酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2007-07-27[金] [長年日記]

▶︎ 本日の新刊

江戸川乱歩小説キーワード辞典(平山 雄一/新保 博久/山前 譲)

▶︎ [YouTube][Movie]前向きで行こう

三宅裕司のえびぞり巨匠天国

今から16年前、TBSで土曜深夜にやっていた番組*1で、通称「エビ天」。アマチュアの映像作品のコンテスト番組だった。これが、毎週欠かさず見るぐらい好きな番組だったのだ。

深夜枠と言うこともあってのことか、割りとお上品と言うよりアナーキーな番組だったような。その作品も正当な映画から、一発ギャグのような作品まで様々。バラエティに富んでると言うより、無秩序と言ったほうがいいか。でも、その分パワーのある作品が多かったよなぁ。

三宅裕司のえびぞり巨匠天国 - Wikipedia

で、その中のひとつが墨岡雅聡監督の「前向きで行こう」だ。

これもインパクトのある作品で、16年前に一度しか見てないはずなのに、はっきりと覚えていると言う凄さ。だから懐かしいと思う気分じゃないのだ。観て気分がいい作品。残念ながら、墨岡監督は夭折されたとのこと。

この他にもいくつかエビ天作品がYouYubeにあって、有り難いこっちゃね、と思うわけでありますよ。惜しむらくはオレが見たいと思うのがなかったって事。

  • 「仮面ライダーV3〜華麗なるHappy Birthday〜」
  • 「仮面ライダーV3〜華麗なるSay Good bye〜」

この2作品がもう一度観たい。くさい表現をすれば心暖まる感動作品。思わずホロッときちまう。番組アシスタントの福島弓子アナ*2が泣いていたシーンを今でも覚えてる。

確か一番最初の作品も「仮面ライダー」だったと思ったけど、これは酷評されてたんだよね。それが同じ「仮面ライダー」を使いながら、がらっと作風を変えてきたのも評価が高かった一因だったような。

*1 ちなみにその前は「いかすバンド天国(イカ天)」だった

*2 現在のイチローの奥さんね。この時は新人アナウンサー

▶︎ 床屋

仕事前にさっぱりと。