酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-09-17[金] Weltenburger [長年日記]

▶︎ [ビールの話]ヴェルテンブルガーヴァイスヘル

ヴェルテンブルガーヴァイスヘル本日の一杯。

今日はヴァイツェンスタイルのヴェルテンブルガーヴァイスヘル。ヴァイツェンとは南ドイツで古くから造られている伝統的な上面発酵のビールスタイル。原料には大麦麦芽のほか50%以上の小麦麦芽を使わなければならないと決められているんだとか。ちなみにヴァイツェンとは小麦のこと。小麦ビールだね。

普通ビールは最後に濾過して酵母などを取り除くんだけど、ヴァイツェンは基本的に一切濾過しない。酵母がそのまま残っていて浮遊しているんだ。だから透明感はなくて、濁りがあるよ。何も知らないと「なんだか濁っててこのビール大丈夫?」って感じだけどね。ヴァイツェンはヴァイス・ビアとも呼ばれらしい。ヴァイスとはドイツ語の“白”のこと。白く濁ったビールってことでかな。この辺はちょっとあやふや。

ヴェルテンブルガーヴァイスヘル

お味のほうなんだけど、これが滅法うめぇー、うめぇー。このビールだけあれば、もう他のビールはいらないよ、ってぐらいの旨さ。“すっきり感”ではなくて “まろやか感”と言って感じかな。甘い香りで、何とも言えないクリーミィな味わい。苦みもわずかで、これなら底なしに飲めそうなのだ。ビールは苦いのが苦手という人にも是非お勧め。

ちなみにヴェルテンブルガーというのは、南ドイツにある修道院のこと。何でも西暦1050年にビール醸造を始めた世界一古い修道院醸造所、なんだそうで。

参考:KPO -オリジナルビール KPOヴァイス-