酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2007-06-11[月] [長年日記]

▶︎ 書くということ

前は確かに「こんなことを書いても……」なんて思うことがあった。情報を発信する、オリジナルなものを書かなきゃ、なんていう肩ひじ張った考え方。

そう思うと続かないのも確か。今はいい感じに脱力している。書きたいことがあれば素直に書くのが一番かな。まずは自分のために。未来の自分へ向けて書くって目的はいいことだと思う。義務でも何でもなく、楽しみのためにやっていることなんだから。そのおかげか3ヶ月近く皆勤賞なのだ。

何でもかんでもうまくやろうとするのは無理がある。極たまに「これはうまく書けたな」と思えるようなものが出来ればそれでいいんじゃないだろか。

そして、それが誰かのためになるようなことがあればいいね。