酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-10-06[水] [長年日記]

▶︎ [Movie][横溝正史]映画「女王蜂」(ネタバレあり)

今月は日本映画専門チャンネルで横溝正史原作”金田一耕助シリーズ”の映画特集をやっている。

本日は「女王蜂」(監督市川崑、主演石坂浩二)。えーと、微妙にネタバレ話になりそうなのでお気をつけ下さいね。

ずいぶん久しぶりに観るよ。今まではあまり評価していなかった一編。というより同じシリーズの「犬神家の一族」「悪魔の手毬唄」「獄門島」が良過ぎて損しているというべきかな。

舞台が伊豆と京都で慌ただしい。そのせいかうまく物語が整理されていない感じ。筋を追っかけていくのが精一杯と言いましょうか。物語の密度が薄く感じられるのだ。原作を知らずに観ると訳が分からないんじゃないかと心配したりね。短い尺の中で表現するにはむかない原作なのかな。もっとも原作自体も横溝作品の中では個人的にはどうかな、ってこともあるんだけれど。

でも、改めて観るとミステリとしては前3作に比べると落ちると思うのの愛憎劇としてはなかなか魅せてくれるよ。叶わぬ愛情の悲しい結末。愛するが故の悲劇。ラストの遺書のシーンでは不覚にも目頭が熱くなった。映像も美しいし。季節が秋ということで赤がイメージカラーに。紅葉の赤、毛氈の赤、そして血の赤。

ただ動機の点で、原作にあった最初の殺人の真の動機が省かれてしまっているので、殺人自体があやふやな行為に見て取れるのが難と言えば難かな。

しかし、これはいいのか悪いのかほとんどの出演者が過去のシリーズと同じってのはね。どうしても前のイメージが付きまとうんだけどなぁ。三木のり平の部分や加藤武はまぁ、確信犯的で笑わせてくれるけどね。それにしても前作までの犯人が全員集合ってのは豪華といえば豪華、かな。


女王蜂 [DVD]