酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2007-11-01[木] 二輪教習 [長年日記]

▶︎ [バイク]危険回避

バイクの教習は、今回も片山先生。

シミュレーター+学科のセット教習。お題目は危険回避。最初の1時間はシミュレーターを使って街中を走行。至る所に罠、じゃなくて危険が潜んでる。脇道から自転車は飛び出してくるし、交差点での対向右折車は突っ込んでくる。路肩に止まってる車は地がづけばドアを開けるといった具合。危険のオンパレードで、これも体験学習といった内容か。

それにしても、いまだこのシミュレータはうまく運転できない。運転することにあたふたしちゃって、これでいいのかって感じ。危険回避うんぬん以前の問題だよ、これは。そんなシミュレーターも今回でさよなら。

二時間目は、そのシミュレーターの体験を基に、もうひとりの教習生徒危険回避についてのディスカッション。それなりに有意義だとは思うものの、何となく手抜きな感じがしなくもなく。車の免許は持っているから、それなりにどこに危険が潜んでいるかは承知しているつもり。今一度再確認してねという意味なのかね。しかし、事故を起こした場合車とバイクではリスクの大きさが違う。自分だけ気をつけていても事故は起こるし。バイクに乗ったら、たとえ優先がこちらにあっても一歩引くといった気持ちが必要かも。

一緒に受けたもうひとりの彼は、なかなかの好青年であった。おかげでディスカッションなんて代物もどうにかこうにかこなすことが出来た。

残り時間は、バイクの二人乗りについての注意点などのビデオ鑑賞。一年経たなきゃ二人乗りは出来ないから、参考程度に。それにしてもこのビデオに出てくる二人。ライダーはおじさんで、タンデマーはおばさん。こんなこといったら大変失礼だとは思うんだけど、ちょっと暑苦しくて気色悪かったぞ。特にライダーのにやけ笑い加減が不気味であった。

ちなみに昨日今日と連休でした。