酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2004-12-07[火] [長年日記]

▶︎ [Movie]オーシャンズ11

4年の刑期を終えて仮釈放されたダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)が、次に狙うのはラスベガスの地下200フィートに埋められた巨大金庫の1億5000万ドル。古くからの親友でいかさま師のラスティー(ブラッド・ピット)と共に計画を実行するための人材を集め始める。かくして集まった11人の男たちは周到な計画の元、難攻不落のターゲットに向かう。

ある目的のため人を集めて、周到な計画を立てて、にもかかわらず意外な展開になって、最後に大どんでん返し。この手の映画は大好きなのだ。古くは『スティング』とかね。

欲を言えばもっとハラハラドキドキ感があると良かったんだけれども。先の展開が読めちゃって、もう少し観てるこっちを騙して欲しかったなぁ。キャストは豪華だけど、筋立ては軽食で、お腹いっぱいにはならないぞ、ってとこ。

なによりも11人のキャラクターが活かされてないと思うぞ。結局のところジョージ・クルーニーとブラット・ピットだけだもの。それぞれの見せ場がもっとあればねぇ。やはり11人は多過ぎってことだ。言わせてもらえば古くからこんな時に集まるのは7人と決まっているのだ。あ、それじゃ、リメイクにならないか。

でも、なかなかおしゃれな映画だとは思う。気怠い午後に頭空っぽにして、軽く楽しむのには最適なのではないではないか、としておこう。

オーシャンズ11 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 1,100