酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2007-07-30[月] 映画: 戦国自衛隊 [長年日記]

▶︎ ひねもすのたりのたりかな

昼間雷を伴うかなり激しい雨が降る。気温も下がって少々肌寒い。で、相変らず眠い休日なわけで。そんなにお疲れ気味ってわけでも無いんだが、やはり年って事なのかねぇ。

夜になって外が騒がしいと思ったら、男女の痴話げんか。女性がかなりお怒りのようで。断片的なセリフからだと何がどうなのかよくわからないけど。思わず電気を消して覗いちまったよ(笑)。

▶︎ [Movie]戦国自衛隊

日本映画専門チャンネルで久しぶりに観る。合戦シーンとかかなりツッコミどころ満載なんだけど、そんなところは微笑んで観ましょう(笑)。ちょっとセンチになりすぎる嫌いはあるものの、時代に翻弄された友情のお話とみればなかなか侮れない。千葉真一と夏八木勲が渋い。そして、ラストシーンの切なさと儚さがいい味出している。忘れ難いシーンだよなぁ。

戦国時代に生まれて、全国統一を狙うなんていう夢は男の子だったら持つでしょ。しかも「現代の力」を持ってるとなればなおさら。そんな男の子のおとぎ話な映画なのだ。

戦国自衛隊 [DVD]
半村良/鎌田敏夫
パイオニアLDC
¥ 3,050