どもが夢の後。また来年お会いしましょう。

日本では、ロードレースというのはどちらかといえばまだマイナーかな。ツールといえども、何それ、って人が多いんじゃないのかな。しかし、ヨーロッパでの人気は凄いってのが画面を通して判るよ。もう半端じゃない数の熱狂的な観客たち。先日のステージでは人口数千人の村に観客数10万人だよ。しかも驚くのが、それだけの観客がいるのに特に柵でコースと観客と区切ってたりしてないってとこ。場合によっては観客をかき分けて走っていかなきゃならない程。選手の肩たたいて応援、なんてことも出来ちゃうんだからねぇ。ある意味見ててハラハラするよ。でも、ひいきの選手のため相手を妨害してやろうなんて不貞な輩はいないんだね。その辺は伝統の重みといったところもあるのかな、走る側も見る側も。まぁ、危ない酔っぱらいのオジサンとかはいるけど。

で、今年のというか今年もマイヨジョーヌは、まだレースが終わったわけじゃないけど、ランス・アームストロング。前人未到の6連覇。その強さは他を圧倒してるのが、初めて見たけど判るよ。もちろん個人としてもそうだけど、チームとしても強いなぁ。総合優勝はチームメイトの献身的な助けがなければ達成出来ないって部分もあるからね。そして何より凄いのは彼は癌を克服して今に至っているということ。うーむ、ホントに化け物だ。ただあまりにも強過ぎて、ファンも多いけどアンチも多いんだとか。しかも、彼はアメリカ人だというのも微妙に影響しているのかな。関係ないけど全盛期の北の湖は大嫌いだったなぁ、そういえば。で、北の湖が外国人力士だとしたら何となく分かる話だよね。以上余談。

▶︎ [Kafe]お昼寝中

猫の昼寝

本日も太陽はがんばってお仕事中の暑い一日。この暑さ、毛だらけのこいつにとっては、いかほどのもんなんでしょ?それはそれとして、部屋中毛だらけにするのは何とかしてくれぇぃ!