酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-08-23[月] ビールの名脇役 [長年日記]

▶︎ [ビールの話]ホップ

ビールの原材料のひとつ。ホップとはクワ科のツル性多年草の花のこと。この植物には、なんと雄と雌があるそうで、通常ビールに使われるのは雌株が付ける花のほう。これを「毬花」って呼ぶそうだけどね。CMにも時々出てくるから見覚えのある人もいるんじゃないかな。緑色の小さな松ぼっくりみたいなヤツ。あれは、実じゃなくて花だったんだね。

使われるのは未受精のものだけだから、受精させないため雄花の方はすべて取り除かれてしまうらしい。要するに邪魔者なのね。なんだか、肩身が狭い。

それはさておき、ホップの効能は大きくわけて4つ。

  • 苦み
  • 香り
  • 泡立ち
  • 殺菌作用

苦みと香りは、ビールになくてはならないもの。初めてビールを飲んだときには、苦くってとても飲める代物じゃない、と思ったものだけどね。今では、あれがないと駄目な体になりました。発泡酒はキリリとした苦みが弱いのが物足りなくも思っちゃうのだ。

泡立ちと殺菌作用ってのは知らなかった。現在では醸造技術の発達のおかげで、ホップの殺菌作用というのはさほど重要なことではないそうだけど、大昔は有り難かったんだろうなぁ。今でこそ、ビールにホップというのは当たり前のようだけれど、最初の頃はいろいろな薬草を使っていたらしいんだ。ビールは発酵して造るものだから、雑菌にとっても楽園。きっと日持ちするものではなかったんだろうね。腐敗との闘いと言ったら大げさかもしれないけど。ホップが最終的に残ったというのは、やはり殺菌作用の防腐効果のおかげなのかな。あと、「ビールは麦芽とホップと水と酵母だけ」っていうビール純粋例ね。

ところでよく聞く「アロマホップ」というのは、香りづけに使うホップということなのかな。だから、そう言う種類のホップがあるわけじゃないみたい。対になるものとして「ビタリングホップ」というものもある。こちらは名前が示すように、苦みのためのホップということでいいのかな。

参考:万屋工房/よろずや文庫/連載コラム

▶︎ 日本夜景遺産

夜景を見るのは好きだ。夜のベールの下で瞬く、色とりどりの明かりを見ると心の奥の方が安らぐ。やはり、人間て本能的に暗闇を恐れているのかな。一番感動したのは、飛行機の上から見た夜景。あれは圧巻だね。途切れる事無く伸びてゆく明かり。明かりの線で日本中が繋がっている。大都市のきらびやかな明かりもいいけど、何もないところにぽつんぽつんと瞬いてる明かりもいいね。そこにも人の営みがあるんだなぁ、と思うと何故か愛おしく思えてくるよ。

そんな夜景大好きな人にお勧めしたいのがこの一冊。見ているでけでも、酒のつまみになっちゃう。でも、実際に行ってみたくもなるよね。もっとも写真は実際よりも幻想的に見えちゃうってのもあるけれど。

日本夜景遺産
丸々 もとお/日本夜景遺産事務局
ぴあ
¥ 1,995