酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2005-07-04[月] 栗本薫 [長年日記]

▶︎ [読書][栗本薫]ぼくらの時代

栗本薫デビュー作にして第24回の江戸川乱歩賞受賞作。1978年のことだから、もう27年も前のことだ。その時は、彼女も弱冠25歳ということもあって、結構話題になったはず。

初期の栗本作品は欠かさずに読んでいた。この後「気持ち」「世界」と続く「ぼくらシリーズ」と伊集院大介シリーズ。当時のお気に入り作家の一人で、新刊が出たら迷わず買っていた。

栗本薫は最初は、「グイン・サーガ」もあったけれど、キッパリとミステリ作家という認識だった。今は当時の雰囲気とはお変わりになってしまったようで、ずいぶんとご無沙汰です。確か最後に読んだのは「天狼星」かな。あのお話は自分の中の伊集院大介というキャラに相容れないような物語で、面白くはあったけれど、そこから先は止まった。

30年も前の作品なので流石に講談社文庫でも落ちてしまったようで、新風舎から復刊。懐かしくて久しぶりに再読。

人気アイドル「あい光彦」の出演する番組の収録中のスタジオで、彼のファンの女子高生が刺殺されるという事件が起こる。続いて局の大道具部屋から発見される女子高生の撲殺死体。二人は親友だったことが判明。大学生のアマチュアバンド『ポーの一族』の薫・信・ヤスヒコは、局でアルバイトをしていたことから事件に関わることに。難航する捜査の最中、『ポーの一族』のもう一人のメンバーが密室で殺される事件が起きて……。

突き詰めると全体的に詰めの甘いところも見られる。アンフェアといえばアンフェア。細かく突っ込めばきりがない。けれども、バリバリの理詰めで読ませるタイプではないのでそんな欠点はそれほど気にはならない。何よりミステリの「いい匂い」が仄かに立ち上るのだ。著書はミステリが好きなんだろうなぁ、ってことがひしひしと伝わってくる。

「だれが?」でも「どうやって?」でもなく「なぜ?」が事件のキーポイントだ。何故事件は起きたのか?

すぐには理解できない、でもとてもセンチメンタルで健気な真相。少女たちはなぜ死ななければならなかったのか。物語と、そして動機に密接にかかわり合うのは「こども」と「おとな」のジェネレーション・ギャップ。いつの間にか変わってしまう価値観。

ところがいまは、ガキがガキであるってことが、自然のままにしといてもらえない。おとなが、ガキあいてに商売しなきゃならんからですよ。

最初に読んだときは「こども」に属していたけれど、今ではしっかり「おとな」側だ。あの頃は「踊らされているんじゃなくて、踊っているんだ」と思い込んでいた。今は、おとなが振り回されているように見えて、実際は逆なんだろうなとしみじみ思う。

30年も前の話だけれど、本質的なことは今も変わっちゃいない。

ぼくらの時代 (新風舎文庫)
栗本 薫
新風舎
¥ 890