酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2007-06-10[日] [長年日記]

▶︎ パイダーマン3

スパイダーマン 3 (3)

タイトルがどうしても、「スパイダーマン」に見えてしまう・・・・・・。

▶︎ Firefoxの不具合

その1:カスタマイズ

表示 > カスタマイズを実行した後。カスタマイズのウィンド部分が白く抜けたまま。おまけにメニューバーのメニューも実行不可になっちまうのであった。

その2:Googleノートブック

こちらは、表示が崩れて全く使い物にならず。

解決

まずは、Application SupportのFirefoxフォルダを取っ払って、まっさらな状態で再起動。で、徐々に元の状態に戻すって作戦。

その結果わかったのが、その1に関してはアドオンのAll-In-One Sidebarがどうやら原因らしい。

その2は掴みきれなかった、というか途中で面倒くさくなってやめちゃったんだけど、まぁ理由はわからなくとも、とりあえず解決したからいいとしよう。

▶︎ [Movie]OVA戦闘妖精雪風

ANIMAXで、1,2,3話を見た。そういう料理の仕方なのね。原作はひとまず脇に置いておけば、面白かったよ。退屈はしなかった。よい酒のつまみになりましたとさ。

が、しかしねぇ。フェアリィ星での街の様子が描かれてるシーンにはビックリだ。普通にビルが建ち並び、車が走る。おまけに、零とブッカーがスーパーで買い出しするに到っては……。 原作は、そういった生活感みたいなものが全く排除されてたからね。

零とブッカーの微妙な関係。雪風が行方不明になった時のブッカーの取り乱し方とか。おまけに、

戦闘妖精雪風 OPERATION 5 特別限定版 (初回限定生産) [DVD](飯田馬之介/神林長平/山口宏/十川誠志)

こんな感じだし(笑)。

そんなこんなで、最初からこれは別の「雪風」だな、切り替えることが出来たのがお互いにとっての幸せか。

それでも映像の、空戦シーンの迫力はさすが。原作でも感じたけれど、メイヴの雪風は禍々しさが現れていていいね。対するスーパーシルフはやはり優雅な感じで。これは余談だけれど、実は雪風のイメージって最初の版の「戦闘妖精・雪風」の横山宏が描く表紙がすり込まれちゃってるんだけど。

ムッシュかまやつが歌うエンディングってのも意表突かれる。でも、なんだろね、この微妙かつ絶妙なマッチング具合はさ。

アニメはアニメで、違うものであっていいんだけど、好きな作品だけに神林ワールドでの「雪風」も見てみたいよなぁ。