酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2007-10-15[月] [長年日記]

▶︎ 車の売却

二輪の免許を取れば、当然バイクを買う。そうなると車も所持し続けるのはちと厳しい。なので、車は売却する。CM効果で真っ先に頭に思い浮かんだのがガリバー。あちこちで査定して一番高いところに売ろう、なんてことは考えず、手っ取り早くガリバーにネットで査定を申し込む。しばらくすると向こうから電話がある。7時ごろになるが、それでよければ本日出向くという。こっちとしても、早いに越したことはない。

時間にやってきたのは、青年よりもうちょっと上といった年ごろのTさん。暗い中で会ったからよくわからん。駐車場に行き、さっそく彼は車のチェック。ウチの駐車場は街灯もなくとても暗い。手持ちのライトだけで大丈夫なのかと、人事ながら心配。その結果を本部に伝えると、10万円という回答。ウーム、ある程度予想していたけど、一番悪い結果にあたり。ちなみに車は平成10年のR34スカイライン25GT。

こちらの希望を聞いてきたので、「20ぐらいだとうれしいなぁ」と。最初の目論見は30だったんだけど、流石にそれは言えない。

そこからTさんは電話で何とか少しでも上乗せできるように交渉してくれる。10万円じゃ申し訳ない、何とか20万に近づくようにと。一所懸命が伝わるその姿にかなりの好感を持つ。キミはこっちの味方だったんだね。それでも現実はそれ程甘くはなく、それでも13万円ということで最終的に手を打つ。買った時には300近かったんだよなぁ。

ちなみに、この手の車ならマニュアルの方が査定がいいこと*1。色は、黒か白*2が人気なので高くなること。なんてことを教えてもらった。

結局1時間半ぐらいかかった。流石に夜は寒くなってきていて、薄着なのですっかり冷えちまった。

*1 オートマなのであった

*2 オレのは紺