酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2007-10-07[日] [長年日記]

▶︎ [バイク]シミュレーターは面白くない

今日は日曜日ということもあって、おお賑わいの教習所。バイク組も本日は7・8人ぐらいいたのかな。

まず最初は、先日のおさらい。バイクの専用コースで行ったり来り。それを見た指導員から問題ないようだから周回コースに出てよろしいと言われる。そんなわけで、本日は周回コースをぐるぐる回る。これが本格的なバイクの運転のはじめの一歩というところだね。「動き始めちゃえば自転車と変わりない」という指導員のお言葉通り、走らせること自体はそんなに難しいことはない。スムーズに動けるかどうかってのが問題で。まだまだ、バタバタしてるよなぁ。考えてから行動するんじゃなくて、意識せず全ての行動が出来るようにならなきゃなぁ。これも場数を踏むしかないんだろうな。

一番の出来てないと思うのはギヤチェンジか。スムーズにできるように頑張りましょう。

教習所は二輪だけじゃなく、四輪もいる。当然皆さんも教習中なので、慎重な運転。要するにノロノロ運転ね。追い越しは禁止なので、そのペースに合わせなきゃならない。これが結構大変。バイクに限らず、二輪はある程度速度が出てるほうが安定するもんね。

そんな感じの本日の1時間目。オレ的には不安だったけれど、次の段階へ進んでよろしいとの指示。次はシミュレーター教習だそうで。続けて予約をとってあったけれど、いったんそれはキャンセル。シミュレーターは本日の4時に空いてるということなので、いったん家に帰ることにした。

で、そのシミュレーター教習なんだが、ゲームセンターにあるバイクゲームの親玉見たいのを使って行う。本日のお題は、バイクはコーナーを曲がるには車体を傾けるんだよ*1、ということと路面状況の違いによるバイクの挙動の違い。疑似体験することによって理解しましょうってことだな。

当然のことながら、実際のバイクとは違うのでとても運転しづらい。バイクは路上ってことがないので、これはこれで必要なことなんだろうけど、どうも面白くない。おまけに3人で交代だから自分の時間はあっという間。あくまでもシミュレーションてことね。後3時間この教習があるんだよな。ちょっと憂鬱。

*1 スピードを出し過ぎると曲がれ切れないよってことの体験でもある